menu
閉じる
  1. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  2. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  3. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エプソムカップ2016 予想
  6. 京都大賞典 2017 予想
  7. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  8. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  9. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  10. 愛知杯 2018 予想
閉じる
閉じる
  1. 富士ステークス 2018 予想 本命はエアスピネル
  2. 菊花賞 2018 全頭血統考察
  3. 富士ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  5. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  6. 種牡馬メモについて
  7. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  8. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  9. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  10. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

オールカマー 2018 予想 本命はエアアンセム

 
9月23日(日)中山競馬場で行われるオールカマー2018の予想です

オールカマーは芝2200mで行われる古馬重賞でありまして
ほぼ名ばかりになってしまってますが天皇賞秋への前哨戦という位置付け
勝ち馬にはその天皇賞秋への優先出走権が与えられてますからね

過去5年の勝ち馬の顔触れは
ルージュバック
ゴールドアクター
ショウナンパンドラ
マイネルラクリマ
ヴェルデグリーン

一昨年なんかは有馬記念勝ち馬であるゴールドアクターが勝ったんですが
結局は天皇賞秋へは向かわずジャパンカップへ直行
あのビワハヤヒデにサクラローレルでさえもここを勝ちながら天皇賞秋で勝てずじまい
本気で天皇賞秋を獲りに行く馬はここへ積極的に参戦して来ない風潮ですかね!?

1番人気は海外遠征帰りで昨年のダービー馬でもあるレイデオロ
先週は全弟レイエンダが同じ中山2200m重賞であるセントライト記念で2着
お兄ちゃんが弟の借りを返せるか!?

以下、ダンビュライト、アルアイン、ガンコ、エアアンセムの人気順に

そんなオールカマー2018の発走時刻は15:45になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年におけるオールカマー1~3着馬の父と母父が分かるもの
(14年は新潟施行の為に割愛)
 
 
中山競馬場は14年春以降に路盤改修工事が行われ
そこから血統傾向に変化が見られるようになってるので参考にするのは15年以降の3年間

17年5番人気1着 ルージュバック
(父マンハッタンカフェ×母父Awesome Again)

16年6番人気3着 ツクバアズマオー
(父ステイゴールド×母父Giant’s Causeway)

15年3番人気1着 ショウナンパンドラ
(父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ)

15年7番人気3着 ミトラ
(父シンボリクリスエス×母父サンデーサイレンス)

これら人気以上に走って馬券になった馬はサンデーと米国志向が強い配合の馬
血統バランス的にはこんな配合の馬が改修後は向きそうな予感

そして
ルージュバック
サトノノブレス
ツクバアズマオー
ミトラ

これらは母母父がボールドルーラー系またはノーザンテースト
つまりはスピード持続力に長けた血を母方に持つ馬でした

傾向的にはそんな所でここでの欧州血統はあまりプラスに働かない可能性も
 

オールカマー2018の予想

 
◎はエアアンセムにしました
父シンボリクリスエスはロベルト系で父の父クリスエスから米国志向強し
そして母父がサンデーサイレンスでしかも母母父がノーザンテースト
サンデーと米国志向が強い配合でスピード持続力に長けた血を母方に
血統的にはドンピシャじゃないですかね
前走がまさにTHE走るべくタイミングであったと思うので
(◎打ってたぐらいですから→函館記念の予想
今回どうか?ですが・・まず間隔を開けての臨戦というのは良さそう
充実期に入ったと都合良く片付けてしまえば
シンボリクリスエス産駒の芝重賞は断然延長臨戦が近年好成績な中で今回も延長臨戦
馬自身5勝中3勝が延長臨戦ですから連チャンがあっていいのかなと
 
 
○はアルアイン
この馬もサンデーと米国志向が強い配合馬
3走前と5走前がダウン戦にきっちり反応し2走前はアップ戦で人気より凡走
Lっぽくなりつつあるなら今回の臨戦なら走れてもいいと考えます
枠など不安点も多数ありますが血統面のプラス材料を評価
 
 
大本線はこの2頭で
 
 
あとは印こそ載せますが紐的な評価まで
さらっといってみましょう
 
 
ダンビュライトはダウン臨戦のルーラーシップ産駒
ここまでは芝重賞ではアップ臨戦時のほうが圧倒的に馬券になる産駒傾向
そういった面ではよくて2.3着までなのかなと
 
 
ショウナンバッハは母方がテスコボーイ系×ボールドルーラー系
つまりスピード持続力に長けた配合
 
 
レイデオロは馬場が重かったりそして海外遠征だったりと過去2走は奮わず
そこから上昇度は止まってしまったんでしょうか!?
芝重賞では間隔を開けての臨戦が得意なキングカメハメハとは言え
ややその辺りが気になった事もあってこの位置に
 
 
ミライヘノツバはサンデー系の父に母父が米国型で配合的には良し
ただ如何せん間隔が開き過ぎてるのが・・
 

予想印と買い目

 
エアアンセム
○アルアイン
△ダンビュライト
△ショウナンバッハ
△レイデオロ
△ミライヘノツバサ

買い目は
◎の単
◎ー○の馬連&ワイド
(◎○ー△△△△の3連複)
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 毎日王冠 2018 予想 本命はステファノス

  2. 共同通信杯 2018 予想

  3. 中山記念 2018 予想

  4. ラジオNIKKEI賞 2018 予想 最内枠ロードアクシスの大駆…

  5. 京都新聞杯 2018 予想 ステイフーリッシュの一発に賭けてみる…

  6. 関屋記念 2018 予想 本命はベルキャニオン

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る