menu
閉じる
  1. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  2. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  7. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. ホープフルステークス2016 予想
  10. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
閉じる
閉じる
  1. 青葉賞2017 予想
  2. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要でもない…
  3. 青葉賞2017 出走予定馬と展望
  4. 天皇賞春2017 出走予定馬と展望
  5. フローラステークス2017 予想
  6. マイラーズカップ2017 予想
  7. 福島牝馬ステークス2017 予想
  8. フローラステークス2017 出走予定馬と展望
  9. マイラーズカップ2017 出走予定馬と展望
  10. 東京スプリント2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アメリカジョッキークラブカップ2016 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜中山メインはアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2016
 
 
ディサイファ、サトノラーゼン、マイネルフロスト、ライズトゥフェイム他計16頭が出走予定
 
 
【アメリカジョッキークラブカップ2016出走予定馬と血統表】
アメリカJCC2016出走予定馬
 
全馬出走可能になっております
 
 
路盤改造後に行われた昨年のAJCCの結果ですが
 
1着 クリールカイザー(父キングヘイロー、母父ディクタス系)
2着 ミトラ(父シンボリクリスエス、母母父ノーザンテースト)
3着 エアソミュール(父ジャングルポケット、母母父ボールドルーラー系)
 
上位は非サンデー系種牡馬を持つ馬で独占
 
そしてその後に行われたAJCCと同距離重賞となる中山2200m重賞でも
ディクタスの血と母方にノーザンテースト・ボールドルーラーの血を持つ馬が好走しておりました
 
この事をまずは踏まえて考えていこうかと思います
 
 
人気を集めそうなのがディサイファサトノラーゼンのディープインパクト産駒2頭
路盤改造後の中山2200mでディープインパクト産駒は4勝し複勝率も33.3%なんでまずまず
ショウナンパンドラが同距離重賞となるオールカマーを勝ってます
ただ昨年はディープインパクト産駒と対をなす非サンデー系種牡馬が上位独占してますし
年明けからの中山重賞の傾向からしてあまり飛び付きたくないというのも実情
 
マイネルフロストの父はブラックタイドでディープインパクトの全兄
ですがディープインパクト産駒とは違ってややパワーに寄ったタイプが多いのが産駒の傾向
実際にも年明けの中山金杯を好走してますし
ディープ産駒2頭より現時点ではこっちを評価したい気も
 
 
ショウナンバッハ
スーパームーン
スズカデヴィアス
マイネルディーン
マイネルフロスト
ヤマニンボワラクテ
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの6頭
 
 
この中で最も注目してるのがスーパームーンで次点がショウナンバッハ 
 
スーパームーンの父ブライアンズタイムはロベルト系なんで非サンデー系種牡馬
とにかくロベルトは今冬の中山重賞で走りまくっているので要注意かと
母父が欧州ノーザンダンサー系のSadler’s Wellsというのもプラスに働きそうですし
 
ショウナンバッハはステイゴールド産駒でサンデー系種牡馬になりますが
このステイゴールドがディクタス内包種牡馬
半弟に同距離重賞セントライト記念勝ち馬キタサンブラックが居る血筋
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京新聞杯2016 母方に欧州血統もしくはロベルトの血を持つ馬に…

  2. ブリーダーズカップフィリー&メアターフ2016 予想

  3. セプテンバーステークス2016 予想

  4. 東海ステークス2016 予想

  5. 札幌記念2016 予想

  6. ラジオNIKKEI賞2016 血統データ~穴馬は偏った血統構成馬…

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る