menu
閉じる
  1. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  2. 京都大賞典2016 予想
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  6. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  7. 有馬記念2015 予想
  8. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  9. ホープフルステークス2016 予想
  10. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
閉じる
閉じる
  1. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  2. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  3. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  4. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
  5. 【重馬場対応】馬場悪化可能性大の3日間開催で役に立つかもしれない血統デ…
  6. 【血統データ】ハービンジャー産駒は今開催で積極的に狙うしかない!
  7. セントライト記念2017 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 京成杯オータムハンデキャップ 2017 予想
  10. セントウルステークス 2017 予想 印は4頭のみ少点数で仕留めたいレ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アハルテケステークス2016 予想

 
6月11日(土)東京競馬場ダート1600mで行われるアハルテケステークス2016の予想です
 
 
本日は重賞がないのでオープンであるアハルテケステークスをピックアップ
 
アハルテケって何やねん!?って思ってましたが
トルクメニスタン原産の馬の品種らしく・・正直全く知らなかったです
 
オープン戦なんで出走馬のレベルはそんなに高くない印象なんで混戦ですかね?
 

アハルテケステークス2016の見解

 
参考にするのは過去5年における東京ダート1600mの良馬場限定のオープンレース(古馬戦)
 
好調なのはキングカメハメハ産駒【0.3.2.8】勝ち星こそないものの複勝率は4割近くあり
他の種牡馬だとエーピーインディ系とフォーティナイナー系がそこそこ
 
あとは母父ミスプロ系もなかなかのハイアベレージ
 
臨戦的には同距離臨戦馬の好走率が高くて前走1800m組も好調
 

アハルテケステークス2016の予想

 
◎はフィールザスマートにしました
父はブラックタイドなんでサンデー系ですが
このブラックタイド産駒東京1600mダートで延長臨戦の成績が複勝率40%(14年以降)
フィールザスマートは前走1400mなんで延長臨戦になりますし自身延長臨戦の成績が【1.0.3.1】
母父Distant Viewはミスプロ系ですし期待したいですね
 
○はチャーリーブレイヴ
父Indian Charlieは東京ダート1600mで成績の良いエーピーインディ系でもあり
前走から同距離臨戦になりますし母父Carson Cityがミスプロ系
その前走は前に行った馬にとっては厳しい流れの中逃げて0.2差なら叩き2走目で上積みも
 
▲はシンゼンレンジャー
父ケイムホームは東京ダート1600mで短縮臨戦の際に期待値が非常に高い傾向
今回人気薄なら一発あっていいんじゃないかと
 
△にはキングカメハメハ産駒のキクノソル
 

アハルテケステークス2016の予想印と買い目

 
フィールザスマート
○チャーリーブレイヴ
▲シンゼンレンジャー
△キクノソル
×オリオンザジャパン
×サノイチ
×マッチレスヒーロー
 
買い目は
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△の3連複
◎ー○▲ー×××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東海ステークス2016 予想

  2. 新潟2歳ステークス2016 予想

  3. 富士ステークス2016 出走予定馬と展望

  4. 有馬記念2016 血統評価その2~シュヴァルグラン・マリアライト…

  5. スワンステークス2016 予想

  6. 白富士ステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る