menu
閉じる
  1. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  2. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  3. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  4. 有馬記念2015 予想
  5. エプソムカップ2016 予想
  6. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  7. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  8. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  9. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  10. ホープフルステークス2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  2. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  3. 函館スプリントステークス2017 予想
  4. ユニコーンステークス2017 予想
  5. 天保山ステークス2017 予想
  6. ジューンステークス2017 予想
  7. エプソムカップ2017 予想
  8. マーメイドステークス2017 予想
  9. ベルモントステークス2017 予想
  10. アハルテケステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜阪神メインレースはアーリントンカップ2017
 
 
アーリントンカップは芝1600mで行われる3歳限定の重賞でありまして
春の阪神開幕週を飾る重賞レースとしてすっかり定着しているのがアーリントンカップ
マイル戦という事もありクラシックというよりはNHKマイルカップへの路線というイメージ
 
2014年にはミッキーアイルがこのレースを勝ち
その後NHKマイルカップ制覇へと繋げておりますが今年は果たして??
 
前走シンザン記念1・3着馬であるキョウヘイとペルシアンナイトが注目馬になりそうですが
今年のアーリントンカップは馬よりも人に注目でありましてその人は武幸四郎騎手
今週をもって騎手生活を引退し調教師へと転身
そのラストを飾る重賞としてこのアーリントンカップに乗る事に(ミラアイトーン)
確か重賞初騎乗でいきなり勝ったはずでラストも勝てばまさにドラマティックですねえ
 

アーリントンカップ2017の出走予定馬と血統表

 

アーリントンカップ2017出走予定馬は13頭(全馬出走可能になっております)
 

アーリントンカップの血統傾向

 
好調なのはダイワメジャー産駒で【1.1.1.4】
サンデー系の中でもダイワメジャーは斬れよりも馬力やスピードに特化したタイプ
 
特にこのレースは馬力=パワーの重要度が高いと思われ
昨年は9番人気2着だったダンツプリウスの父がブライアンズタイムであり
スニッツェル、Aussie Rulesといったダンチヒ系種牡馬が人気薄で好走
 
それでもサンデー系種牡馬は過去5年で10頭馬券になってるので侮れず
 
母方は欧州血統を持つ馬が非常によく馬券になってる感じ
その中でもヌレイエフグレイソヴリンの血は特注
 

アーリントンカップ2017有力馬の考察

 
ペルシアンナイトの父はハービンジャーでダンチヒ系種牡馬
ハービンジャーは総体的に揉まれ弱い印象がありますが
前走(シンザン記念)は初の多頭数競馬に加え内枠に重馬場という条件
やはり内枠は堪えたように見えた競馬でしたがそれでも3着に来たのは驚きました
ここはそこより頭数が減りますし苦→楽になりそうでしかも母母父がヌレイエフ
 
キョウヘイはリーチザクラウン産駒でサンデー系種牡馬
母父がダンスインザダークなんでサンデーサイレンスの3×3という事に
狂気の配合と言ってもよさそうですがこの馬には爆発的な末脚といい風に出たような
まだまだサンプル数が少ないリーチザクラウン産駒でありますが
現時点では前走間隔は開いてるより詰まってる時(4週まで)のほうが好成績な傾向
今回はシンザン記念からの臨戦(7週)というのがどう出るか?
 
ヴゼットジョリーの父はローエングリンでサドラーズウェルズ系
母母父Saumarezがブラッシンググルームの系統なんで欧州ナスルーラ系
母父はサンデーであるものの配合的には欧州色が強調された配合
 

アーリントンカップ2017出走予定馬で気になる馬

 
キョウヘイ
ダイメイフジ
ディバインコード
ペルシアンナイト
ミラアイトーン
レッドアンシェル
 
この6頭の中で最も注目してるのがペルシアンナイトで次点がディバインコード
 
ディバインコードの父はマツリダゴッホでサンデー系種牡馬
2年前にこのレース2着だったアルマワイオリも同じ父でありました
母母父ダンシングブレーヴが欧州ノーザンダンサー系のリファールでこれもこのレース特注血統
4代ではありますが母方にグレイソヴリンも持っております
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 日本ダービー2017 予想

  2. TCK女王盃2017 予想

  3. フィリーズレビュー2017 予想

  4. チューリップ賞2017 出走予定馬と展望

  5. シンザン記念2017 出走予定馬と展望

  6. 桜花賞2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る