menu
閉じる
  1. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  5. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  6. エプソムカップ2016 予想
  7. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  8. ホープフルステークス2016 予想
  9. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  10. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
閉じる
閉じる
  1. 青葉賞2017 予想
  2. 天皇賞春2017 血統評価というか短評~長距離血統はさほど重要でもない…
  3. 青葉賞2017 出走予定馬と展望
  4. 天皇賞春2017 出走予定馬と展望
  5. フローラステークス2017 予想
  6. マイラーズカップ2017 予想
  7. 福島牝馬ステークス2017 予想
  8. フローラステークス2017 出走予定馬と展望
  9. マイラーズカップ2017 出走予定馬と展望
  10. 東京スプリント2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

有馬記念2015 血統評価その1~ラブリーデイ・ゴールドアクター他~

 
有馬記念は普段競馬をやらない人でも注目の中央競馬2015年オーラスのG1レース
血統にさほど注目が集まるレースでもないんでしょうが・・・
自分なりに各馬の血統評価を順番にしてみたいと思います
(あくまで主観なんであしからず)
 
 
オーシャンブルー 父ステイゴールド、母方Dashing Blade×(Dancing Brave)
 
昨年夏の路盤改造後の中山2500mで以前(改造前)よりステイゴールド産駒は成績を落としてます
12年2着馬ですが近走から見ても厳しいと言わざるを得ないでしょう
母方は重厚な欧州型配合
 
ヒットザターゲット 父キングカメハメハ、母方タマモクロス×(ニホンピロウイナー)
 
父はトゥザワールド、ルーラーシップ、トゥザグローリーと3頭の有馬記念3着内馬を輩出
母父タマモクロスはグレイソヴリン系
ニホンピロウイナー~ノーザンテーストという母方の血はスピード持続力に長けた印象
ボールドルーラーやノーザンテーストといったスピード持続力に長けた血はこのレースで相性○
 
ラストインパクト 父ディープインパクト、母方ティンバーカントリー×(Northern Dancer)
 
昨年の有馬記念ではジェンティルドンナがディープ産駒として初勝利
ですが・・産駒は他の競馬場と比べても中山コースの成績が一番劣るのが実際のところ
前走ジャパンCは自身G16回目の挑戦で初の3着内(2着)
基本ディープ牡馬はG1キャリアが浅いほどに古馬G1では好走する傾向だったので驚かされました
近親には有馬記念好走馬のナリタブライアンにビワハヤヒデが居る血筋
 
ラブリーデイ 父キングカメハメハ、母方ダンスインザダーク×(トニービン)
 
キンカメ産駒の有馬記念実績については先のヒットザターゲットの所に前述
そのキンカメを父に持ち有馬記念で馬券になった3頭はいずれも秋3戦目だったんですが
ラブリーデイは今回が秋4戦目だけにどうしても蓄積疲労は心配なところ
ただ路盤改造後キンカメ産駒は中山2500mで複勝率40%で改造前より数字がUPしてるのは好材料
母方はダンスにトニービンにリアルシャダイにノーザンテーストと血統のオールスターがズラリ
 
アドマイヤデウス 父アドマイヤドン、母方サンデーサイレンス×(Be My Guest)
 
父はミスプロ系種牡馬で過去10年の有馬記念では父ミスプロ系の成績は【0.0.0.3】
これはこのレースで相性良いキングマンボ系を除いた数字でやや厳しく感じられます
母母父はノーザンダンサー系でサンデーとノーザンダンサーを持つという事になりますが
この2つの血統は割とこのレースでは相性良い部類
 
アルバート 父アドマイヤドン、母方ダンスインザダーク×(ノーザンテースト)
 
この馬もアドマイヤデウスと同じ父
アドマイヤドン産駒の芝重賞成績ですが前走1着馬が【2.0.0.5】前走2着以下が【1.0.0.7】
期待値から言うなら先のアドマイヤデウスよりはこちらのほうが勢いもあって良さそうな気も
オルフェーヴル、ルーラーシップ、ドリームジャーニー、エアシェイディ、ダイワスカーレット等
母方にノーザンテーストを持つ馬が相性良い傾向の中、この馬は母母父に持ってますね
 
ゴールドアクター 父スクリーンヒーロー、母方キョウワアリシバ×(マナード)
 
父はロベルト系で代表産駒はモーリス
スクリーンヒーローで芝重賞3着内の実績があるのはこの馬とモーリス含め4頭
芝重賞において産駒は前走比較なら同距離と短縮臨戦が好数字なんで今回2500mからの臨戦は好感
ただ。。かつての有馬記念でさんざん勝負強さを見せ付けてきたロベルト系種牡馬なんですが
ここ10年では【0.0.0.10】で4着1回・5着3回とそこそこ来るんですがサンデーやキングマンボにやや劣る感
母方は正直良く分かりませんが(笑)
キョウワアリシバは1400m~2600mに実績あって割と距離の守備範囲は広い馬
 
ワンアンドオンリー 父ハーツクライ、母方タイキシャトル×(Danzig)
 
ハーツクライ産駒は2年前にウインバリアシオンが2着してますが
中山2500mで路盤改造前に比べて改造後かなり成績が落ちてるのがハーツクライ産駒の特徴
G1では短縮より延長の方が圧倒的に期待出来るのがハーツクライであるので
前走の良化した内容から昨年よりは期待出来るかも!?
母方はパワー寄りな配合
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 新潟2歳ステークス2015 予想

  2. 富士ステークス2015 予想

  3. 釜山ステークス2015 予想

  4. ローズステークス2015 阪神1800m重賞の傾向から狙える血

  5. ジャパンカップ2015 出走予定馬と先行予想

  6. 京王杯2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る