menu
閉じる
  1. 秋華賞2016 予想
  2. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  3. ホープフルステークス2016 予想
  4. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  5. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  6. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  7. 府中牝馬ステークス2016 予想
  8. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  9. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  10. チャンピオンズカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 帝王賞2017 予想
  2. ラジオNIKKEI賞2017 出走予定馬と展望
  3. 宝塚記念2017 予想
  4. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  5. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  6. 函館スプリントステークス2017 予想
  7. ユニコーンステークス2017 予想
  8. 天保山ステークス2017 予想
  9. ジューンステークス2017 予想
  10. エプソムカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アハルテケステークス2017 予想

 
6月10日(土)東京競馬場ダート1600mで行われるアハルテケステークス2017の予想です
 
 
アハルテケステークスは3歳以上のハンデキャップレースで本日の東京メインレース
アハルテケって何やねん!?って思ってましたが
トルクメニスタン原産の馬の品種らしく←(昨年の投稿からそのまま引用)
 
3.4歳馬の出走はなくややフレッシュ感に欠けるメンバーではありますが
1番人気はゴールデンバローズ
デビュー時は大物と騒がれましたがその後低迷し再び条件戦を連勝しこの舞台へ
この後重賞戦線へ復帰出来るか?注目の一戦になる事でしょう
 
そんなアハルテケステークス2017の発走時刻は15:45になっております
 

レースの見解

 
実は出走馬をパッと見て狙ってみたい馬はあっさりと決まりました
 
ただこのレースの傾向は面白くて
昨年・一昨年とハーツクライ産駒が2着し
キングカメハメハ×サンデーサイレンスのアドマイヤロイヤルが14年&15年と連続好走し
13年はステイゴールド産駒が3着
これらはいずれもが4番人気以下でのものだったので
狙ってみたくなるのはぱっと見芝血統の馬になるでしょうか!?
 
それと出走馬を見て狙ってみたくなった馬とはズレてはいるんですが・・・
 

アハルテケステークス2017の予想

 
◎はメイショウウタゲにしました
そう!この馬が出走馬を見て一瞬で狙いたくなった馬であります
プリサイスエンド産駒で今回距離短縮での臨戦になるんですが
 


 
プリサイスエンド産駒は東京1600mの数字が他のコースと比べても悪くなくて
むしろ今回メイショウウタゲはこのコース初出走なら狙いたくはなります
加えてクラスが上がるほどに距離短縮での数字が良い傾向があるので!!
近走走ってる相手も結構強いところとやってますし人気がないのでこれ本命です
 
このメンバーでパッと見芝血統ならクロフネ産駒に目がいくんですが
どうしてもクラスが上がるほど東京1600mで数字が悪くなるのがクロフネ産駒だけに・・
 
という訳で○はフジキセキ産駒でサンデー系種牡馬のブライトライン
 
▲はこの条件=東京1600mダートOPで期待値の高い母父ミスプロ系(Gone West)で
父Giant’s Causewayがエイシンアポロン、エーシンジーライン、スズカコーズウェイと
3頭の芝重賞勝ち馬を出してるとこからドリームキラリ
 

予想印と買い目

 
メイショウウタゲ
○ブライトライン
▲ドリームキラリ
△アルタイル
△モズライジン
△ゴールデンバローズ
△ブライトアイディア
△ラテンロック
 
買い目は
◎の単(1,730円的中)
◎ー○▲の馬連&ワイド
◎○ー▲△△△△△の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. シンザン記念2017 出走予定馬と展望

  2. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望

  3. 日経賞2017 予想

  4. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望

  5. アーリントンカップ2017 予想

  6. 佐賀記念2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る