menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  3. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  6. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  7. 秋華賞2016 予想
  8. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  9. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  10. クイーンカップ 2018 予想
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  2. 宝塚記念2018 出走予定馬と展望
  3. ユニコーンステークス 2018 予想 本命は複勝率100%データも後押…
  4. 函館スプリントステークス 2018 予想 アドマイヤゴッド本命で穴狙い…
  5. 天保山SにHTB杯など2018年6月16日土曜の競馬予想
  6. ユニコーンステークス2018 出走予定馬と展望
  7. 函館スプリントステークス2018 出走予定馬と展望
  8. マーメイドステークス 2018 予想 ヴァフラームの持つ欧州血統に期待…
  9. エプソムカップ 2018 予想 重い馬場想定で印は決めました
  10. アハルテケSに安芸Sなど2018年6月9日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

新潟競馬場開設50周年記念2015 予想

 
土曜新潟メイン・新潟競馬場開設50周年記念2015の予想です
 
参考にするのは夏の新潟1600万条件の2000m外回りレース
そんなレースで馬券になった馬で血統の特徴を探していくと
ノーザンテーストの血を持ってる馬が非常に目に付きました
長い直線なんでスピード持続力に長けたノーザンテーストの血が活きやすいのかもしれません
 
 
◎はセキショウ
この馬は母母父にノーザンテーストの血を持っております
父はこの条件=新潟2000m外で複数重賞で馬券になってる馬も出してますしこの条件は悪くない筈
そして過去5年夏の新潟1600万条件の2000m外でこの産駒は【1.1.1.0】
なかなか当てにしづらい馬ですが一発の魅力は秘めてるかと
 
ノーザンテースト以外ならこの条件だとエリシオやオペラハウスにトニービンといった
いわゆる欧州血統=スタミナに長けた血を持つ馬でしょうか
 
○▲は祖母がダンシングキイよってスタミナに長けたダンスインザダークの血を近親に持つ2頭
 
○はシャドウダンサーの父ホワイトマズルは欧州ノーザンダンサー系
 
▲ロンギングダンサーの父シンボリクリスエスはこの条件は悪くない筈
 
 
【新潟競馬場開設50周年記念2015予想】
セキショウ
○シャドウダンサー
▲ロンギングダンサー
△タイセイドリーム
×①③⑦⑨⑩
 
買い目は
◎の複
◎-○▲△の3連複
◎-○▲-×××××の3連複

スポンサーリンク

関連記事

  1. ジャパンカップ2015 出走予定馬と先行予想

  2. 函館記念2015 回顧

  3. 武蔵野ステークス2015 予想

  4. ローズステークス2015 予想

  5. 菊花賞2015 予想

  6. 函館記念2015 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. 稀さん

    こんにちは~!

    リンク設置完了しました。

    よろしくお願いします!!

      • menk
      • 2015年 8月 02日

      モチさん、どうもありがとうございました!
      助かりましたー
      こちらこそ今後とも宜しくお願い致します

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る