menu
閉じる
  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  3. 有馬記念2015 予想
  4. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  5. エプソムカップ2016 予想
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. 秋華賞2016 予想
  8. 京都大賞典 2017 予想
  9. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  10. クイーンカップ 2018 予想
閉じる
閉じる
  1. 葵ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. 日本ダービー2018 出走予定馬と展望
  3. オークス 2018 予想 本命は人気でも2冠期待でアーモンドアイ
  4. 平安ステークス 2018 予想 素直に?テイエムジンソク本命
  5. オークス 2018 血統評価 出走馬18頭全頭編
  6. 平安ステークス2018 出走予定馬と展望
  7. オークス2018 出走予定馬と展望
  8. ヴィクトリアマイル 2018 予想 甦れレーヌミノル!母方の血に惹かれ…
  9. 京王杯スプリングカップ 2018 予想 結果的に本命は超穴馬に!
  10. ヴィクトリアマイル 2018 血統評価 出走馬18頭全馬編
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

有馬記念2015 ゴールドシップ危うし!?中山2500mの血統データ

 
有馬記念2015について色々なデータを調べてるんですが
単純に近年の中山2500mの種牡馬成績だけ見れば
ステイゴールド・ハーツクライといったところが好成績
 
ですが・・これにすんなり頼っていいものかどうか?
 
というのも中山競馬場は昨年夏に路盤工事を行っており
それに伴って傾向が様変わりしてるのではないかと
 
そこで路盤改造前と路盤改造後の中山2500mの傾向を分けて考えてみようという訳で
(ここからは有馬記念2015出走予定馬の種牡馬限定にしたデータです)
 
 
これは路盤改造前における中山2500mの種牡馬別成績(13年以降)
中山2500m路盤改造前(13年以降)
 
そしてこれは路盤改造後における中山2500mの種牡馬別成績(先週まで)
中山2500m路盤改造後(15年まで)
 
こうして2つを見比べると何点か特徴が浮かび上がって来ます
 
◎ステイゴールド産駒とハーツクライ産駒の成績が改造前より改造後のほうが落ちている
◎ディープインパクト産駒は複勝率の変化はあまり見られないが改造後は勝ち切れるようになった
◎逆にキングカメハメハ産駒とネオユニヴァース産駒は改造後に成績がUPしてる
 
ステゴとハーツはどちらかと言えばサンデー系の中でもスタミナに長けたタイプ
その2産駒の成績が落ちてるという事は
路盤改造前より改造後のほうが
中山2500mに関してはスタミナの要求度が下がってるという仮説もありかと
 
 
よってステイゴールド産駒の代表格ゴールドシップに過度の期待は危険かも?
 
逆にキングカメハメハ産駒のラブリーデイやネオユニヴァース産駒のサウンズオブアース
この2頭は好調な成績を追い風に出来そうな予感も
 
もちろん複数出走予定してるディープインパクト産駒もチャンスでしょうか
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンド…

  2. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し

  3. エリザベス女王杯2015 出走予定馬と先行予想

  4. 白山大賞典2015 予想

  5. KBC杯2015 予想

  6. ローズステークス2015 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る