menu
閉じる
  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  3. 有馬記念2015 予想
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  6. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  7. エプソムカップ2016 予想
  8. 秋華賞2016 予想
  9. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  10. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  2. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  3. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  4. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  5. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  6. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  7. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  9. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
  10. 京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想 本命はゴールドサーベラス…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

葵ステークス 2018 予想 前走G1からのアンヴァルに期待

 
5月26日(土)京都競馬場で行われる葵ステークス2018の予想です

葵ステークスは芝1200mで行われる3歳馬限定の重賞でありまして
今年から新設重賞としてこれまでのOPから昇格となったレース
3歳スプリント路線の拡充を図るというのが理由だそうです

出走してくれば人気が予想されたアンフィトリテは回避でモズスーパーフレアが除外
こうなると出走馬唯一の重賞勝ち馬(小倉2歳ステークス)であるアサクサゲンキ
この馬が1番人気に推される事でしょう

アサクサゲンキに加えて
タイセイプライド、オジョーノキセキ、アンヴァル、ラブカンプーあたりで上位人気を形成

そんな葵ステークス2018の発走時刻は15:35になっております
 
 
※ちょっとしたアンケートを取りたいのでご協力の程お願い致します
(夏場に向けての参考にしたいので)

 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去8年における葵ステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
好走が目立つのは母方にパワー&スピードのノーザンダンサー系の血を持つ馬

ダンチヒ
ヴァイスリージェント
ストームキャット
このあたりの血になりますね

但しいずれもOPのものなので重賞に格上げされてどこまで傾向が引き継がれるか!?
 
 
これだけでは心許ないのでもう一つデータを拾ってみようかと


これは京都1200m良馬場での2.3歳限定且つ500万条件より上の母父系統別成績(15年以降)

米国型ノーザンダンサー系
ヘイロー系
ロベルト系

この3系統が好調→やっぱりパワー寄りの母父というのがこの条件では注目かもしれない

種牡馬もざっくりではありますが上の条件だと
●サンデー系はまずまず
●ノーザンダンサー系が好調でミスプロ系がやや不振
●ナスルーラ系は3着まで
 

葵ステークス2018の予想

 
◎はアンヴァルにしました
父はロードカナロアでまだ重賞実績馬はアーモンドアイとステルヴィオの2頭のみで少な目
というのも基本的にアップ臨戦での重賞では苦戦傾向にあるんです
そんな中でこの馬は2走前フィリーズレビューがアップ戦で延長臨戦
そこで控えて内の間を割るという競馬で見せ場アリの4着・・これが能力の証明として良し
今回はG1桜花賞からのがっつりダウン戦になるので面白いかなと
母父フレンチデピュティはパワー&スピードの米国型ノーザンダンサー系
この母父は15年以降京都1200m良馬場での2.3歳限定且つ500万条件より上で【2.0.1.2】
馬券になった3頭はいずれも異なる馬ですから向いてる可能性は大いに
 
 
○はトゥラヴェスーラ
父はサンデー系種牡馬で短距離重賞とは縁遠い印象ですが
近親にスプリントG1勝ち馬が居る血筋でこの血が前面に出てるかのような近2走の競馬
母父の系統も15年以降京都1200m良馬場での2.3歳限定且つ500万条件より上で悪くない
一発あってもいいのかなって思ってます
 
 
▲はアサクサゲンキ
父Stormy Atlanticはストームキャット系でパワー&スピードの米国ノーザンダンサー系種牡馬
母父Dixieland Bandは米国で活躍した馬でノーザンダンサー系
小倉2歳Sを勝った後に延長でスローの上がり勝負になった京王杯2歳Sでも3着と好走
さすがに朝日杯FSは10着と負けましたが2着ステルヴィオからは0.9差
ダノンプレミアムは強過ぎたので別格としても完全苦の所で1秒も崩れなかったのは評価に値する物
前走ファルコンSもダウン戦できっちり走りましたし間隔を開けての臨戦も好感
この馬より期待出来そうな馬が2頭居た分だけこの評価に
 
 
オジョーノキセキは父キンシャサノキセキがサンデー系種牡馬
この父を考えればこの時期の1200m重賞は持ってこいのような気もしますし
近親にスプリントG1勝ち馬ローレルゲレイロが居る血筋
2走前が最内を抜けて勝った後の前走OPのマーガレットSで2着
まとまってる馬でアップ戦でもやれそうであるなら押さえておくべきかと
 
 
セイウンクールガイの父はヨハネスブルグで米国型ノーザンダンサー系
母キョウワハピネスは1200m時代のファルコンSでアッと言わせた馬(1着)
芝の走り自体悪くない馬ですしダ→芝替わりで全く人気ないなら楽しみ
 

予想印と買い目

 
アンヴァル
○トゥラヴェスーラ
▲アサクサゲンキ
△オジョーノキセキ
△セイウンクールガイ

買い目は
◎の単
○の単
◎ー○▲△△の馬連
◎ー○のワイド
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京新聞杯 2018 予想

  2. エンプレス杯 2018 予想

  3. 皐月賞2018 出走予定馬と展望

  4. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負

  5. 函館スプリントステークス 2018 予想 アドマイヤゴッド本命で…

  6. セントライト記念2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る