menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 京都大賞典2016 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  7. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  10. 有馬記念2015 予想
閉じる
閉じる
  1. 小倉大賞典 2018 予想
  2. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  3. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  4. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  5. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  6. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  7. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  8. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  9. フェブラリーステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 小倉メイン門司ステークスなど2018年2月13日火曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

アーリントンカップ2016 予想

 
土曜阪神メイン・アーリントンカップ2016の予想です
 
 
ダイワメジャー
ディープインパクト
アグネスタキオン
 
これらはアーリントンカップで複数馬券になってる父サンデー系種牡馬
 
いわゆる父サンデー系の中でも主流血統が活躍してるんですが・・
 
昨年はダンチヒ系スニッツェル産駒の9番人気ヤングマンパワーが勝ち
そのダンチヒ系は11年にもキョウエイバサラが激走
 
あとミスプロ系のマイネルラヴ、ロベルト系のシンボリクリスエスが複数馬券になったりと
 
主流血統の父サンデー系とは対をなすパワー型種牡馬も結構活躍が目立ってるレース
 
今回はそちらのほうに重きを置いてみようかと
 
 
◎はマディディ
父Scat Daddyはストームキャット系なんでパワー型種牡馬
そして母父Stravinskyがヌレイエフ系なんですが
ヤングマンパワー、ミッキーアイル、フェルメッツァ、オリービン、ノーザンリバー
母方にヌレイエフの血を持つ馬がアーリントンカップでは相性抜群なんです
 
○はレオナルド
父アドマイヤムーンはフォーティナイナー系でパワー型種牡馬
母方に欧州血統を持つ馬が非常に良く走ってレース傾向でもある中
同馬の母方はGalileo×Green Tuneの欧州ノーザンダンサー系配合
 
▲はアーバンキッド
父ハーツクライがサンデー系で産駒ではジャスタウェイがこのレース勝っております
母母父がヌレイエフでもありますし
 
 
【アーリントンカップ2016予想】
マディディ
○レオナルド
▲アーバンキッド
△ボールライトニング
×メイショウカネサダ
×シゲルノコギリザメ
×ロードブレイド
×ダンツプリウス
 
買い目は
◎の複
◎ー○▲△のワイド
※印はたくさん打ってますが3連複は基本買わず余裕があればのスタンスで
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都牝馬ステークス2016 予想

  2. 川崎記念2016 予想

  3. アメリカジョッキークラブカップ2016 非サンデー系種牡馬とロベ…

  4. 中山記念2016 予想

  5. 中京記念2016 出走予定馬と展望

  6. JBCスプリント2016 予想

おすすめ記事

  1. 愛知杯 2018 予想
  2. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  4. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  5. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

3人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る