menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. ホープフルステークス2016 予想
  3. エプソムカップ2016 予想
  4. 有馬記念2015 予想
  5. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  6. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  7. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  10. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
閉じる
閉じる
  1. 目黒記念2017 出走予定馬と展望
  2. 日本ダービー2017 出走予定馬と展望
  3. オークス2017 予想
  4. 平安ステークス2017 予想
  5. オークス2017 出走予定馬と展望
  6. ヴィクトリアマイル2017 予想
  7. 京王杯スプリングカップ2017 予想
  8. 京王杯スプリングカップ2017 出走予定馬と展望
  9. ヴィクトリアマイル2017 出走予定馬と展望
  10. NHKマイルカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アメリカジョッキークラブカップ2017 予想

 
1月22日(日)中山競馬場芝2200mで行われるアメリカジョッキークラブカップ2017の予想です
 
アメリカジョッキークラブカップは通称AJCCやアメリカJCCと略されることもしばしば
古馬中長距離路線のこの時期伝統的なレースになりますねアメリカジョッキークラブカップは
 
昨年はダービー2着馬であったサトノラーゼン、一昨年はあのゴールドシップ
2年続けてG1実績のあった1番人気が馬群に沈んでいるレースなのがAJCC
過去にはルーラーシップやトーセンジョーダン
さらに古くはスペシャルウィークにメジロブライトといった名馬が
1番人気に応えているレースでもあり
 
そして今年の1番人気はゼーヴィント
明け4歳馬で近3走続けて重賞で連対中という安定感を見せてる馬ですね
鞍上の戸崎騎手は年明け結構苦しんでるような感じですが勝ちに導けるのか!?
 
実績馬であるリアファル、シングウィズジョイ、ワンアンドオンリーに加え
新興勢力であるミライヘノツバサやルミナスウォリアーが人気上位を形成といったところ
 
そんなアメリカジョッキークラブカップ2017の発走時刻は15:45になっております
 

アメリカジョッキークラブカップ2017の見解

 
参考にするのは14年夏に中山競馬場で行われた路盤改修後の15年と16年のレースから
というのも路盤改修前と路盤改修後では明らかに傾向に変化が見られるからであります
 
ここで注目したいのは非サンデー系種牡馬
昨年は4頭しか出走馬が居なかったのに2着に(ブライアンズタイム)
一昨年は6頭の出走馬で1~3着を独占
(キングヘイロー、シンボリクリスエス、ジャングルポケット)
これはつまりサンデー=斬れが生かしにくいレース傾向ではないかなと思いますね
 
それでもディープインパクト産駒だけは特別で
中山2200m重賞改修前は【1.2.2.13】でしたが改修後は【3.2.1.13】と明らかに勝ち切れるように
昨年もディサイファが勝ってるので要注意になるのでは!?
 
それと母方にスピード持続力に長けた血を持つ馬の活躍も目立ちます
ノーザンテーストやボールドルーラーが代表的なものになるでしょうか
 

アメリカジョッキークラブカップ2017の予想

 
◎はルミナスウォリアーにしました
父はメイショウサムソンでサドラーズウェルズ系になるので非サンデー系種牡馬
母母父Avenue of Flagsがボールドルーラーで母父アグネスタキオンもスピード有り
配合的には一番この馬が適してると判断しました
重賞はこれまで2度跳ね返されてますがメイショウサムソンが最も数字のいい中山コースなら
前走が休み明けを追い込んで3番人気2着とやや疲労ストレスが心配ではありますが・・
 
○はディープインパクト産駒のゼーヴィント
母父ブライアンズタイムはロベルト系で改修後の中山重賞で特注の系統
さらに母母父Dayjurはダンチヒ系で昨年同じ父で1着だったディサイファも母母父ダンチヒ
前走1番人気2着で間隔開けての臨戦なら疲労ストレスも薄そうなんでここは普通に評価
 
▲はミライヘノツバサ
前走1600万条件2番人気だった馬が3番人気と過剰人気な点は否めませんが・・
それを打ち消してくれる存在なのが父ドリームジャーニー
ステイゴールドの血をひくサンデー系種牡馬ではあるんですが
この馬含め産駒の中山成績が抜群
(勝率22%・連対率36.6%・複勝率46.3%・単複回収値100超え)
シルバーチャーム×セクレトの母方は馬力がありそうでまさに中山はピタリの感
その奥にはスピード持続力に長けた血であるテスコボーイも入ってるので
 
×クリールカイザーは2年前のこのレースの勝ち馬
父キングヘイローが非サンデー系種牡馬で欧州ノーザンダンサー系
母父サッカーボーイがスピード持続力に長けた血であるノーザンテースト内包
前走アルゼンチン共和国杯は逃げましたがスローの上がり勝負では斬れがない分厳しい結果に
そのアルゼンチン共和国杯が速い上がりを使った馬がそのまま上位に来る差し追い込み決着
そこで0.6差の7着なら中山に替わるのはいいでしょうから楽しみだったんですが大外枠は痛恨
 
それなら昨年3着のショウナンバッハを引き上げて△に
父ステイゴールドはサンデー系種牡馬ではありますが
母方のサクラバクシンオー×ジヤツジアンジエルーチはスピード持続力に長けた配合
休み明けですが前走で先行活性化されてるので
近走成績は良くないですが走ってもおかしくはないかと
 

アメリカジョッキークラブカップ2017の予想印と買い目

 
ルミナスウォリアー
○ゼーヴィント
▲ミライヘノツバサ
△ショウナンバッハ
×シングウィズジョイ
×タンタアレグリア
×ナスノセイカン
×クリールカイザー
 
買い目は
◎ー○▲の馬連
◎ー▲△のワイド
◎ー○▲△の3連複
◎○ー××××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 毎日杯2017 予想

  2. 目黒記念2017 出走予定馬と展望

  3. シンザン記念2017 予想

  4. 金鯱賞2017 予想

  5. エルフィンステークス2017 予想

  6. きさらぎ賞2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る