menu
閉じる
  1. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  2. 京都大賞典2016 予想
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  6. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  7. 秋華賞2016 予想
  8. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  9. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  10. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  6. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  7. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  8. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
  10. マイルチャンピオンシップ南部杯 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想

 
9月23日(土)中山競馬場で行われるメインレースセプテンバーステークス
そして色々なレースを予想しました
また今週も馬場状態が非常に気にはなりますが
良かったら暇つぶしに見ていって下さい(笑)
 

中山11Rセプテンバーステークス

 
◎スマートカルロス

キンシャサノキセキ産駒でありますがまず野芝開催での芝1200m成績が好調であります
先週も新馬戦で8番人気3着があったりと複勝率で30%超且つ複回収値も100超
前走との間隔は3週になりますがキンシャサノキセキ産駒は2~3週の間隔成績が一番良くて
この馬自身もこの間隔で馬券になった実績もあり
前走は休み明けでしたが上がり1位と走る気はありそうですし
それと中山1600万条件で馬券になってるサンデー系種牡馬は
近2走以内に芝1400mを使ってる馬が結構多いんですがこの馬は2走前が1400m
買い目は複とタマモブリリアン・パラダイスガーデンへの馬連
 

阪神1R2歳未勝利

 
◎レッドジョルト

期待値そして好走率も高いタートルボウル産駒の芝→ダート替わり
そして祖母がフェアリードールなんでトゥザヴィクトリーをはじめとするトゥザ一族に
母ビーポジティブにサクレエクスプレス・トリップといった兄姉も
芝→ダート替わりで好走しておりそれがいずれも初ダート
一族も芝はもちろんですがダートでも走ったのでこれは買うしかないタイミング
買い目は単とビッグスモーキーとのワイド、レッドジョルト→ビッグスモーキーの馬単
 

中山1R2歳未勝利

 
◎ニシノラヴコール

ルーラーシップ産駒ですがこれも芝→ダート替わりで好走率そして期待値が非常に高いんです
しかも馬場が湿りそうなんですが特に重馬場での成績が抜群であるのがルーラーシップ
母ニシノナースコールは初ダートで3着でしたがこれが芝→ダート替わり
兄姉も芝→ダート替わり実績があるので
相手本線はウサギノパンチとフロースヒルデ
共に湿ったダートでこその種牡馬を持ち前走同じレースでハイペースを先行と苦を経験
この2頭への馬連&ワイド、あとはハイチーズにヤマタケパンチ
 

阪神10R夕月特別

 
◎ナリタピクシー

昨日の時点でやや重という事で良に回復はしてくるでしょうが多少なりタフな馬場かと
という事でまず目が行ったのは短縮臨戦の3頭でナリタピクシーをpickup
今阪神開催ヴィクトワールピサ産駒【2.0.1.5】と好調であるという事
休み明けからの2走が馬体を増やしつつ好走出来ているというのが好感持てますし
前走先行からの短縮なんで位置取りが掛かる事も期待
買い目は単複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 新潟2歳ステークス2017 出走予定馬と展望

  2. 京王杯スプリングカップ2017 出走予定馬と展望

  3. 青葉賞2017 出走予定馬と展望

  4. 阪神牝馬ステークス2017 予想

  5. 京成杯2017 予想

  6. 日経賞2017 予想

おすすめ記事

  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. チャンピオンズカップ2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る