menu
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  2. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  3. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  7. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  8. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  9. 愛知杯 2018 予想
  10. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  2. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  3. 種牡馬メモについて
  4. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  5. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  6. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  7. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  8. 秋華賞2018 出走予定馬と展望
  9. マイルチャンピオンシップ南部杯など2018年10月8日月曜の競馬予想
  10. 京都大賞典 2018 予想 本命はレッドジェノヴァ
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

有馬記念2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜中山メインレースは有馬記念2016
 
 
今週のG1レースは有馬記念でいよいよ今年のフィナーレを飾るG1であります
その有馬記念はファン投票によって出走馬が決まる為に別名グランプリとも称されます
 
そして今年のファン投票1位はキタサンブラックになりました
天皇賞春とジャパンカップを勝ち今年はG12勝
この有馬記念で3勝目となれば年度代表馬の可能性も十分出てきそう
 
そんなキタサンブラックは昨年3歳でこのレースに挑戦し3着でしたが
そこで先着したゴールドアクターとサウンズオブアースが今年も参戦になりました
 
あと何と言っても注目は3歳馬で唯一参戦してきたサトノダイヤモンドでしょうね
前走菊花賞で初G1制覇し2週連続G1勝ちの馬主の勢いも十分借りてここも期待出来そう
ひょっとしたら1番人気の可能性もありそうです
 
過去の勝ち馬の顔触れを見ると
ジェンティルドンナ、オルフェーヴル、ディープインパクト、シンボリクリスエス
グラスワンダー、ナリタブライアン、トウカイテイオー、オグリキャップ
まだまだいるんですがざっと挙げても錚々たるものがありますね
 
果たして今年の有馬記念はどの馬が勝利をあげるのでしょうか!?
 

有馬記念2016の出走予定馬と血統表

 

 
有馬記念2016出走予定馬は18頭
 
トーシンモンステラが除外対象、トーセンバジルは回避予定
フルゲートが16頭なんでこれによりこの2頭以外の16頭全馬出走可能になっております
 

有馬記念の血統傾向

 
参考にするのは14年夏に中山競馬場で行われた路盤改造後の昨年と一昨年のレースから
というのも路盤改造前と路盤改造後では明らかに傾向に変化が見られるからであります
 
まずはディープインパクト産駒
一昨年ジェンティルドンナが勝ちましたがこれは出走馬16頭中7頭がディープ産駒でのもの
昨年は馬券に絡めずで
改造前より改造後のほうが中山2500mで勝ち切れるようになり成績もややアップしてるものの
あまり過度の期待は掛け過ぎない方がいいかも?
 
ハーツクライ産駒は昨年も一昨年も馬券に絡めず
実は改造前より改造後の中山2500mで大きく成績がダウンしてるですよねえ
ステイゴールド産駒もこの類いなんでスタミナ型サンデー系は厳しくなってる傾向
 
サンデー系種牡馬ならネオユニヴァース産駒
改造後の中山2500mで【1.2.2.3】ですしサウンズオブアースが昨年2着
 
あとはキングマンボ系種牡馬も改造前より改造後のほうが成績がアップしております
一昨年2着トゥザワールドがキングカメハメハ産駒だったのでキングマンボ系
 
さらにロベルト系種牡馬も改造前より改造後のほうが成績がアップ
昨年勝ち馬ゴールドアクターの父スクリーンヒーローがロベルト系
 
最後に今年はキタサンブラックがレースを支配するはず
近走キタサンブラックが出走したレースでは欧州血統であるグレイソヴリンの血を持つ馬
そしてディープでは母父エルコンドルパサーの馬が好走と重たい血を相手に連れてくる傾向
これも一つポイントになると思います
 

有馬記念2016有力馬の考察

 
サトノダイヤモンドの父はディープインパクト
母父Orpenはダンチヒ系で母母父Southern Haloはヘイロー系
母方はパワーとスピードに長けた印象
キタサンブラックが支配力を発揮するレースでディープ産駒ならこの母方はやや不安材料
あとディープ産駒のG1成績ですが延長臨戦>短縮臨戦というデータもあり
今回サトノダイヤモンドは短縮臨戦になりますが・・・
 
キタサンブラックは父ブラックタイドがサンデー系種牡馬
スタミナ型のサンデー系種牡馬や斬れのディープインパクトが言うほど走れてないならば
ネオユニヴァースやこのブラックタイドといったパワーも兼ね備えるサンデー系というのは良さそう
ただ楽に逃げられた前走(ジャパンカップ)に比べると今回はマルターズアポジーに加え
多頭出しノーザンファームのサムソンズプライドが横山典さんに乗り替わりで前を主張するかも?
この2頭が前にいってちょこちょこしてもポテンシャルが足らないので
ビクともしないかもしれませんが
ゴールドアクターも前走の轍を踏まえキタサンブラックを早めに意識するはず
よって前走よりは楽→苦にはなりそうな感じはします
 
ゴールドアクターの父スクリーンヒーローはロベルト系種牡馬
昨年は勢いと鮮度で一気に持って行った印象ですが
今年は適性が合わないと思えたG1とはいえ2度凡走と臨戦的には勢いはさすがに感じられず
キタサンブラックを早めに捕まえにいく競馬をするような気はしますが
ここまであまり自分から動いてという競馬はあまり見た事がないので果たして?
 

有馬記念2016出走予定馬で気になる馬

 
アドマイヤデウス
アルバート
キタサンブラック
ゴールドアクター
サウンズオブアース
デニムアンドルビー
マリアライト 
 
この7頭の中で最も注目してるのがデニムアンドルビーで次点がサウンズオブアース
 
デニムアンドルビーの父はディープインパクト
そしてこの馬の最も魅力的なのは母方の血統でありまして
母父キングカメハメハはキングマンボ系で母父キングマンボ系は改造後の中山2500mで成績抜群
さらに母母父がヌレイエフでサドラーズウェルズと4分の3同血
近親にはトゥザヴィクトリー、トゥザグローリー、トゥザワールドと有馬記念好走馬がズラリ
キタサンブラックが支配するレースで勝ったディープインパクト産駒は
いずれも母父エルコンドルパサー
このエルコンドルパサーはキングマンボ×サドラーズウェルズという配合
母方の配合はこの配合にかなり近いものが感じられるので一発に期待する手もありかと
 
サウンズオブアースは昨年2着馬でネオユニヴァース産駒
前走ジャパンカップは5番人気2着と好走
ただ有馬記念の前走ジャパンカップ組は基本人気より激走した馬は狙いにくいデータも
しかし同じ父だったヴィクトワールピサは8番人気3着と激走したジャパンカップから有馬1着
ならばこの馬も気にしないでいいかもしれません
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 小倉大賞典2016 予想

  2. エリザベス女王杯2016 出走予定馬と展望

  3. 阪神カップ2016 予想

  4. オーシャンステークス2016 予想

  5. キーンランドカップ2016 予想

  6. 札幌2歳ステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る