menu
閉じる
  1. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  2. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  3. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  4. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  5. 京都大賞典 2017 予想
  6. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  7. エプソムカップ2016 予想
  8. 有馬記念2015 予想
  9. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  10. 京都大賞典2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定
  2. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  6. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  7. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

朝日杯フューチュリティステークス2015 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜阪神メインは朝日杯フューチュリティステークス2015
 
 
エアスピネル、リオンディーズ、イモータル、シュウジ他19頭が出走予定
 
 
【朝日杯フューチュリティステークス2015出走予定馬と血統表】
朝日杯フューチュリティステークス2015出走予定馬
 
コパノディールが除外対象になっております
 
 
昨年から先週の阪神ジュべナイルFと同舞台となる阪神1600mに移行された朝日杯フューチュリティステークス
 
その昨年は唯一出走してたディープインパクト産駒が勝利(ダノンプラチナ)
今年も出走していればまず注目してたところですがディープインパクト産駒の出走はなし
 
そうなれば次に注目になりそうなのはキングカメハメハ産駒でしょうか
エアスピネルリオンディーズの2頭が出走予定になってますがいずれも人気に推されそう
 
そんなキングカメハメハ産駒牡馬ですが
阪神1600mの成績は【2.1.3.36】勝率4.8% 連対率7.1% 複勝率14.3%(14年以降)
意外と言ってはなんですが数字としてはあまり奮わないんですよね
逆にこの数字の中、阪神1600mを勝ってる(新馬)エアスピネルは評価出来るかもしれません
 
そして4頭出走を予定しているダイワメジャー産駒も注目
昨年の阪神ジュべナイルF→朝日杯フューチュリティステークスでは
共に1頭しか出走してなかったディープインパクト産駒が勝利
先週の阪神ジュべナイルFではダイワメジャー産駒(メジャーエンブレム)が勝ちました
同じ舞台で連続で行われるG1なんで血の連動には大いに注意したいもんです
 
 
アドマイヤモラール
イモータル
エアスピネル
シャドウアプローチ
シュウジ
タイセイサミット
ボールライトニング
ユウチェンジ
ラヴアンドポップ
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの9頭
 
 
この中で最も注目してるのがシュウジで次点がシャドウアプローチ
 
昨年はパワーの血が強調されてた馬が上位に来てた事もある中で
シュウジの母方Kingmambo×Silver Hawkの血は非常に魅力的
前走(デイリー杯2歳S)は短縮を決めた後の延長でキツかった面もあると思うので
キンカメ産駒2頭が人気になって盲点になるなら楽しみ
 
シャドウアプローチは2歳重賞で強い母父フレンチデピュティの血は魅力
前走はドスローだったので今回ある程度流れれば父ジャングルポケットの血が活きる気も
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. JBCレディスクラシック2015 予想

  2. マイルチャンピオンシップ2015 予想

  3. 福島記念2015 予想

  4. マーキュリーカップ2015 予想

  5. チャンピオンズカップ2015 予想

  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬

おすすめ記事

  1. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  2. 京都大賞典 2017 予想
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. ホープフルステークス2016 予想
  5. チャンピオンズカップ2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る