menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  3. 秋華賞2016 予想
  4. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. 京都大賞典2016 予想
  8. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  9. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  10. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
閉じる
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望
  2. 中京記念 2017 予想 好走血統を持つ穴馬から
  3. 函館2歳ステークス 2017 予想
  4. 中京記念2017 出走予定馬と展望
  5. 函館記念 2017 予想 本命は人気薄!しかもあの人気馬は軽視
  6. ジャパンダートダービー 2017 予想
  7. 七夕賞 2017 予想
  8. プロキオンステークス 2017 予想
  9. 阿武隈ステークス 2017 予想 本命は買い条件揃った穴馬
  10. スパーキングレディーカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

有馬記念2015 血統評価その2~リアファル・ゴールドシップ他~

 
有馬記念は普段競馬をやらない人でも注目の中央競馬2015年オーラスのG1レース
血統にさほど注目が集まるレースでもないんでしょうが・・・
自分なりに各馬の血統評価を順番にしてみたいと思います
(あくまで主観なんであしからず)
 
 
サウンズオブアース 父ネオユニヴァース、母方Dixieland Band×(Secretariat)
 
父は有馬記念勝ち馬で産駒にも勝ち馬(ヴィクトワールピサ)
そしてネオユニヴァース産駒は路盤改造後の中山2500mで複勝率60%とハイアベレージ
芝G1では短縮で全く奮わず同距離または延長がいいのがネオユニヴァース
母父Dixieland Bandはノーザンダンサー系でかつて大穴を開けたアメリカンボスの母父でもあり
母母父Secretariatはボールドルーラー系
近年はあまり走ってませんが母方にボールドルーラーを持つ馬が好相性なのもこのレースの特徴
 
トーセンレーヴ 父ディープインパクト、母方Caerleon×(Lord Gayle)
 
ディープ産駒は昨年ジェンティルドンナが勝利
しかし産駒は他の競馬場と比べて中山コースの成績が一番劣るのが実際のところ
ディープ牡馬はG1キャリアが浅いほどに古馬G1では好走する傾向なんですがこの馬は古馬G1初挑戦
母方は欧州色の強い配合で近親にはブエナビスタとマンハッタンカフェと有馬記念好走馬がいる血筋
 
キタサンブラック 父ブラックタイド、母方サクラバクシンオー×(ジヤツジアンジエルーチ)
 
父はディープインパクトの全兄でディープよりはパワーに寄ってるイメージ
実際この馬もそうですが
中山重賞で同じ産駒のコメート(ホープフルS)タガノエスプレッソ(弥生賞)が激走してます
母方はスピード持続力型の配合でサクラバクシンオーはノーザンテースト内包
ジヤツジアンジエルーチはボールドルーラー系
いずれも有馬記念で母方に持ってると非常に相性がいい血をダブルで持つという事に
 
リアファル 父ゼンノロブロイ、母方エルコンドルパサー×(Riverman)
 
父は有馬記念勝ち馬ですが産駒のこのレース戦績は【0.0.0.4】
13年以降中山2500mとしても【0.0.0.17】なんで路盤改造関係なく厳しい数字
ゼンノロブロイ産駒がG1で馬券になるのは延長ばかりで短縮は【0.0.1.17】
母父は父として複数好走馬を出してるキングマンボ系
近親に有馬記念の前に組まれてるホープフルSに出走するブラックスピネルが居るので
この馬が好走するかどうかの指標に出来るかもしれません
 
ルージュバック 父マンハッタンカフェ、母方Awesome Again×(Bold Revenue)
 
路盤改造後の14年12月以降マンハッタンカフェ産駒中山2000m以上だと【2.0.0.26】で複勝率7.1%
アースライズ、シングウィズジョイが重賞で好走してますが1600m・1800mでのもの
中距離戦以上で苦戦してるデータはやや気になりますし有馬記念での産駒成績は【0.0.0.4】
ただ前走はG1でマンハッタンカフェが実績が全くない休み明けだったんで今回は叩き2走目なのは救い
母方はパワー配合で母母父はこのレースと相性良いボールドルーラー系
 
ダービーフィズ 父ジャングルポケット、母方サンデーサイレンス×(Law Society)
 
トーセンレーヴと同じく近親にブエナビスタとマンハッタンカフェが居るんですが・・
ジャングルポケット産駒の有馬記念成績が【0.0.0.8】
ジャンポケはグレイソヴリン系ですがグレイソヴリン系の有馬記念も【0.0.0.10】(過去10年)
ちょっと厳しいのでは?
 
ゴールドシップ 父ステイゴールド、母方メジロマックイーン×(プルラリズム)
 
自身は3年連続このレース3着内で過去好走した
オルフェーヴル・オーシャンブルー・ドリームジャーニーと共に
有馬記念で相性抜群のステイゴールドを父に持ってます
ただ昨年夏の路盤改造後中山2500mで以前(改造前)よりステイゴールド産駒が成績を落としてるのが?
前走(ジャパンC)よりは明らかに適性はある舞台なんですが
人気とのバランスを考えるとちょっと今年は狙い難くなった感は否めません
 
マリアライト 父ディープインパクト、母方エルコンドルパサー×(Riverman)
 
リアファルの全姉なんで母方についてはリアファルの所を参照にしてもらうといいんですが
こっちの父はディープインパクトなんでまだゼンノロブロイよりはマシに感じますね
近親にはアロンダイト・クリソライトが居るんですがこの2頭はG1初挑戦でいきなり勝利
マリアライトも前走初G1だったエリザベス女王杯を勝ちましたしリアファルも初G1で3着
G1鮮度が強烈な一族だけにG12戦目でどこまで鮮度が残ってるか
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ターコイズステークス2015 予想

  2. アルテミスステークス2015 出走予定馬と先行予想

  3. 有馬記念2015 出走予定馬と先行予想

  4. チャンピオンズカップ2015 予想

  5. クイーン賞2015 予想

  6. 朱鷺ステークス2015 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る