menu
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  2. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 秋華賞2016 予想
  5. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  6. 京都大賞典 2017 予想
  7. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  8. 有馬記念2015 予想
  9. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  10. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2018 予想 本命はエアスピネル
  2. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  3. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  6. 種牡馬メモについて
  7. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  8. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  9. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  10. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想

 
10月13日(土)に行われる白秋ステークス
東京準メインレースとあと数レースをちょこちょこサクッと予想します

本当は京都メインの大原ステークスも予想しようかと思いました
気になったのはタニノフランケル
まあ分りやすい馬でアップ戦で跳ね返されダウン戦にきっちり反応する馬
多頭数前傾ラップを逃げたセントライト記念から今回は11頭と頭数減
十分走れそうではあるんですが・・
一つ気になったのがFrankel産駒は一度リズム崩すとなかなか立ち直れない馬が多い事
これと1番人気というのを天秤に掛けると
ダウン戦だからと飛び付くのは恐かったので・・とりあえず様子見しておきます
 
 
尚、府中牝馬ステークスの予想は既にUPしております


 

東京10R 白秋ステークス

 
◎はハウメア

前走ハイペース差しの位置取りからの延長臨戦
この父ならそれも悪くないでしょう
過去2度の延長臨戦(3.4着)は先行した後だったので今回は異なるパターン
ならば素直に前に行く位置取りで楽に感じられる場面を想定

○ショウナンライズ
△リナーテ
△アンブロジオ

買い目は◎の単、◎○ー△△の3連複
 

京都7R 3歳以上500万下

 
◎はムーンザムーン

ローエングリン産駒が得意である短縮臨戦且つ外目の枠なら
前2走を見るとだいぶ戻って来てますし
延長でどうか?と思った前走が前傾ラップを差してきて好走
短縮に頭数減で前走比較で楽になりそうであるので

買い目は◎の単
 

新潟2R 2歳未勝利

 
◎はタガノシュトラール

父は新種牡馬でまだまだ特徴は掴み辛いんですが
先週芝→ダート替わりで単勝万馬券を演出
それにあやかってというのもありますし母父もダート替わり特注血統
兄(セン馬)も父ノヴェリストでダート替わり実績あるので狙ってみます

買い目は◎の単複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 【重賞結果】中京記念2018&函館2歳ステークス2018

  2. 新潟記念2018 出走予定馬と展望

  3. クイーンステークス 2018 予想 本命はエテルナミノル

  4. 高松宮記念2018 出走予定馬と展望

  5. 京都新聞杯 2018 予想 ステイフーリッシュの一発に賭けてみる…

  6. 毎日杯2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る