menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. 秋華賞2016 予想
  6. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  7. 愛知杯 2018 予想
  8. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 中山記念2018 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典 2018 予想
  3. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  4. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  5. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  6. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  7. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  8. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  9. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  10. フェブラリーステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

愛知杯2016 予想

 
土曜中京メイン・愛知杯2016の予想です
 
 
今年からこの時期に移行された愛知杯ですが
馬場新装後に行われた12年~14年までの3年間で実に2ケタ人気馬が5頭馬券に
割り切って思い切った狙いが出来そうなレースと言えそうです
 
そしてその5頭はいずれもが父サンデー系種牡馬を持つ馬でありました
しかもそれぞれが母方に欧州血統を携えての好走
 
まずは移行されたとはいえこんなタイプの馬を狙ってみようかと
 
 
◎はフェリーチェレガロ
父マンハッタンカフェがサンデー系種牡馬でAM3時現在で12番人気!
母父リファーズウィッシュはリファール系で欧州ノーザンダンサー系と血統的には条件クリア
近親にはスマートギア・ワンモアチャッター・マルカミラーと2000m重賞実績馬がズラリ
3走前のマーメイドSでは差しに回る競馬とはいえマリアライト・ウインプリメーラあたりと善戦
前走2200mのエリザベス女王杯からの臨戦になりますが
1月中京開幕週の2000mでは短縮臨戦が【3.4.2.11】複勝率45.0%と非常に好相性なのも後押し
 
○はハピネスダンサー
コスモネモシン、エーシンメンフィスといった父か母父サドラーズウェルズ系の馬が過去好走
ハピネスダンサーの父メイショウサムソンがサドラーズウェルズ系
前走条件戦組の期待値が非常に高いレース傾向でもあるので前走1600万からの参戦は魅力
 
▲はバウンスシャッセ
2ケタ人気まではいきませんが父ゼンノロブロイがサンデー系なんで人気薄のサンデー系に該当
Halling×Fairy Kingの母方は欧州配合
休み明けは走る馬なんで楽しみはありそう
 
 
【愛知杯2016予想】
フェリーチェレガロ
○ハピネスダンサー
▲バウンスシャッセ
△リメインサイレント
×マキシマムドパリ
×リーサルウェポン
×ヴィルジニア
 
買い目は
◎の単複
◎-○▲△の3連複
◎-○▲ー×××の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ニューイヤーステークス2016 予想

  2. 帝王賞2016 予想

  3. 平安ステークス2016 予想

  4. 函館スプリントステークス2016 予想

  5. 浦和記念2016 予想

  6. 新潟記念2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. クイーンカップ 2018 予想
  2. 愛知杯 2018 予想
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

4人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る