menu
閉じる
  1. 京都大賞典 2017 予想
  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  3. チャンピオンズカップ2016 予想
  4. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  5. 府中牝馬ステークス2016 予想
  6. 愛知杯 2018 予想
  7. 秋華賞2016 予想
  8. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 阪神メイン仁川ステークスなど2018年2月24日土曜の競馬予想
  2. 中山記念2018 出走予定馬と展望
  3. 小倉大賞典 2018 予想
  4. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  5. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  6. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  7. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  8. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  9. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

セントウルステークス2015 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜阪神メインはセントウルステークス2015
 
 
ストレイトガール、ウリウリ、ハクサンムーン、昨年の勝ち馬リトルゲルダ他20頭が出走予定
 
 
【セントウルステークス2015出走予定馬と血統表】
 
セントウルステークス2015出走予定馬
 
ブランダムール、ダブルスター、プリムラブルガリス、ホウライアキコ
現時点ではこの4頭が除外対象になっております
 
 
今年のセントウルステークス
予想オッズではストレイトガール・ウリウリ・ハクサンムーンの3強的売れ方をしそうな感じ
 
 
ストレイトガールですが阪神コースはあまりここまで使ってなく今回が2回目(1200mは初)
父はフジキセキですがアルティマトゥーレとキンシャサノキセキが産駒として
改装後のセントウルステークスで馬券に
これだけ見ると不安はなさそうなんですが・・・
実は2010年以降野芝開催のこの時期フジキセキ産駒は阪神1200mで【0.0.0.12】と不振傾向
これとの兼ね合いで評価をどのあたりに落とし込むか?がポイントになりそう
 
ハクサンムーンはこのレースで2度好走してるのでここへの適性は十分でしょう
あとは自身の衰えと相手関係とでどこまで今年も走れるか?
 
ウリウリは前走(CBC賞)初の1200mでしたが内を突いて快勝
牡馬の母父フレンチデピュティは古馬重賞では奮わないんですが
牝馬の母父フレンチはウリウリ自身もですがアニメイトバイオ・ショウナンパンドラと古馬でもやれてます
ディープインパクト産駒の2010年以降野芝開催の阪神1200mは【2.1.0.4】
 
 
セントウルステークスの血統傾向ですが父はバラバラで掴み辛い感じ
母方はリトルゲルダやアンシェルブルーやエーシンヴァーゴウのようなパワー型配合馬
ナスルーラ(特に欧州)の血を持つ馬が優勢
 
 
アースソニック
ウリウリ
ハクサンムーン
マヤノリュウジン
メイショウイザヨイ
リトルゲルダ
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの6頭
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 仲秋ステークス2015 予想

  2. 札幌日刊スポーツ杯2015 予想

  3. スプリンターズステークス2015 予想

  4. 天皇賞秋2015 回顧

  5. オールカマー2015 出走予定馬と先行予想

  6. 富士ステークス2015 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. クイーンカップ 2018 予想
  2. 愛知杯 2018 予想
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

4人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る