menu
閉じる
  1. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  2. 有馬記念2015 予想
  3. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  6. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  7. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  8. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  9. チャンピオンズカップ2016 予想
  10. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2017 予想
  2. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  3. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  4. 函館スプリントステークス2017 予想
  5. ユニコーンステークス2017 予想
  6. 天保山ステークス2017 予想
  7. ジューンステークス2017 予想
  8. エプソムカップ2017 予想
  9. マーメイドステークス2017 予想
  10. ベルモントステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

CBC賞2016 予想

 
7月3日(日)中京競馬場芝1200mで行われるCBC賞2016の予想です
 
 
今年のCBC賞は13頭立てというやや寂しい頭数になってしまいましたが
これは馬場が新装された12年以降では最も少ない頭数という事に
 
ちなみに14頭立てだった13年は平穏決着でしたが今年は果たして!?
 
人気どころですが1番人気は高松宮記念でも掲示板に入ったエイシンブルズアイ
2番人気がベルカントと実績どころが人気を集めております
 
唯一のG1馬スノードラゴンは4番人気で復活なるか?
 
そんなCBC賞2016の発走時刻は15:35になっております
 

CBC賞2016の見解

 
ポイントは馬場に尽きるかと思いますね
過去4年におけるCBC賞での最も早い勝ち時計は1’8’0なんで
割とこれまではタフな馬場で行われた印象
 
ただ昨日は500万条件で1’7’7という時計が出てこれまでのCBC賞最速タイムより上をいく馬場
33.9で逃げた馬が33.8の上がりを使って逃げ切れるんですから高速馬場といっても良さそう
 
このシチュエーションで思い出されるのが今年の高松宮記念
ビッグアーサーが勝ったんですが勝ち時計は1’6’7というレコード決着でした
 
ちょっと馬場がこれまでとは違うんで過去の傾向を鵜呑みにするのは危険かもしれません
 

CBC賞2016の予想

 
◎はベルカントにしました
父はサクラバクシンオーで今年の高松宮記念勝ち馬ビッグアーサーと同じ父
サクラバクシンオーはスピードタイプの種牡馬ですし
昨日の馬場からしても今年の高松宮記念と同じ決着というのに期待するべきかなと
ちなみに昨年まで高松宮記念もCBC賞もサクラバクシンオー産駒は不振傾向
タフな馬場よりは明らかに高速馬場向きだと思います
ベルカント自身もアイビスサマーダッシュに北九州記念と時計の速い条件で好走してますし
 
○はラヴァーズポイント
父マイネルラヴはミスプロ系でスピードはありそう
馬場からしても前に行けて50㎏というのはかなり魅力に思えます
あまり鵜呑みには出来ませんが・・母方のグレイソヴリン×ネヴァーベンドという配合
これは共にCBC賞での好走血統にあたります
 
▲はラインスピリット
父スウェプトオーヴァーボードはミスプロ系
この馬も先行できるというのはいいでしょうし母父トニービンがグレイソヴリン系
近親には昨年このレース2着のダンスディレクターが居るので一発あってよさそう
 
あとはエイシンブルズアイにワキノブレイブを△評価
 

CBC賞2016の予想印と買い目

 
ベルカント
○ラヴァーズポイント
▲ラインスピリット
△エイシンブルズアイ
△ワキノブレイブ
×メイショウライナー
 
買い目は
◎ー○▲のワイド(1,460円的中)
◎ー○▲△△の3連複
◎ー○▲ー×の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 桜花賞2016 出走予定馬と先行予想

  2. 東京新聞杯2016 母方に欧州血統もしくはロベルトの血を持つ馬に…

  3. 天皇賞春2016の血統評価(後編)

  4. 京成杯2016 出走予定馬と先行予想

  5. スプリンターズステークス2016 予想

  6. 小倉記念2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る