menu
閉じる
  1. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  2. 府中牝馬ステークス2016 予想
  3. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  4. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  6. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  7. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  8. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  9. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. 大阪スポーツ杯にセプテンバーSなど2018年9月22日土曜の競馬予想
  2. ディープインパクト産駒 血統データ 斬れよりパワーな傾向?
  3. オールカマー2018 出走予定馬と展望
  4. 神戸新聞杯2018 出走予定馬と展望
  5. セントライト記念 2018 予想 本命はジェネラーレウーノ
  6. ローズステークス 2018 予想 本命はウラヌスチャーム
  7. オークランドレーシングクラブトロフィーなど2018年9月15日土曜の競…
  8. セントライト記念2018 出走予定馬と展望
  9. ローズステークス2018 出走予定馬と展望
  10. ディープインパクト産駒 血統データ ローズSとセントライト記念に向けて…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望

 
今週土曜阪神競馬メインレースはアーリントンカップ2018

アーリントンカップは芝1600mで行われる3歳限定の重賞
春の阪神開幕週を飾るレースとして定着してましたが今年から最終週へと移設
それに伴ってNHKマイルカップのトライアル競争となり3着までの馬に優先出走権が付与されます

昨年2着レッドアンシェルが4着
一昨年1着レインボーラインが3着、一昨年2着ダンツプリウスが4着
そして14年1着ミッキーアイルが優勝
割とNHKマイルカップと繋がりがあった面もあるので
時期が変わりトライアルになった事でよりここから本番に繋がってくるのか!?
初年度の結果が非常に気になるところではあります

注目馬は京王杯2歳ステークス勝ち馬であるタワーオブロンドン
朝日杯フューチュリティステークスでは3着とあと一歩G1に届かなかったですが
ここから始動でNHKマイルカップ獲りを狙ってる事でしょう

その他主な出走予定馬はインディチャンプ、ダノンスマッシュ、パクスアメリカーナ、ラセットら
 

出走予定馬と血統表

 

これがアーリントンカップ2018出走予定馬15頭の3代血統表(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるアーリントンカップ1~3着馬の父と母父が分かるもの

時期が開幕週→最終週になったのに伴い傾向も当然変わってくる可能性はあるでしょうが・・
距離自体は同じなのでひとまずこれまでのレースを参考に組み立てるしかないかなと
あとは臨機応変にって感じですね

ダンチヒ系(ハービンジャー、スニッツェル)
マツリダゴッホ
ダイワメジャー
過去5年だと複数馬券になってるのはこのあたり

マツリダゴッホとダイワメジャーはサンデー系
マツリダゴッホはボールドルーラー内包でダイワメジャーはノーザンテースト内包
ハーツクライやステイゴールドといったサンデー系でもスタミナ型が馬券になってますが
サンデー系ならスピード型のほうが優勢か

ダンチヒ系はノーザンダンサー系でスピードとパワー型
この系統は母方に入っても馬券になってますし
ストームキャット・ヴァイスリージェントといった同じスピード&パワー特化のノーザンダンサー系
この系統も馬券になってるので要注目
 

現時点で注目してる馬は?

 
パッと見て気になったのはパクスアメリカーナ

父クロフネがヴァイスリージェント系でスピード&パワー型のノーザンダンサー系
近2走の勝ちっぷりが単純に良くて週末馬場が悪くなりそうなのは追い風
その近2走の2着馬がラセットとケイアイノーテック
後に2頭とも重賞で馬券になった馬を下してる訳ですからね
 
 
そしてそのパクスアメリカーナよりも気になってる馬
現時点で最も注目してる馬は→ラセット

血統的には過去のレース傾向には合ってない部類だと思うんですが・・
まず父はスピードもあって且つ欧州色もあるという種牡馬
そして特筆すべきなのが産駒の内枠での成績


これが産駒の芝レースにおける枠番別全成績

1.2.3枠=つまり内枠の成績が母数が少ないながら抜群である事が分かります
従ってここも内枠に入れば評価したいですし
産駒は延長臨戦がからっきしダメな中で前走がその延長臨戦で好走(これ自体産駒初の延長での好走)
逆にこれは走り難そうな所で走ったので評価してもいいのではないかと
母父は芝重賞では間隔開けての臨戦の成績が良い傾向の中でこの馬は今回10週という間隔
今回は短縮臨戦と間隔開けての臨戦は母父からしてタイミングは絶好に思えます
あとは内枠まで揃えば・・おそらく重い印になりそうです
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都新聞杯2018 出走予定馬と展望

  2. 中山記念2018 出走予定馬と展望

  3. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負

  4. オークス 2018 予想 本命は人気でも2冠期待でアーモンドアイ…

  5. 大阪杯2018 出走予定馬と展望

  6. 日経新春杯 2018 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

12人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る