menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  5. 秋華賞2016 予想
  6. 有馬記念2015 予想
  7. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  8. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  9. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  10. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
閉じる
閉じる
  1. 高松宮記念2017 予想
  2. マーチステークス2017 予想
  3. 日経賞2017 予想
  4. 毎日杯2017 予想
  5. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  6. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  7. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  8. フラワーカップ2017 予想
  9. スプリングステークス2017 予想
  10. 阪神大賞典2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

有馬記念2015 ゴールドシップ危うし!?中山2500mの血統データ

 
有馬記念2015について色々なデータを調べてるんですが
単純に近年の中山2500mの種牡馬成績だけ見れば
ステイゴールド・ハーツクライといったところが好成績
 
ですが・・これにすんなり頼っていいものかどうか?
 
というのも中山競馬場は昨年夏に路盤工事を行っており
それに伴って傾向が様変わりしてるのではないかと
 
そこで路盤改造前と路盤改造後の中山2500mの傾向を分けて考えてみようという訳で
(ここからは有馬記念2015出走予定馬の種牡馬限定にしたデータです)
 
 
これは路盤改造前における中山2500mの種牡馬別成績(13年以降)
中山2500m路盤改造前(13年以降)
 
そしてこれは路盤改造後における中山2500mの種牡馬別成績(先週まで)
中山2500m路盤改造後(15年まで)
 
こうして2つを見比べると何点か特徴が浮かび上がって来ます
 
◎ステイゴールド産駒とハーツクライ産駒の成績が改造前より改造後のほうが落ちている
◎ディープインパクト産駒は複勝率の変化はあまり見られないが改造後は勝ち切れるようになった
◎逆にキングカメハメハ産駒とネオユニヴァース産駒は改造後に成績がUPしてる
 
ステゴとハーツはどちらかと言えばサンデー系の中でもスタミナに長けたタイプ
その2産駒の成績が落ちてるという事は
路盤改造前より改造後のほうが
中山2500mに関してはスタミナの要求度が下がってるという仮説もありかと
 
 
よってステイゴールド産駒の代表格ゴールドシップに過度の期待は危険かも?
 
逆にキングカメハメハ産駒のラブリーデイやネオユニヴァース産駒のサウンズオブアース
この2頭は好調な成績を追い風に出来そうな予感も
 
もちろん複数出走予定してるディープインパクト産駒もチャンスでしょうか
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 福島記念2015 予想

  2. クイーンステークス2015 予想

  3. スプリンターズステークス2015 出走予定馬と先行予想

  4. 天皇賞秋2015 予想

  5. 白河特別2015 予想

  6. 新潟記念2015 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る