menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. チャンピオンズカップ2016 予想
  5. エプソムカップ2016 予想
  6. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  7. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  8. 京都大賞典2016 予想
  9. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定
  2. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  6. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  7. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アメリカジョッキークラブカップ2016 非サンデー系種牡馬とロベルトに注目のデータ

 
路盤改造後に初めて行われた昨年のアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)は
 
1着 クリールカイザー(キングヘイロー)
2着 ミトラ(シンボリクリスエス)
3着 エアソミュール(ジャングルポケット)
 
こんな結果だったんですが
種牡馬の並びを見ると非サンデー系種牡馬が上位独占していたんですよね!
 
 
そして今年に入ってからの中山重賞なんですが
 
中山金杯 ヤマカツエース(キングカメハメハ)フルーキー(Redoute’s Choice)
フェアリーS ビービーバーレル(パイロ)ダイワダッチェス(ワークフォース)
京成杯 プロフェット(ハービンジャー)ケルフロイデ(キングカメハメハ)
 
このように各レース2頭は非サンデー系種牡馬が好走してるんです
実は昨年も中山金杯と京成杯は非サンデー系種牡馬が上位独占しており
フェアリーSの勝ち馬も非サンデー系種牡馬
 
どうしても冬場の連続開催で馬場がタフになりやすいという事なんでしょうか!?
とりあえずシンプルに非サンデー系種牡馬をまずは探してみるという手もありかなと思います
 
 
アップルジャック(アポインテッドデイ)
スーパームーン(ブライアンズタイム)
スズカデヴィアス(キングカメハメハ)
ヤマニンボワラクテ(キングカメハメハ)
 
今年のアメリカジョッキークラブカップ出走馬で非サンデー系種牡馬を父に持つのはこの4頭
この中に好走する馬が潜んでる可能性が高そう
 
 
そしてもう1つ昨年暮れからの中山重賞で顕著に活躍が目立つのがロベルトの血
 
ターコイズS シングウィズジョイ(母父)オツウ(母母父)
ホープフルS ロードクエスト(母母父)
有馬記念 ゴールドアクター(父)
中山金杯 ヤマカツエース(母父)マイネルフロスト(母父)
フェアリーS ビービーバーレル(母父)
京成杯 プロフェット(母父)メートルダール(母父)
 
これだけ走ってるんですから注目せざるおえないでしょう!!
ロベルトというのはパワーやスタミナに長けた印象なんで
今の馬場にマッチしやすいのかもしれません
 
 
アップルジャック(父)
サトノラーゼン(母父)
スーパームーン(父)
マイネルフロスト(母父)
 
今年のアメリカジョッキークラブカップ出走馬でロベルトの血を持つのはこの4頭
 
 
上で挙げた馬と合わせると6頭取り上げたという事になりますが
ここから2頭くらい好走してくれれば的中に近づけるかな?という気がしております
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 新潟2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  2. 新潟記念2016 出走予定馬と展望

  3. 札幌記念2016 予想

  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目…

  5. 東京スポーツ杯2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  6. 桜花賞2016 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  2. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  3. 京都大賞典 2017 予想
  4. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  5. ホープフルステークス2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る