menu
閉じる
  1. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  2. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  3. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  5. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  6. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  7. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  8. 京都大賞典 2017 予想
  9. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  10. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
閉じる
閉じる
  1. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  2. 京阪杯2017 出走予定馬と展望
  3. 京都2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  4. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望
  5. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  6. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  9. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  10. エリザベス女王杯 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

CBC賞2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜中京メインレースはCBC賞2016
 
 
新装された中京競馬場でのCBC賞は今年で5年目
 
昨年と13年は上位人気馬(1番人気~3番人気)が上位独占
12年も1・2番人気が馬券圏内と結構人気馬がしっかりと走ってる印象がありますね
 
そして2年続けて牝馬が勝ってます
 
今年のCBC賞出走予定馬は13頭(全馬出走可能になっております)
 

CBC賞2016の出走予定馬と血統表

 
CBC賞2016出走予定馬
 

CBC賞の血統傾向

 
5番人気以下=人気薄で馬券になった2頭の父がグラスワンダーにクロフネ
パワー型種牡馬の激走には注目したいところ
 
あとは母方に欧州血統特にナスルーラの血を持つ馬がよく好走しております
これは父も含めてになりますがグレイソヴリンの血は大注目
 

CBC賞2016有力馬の考察

 
エイシンブルズアイの父Belgraviaはミスプロ系
前走高松宮記念からの臨戦馬の成績が【1.1.2.6】で複勝率40%なら優秀
中でもこれを父ミスプロ系に絞ると【1.1.0.0】
ここは人気でも普通に買わんといかん感じ
 
ベルカントはサクラバクシンオー産駒
ダッシャーゴーゴーが12年に3着してるサクラバクシンオー産駒ですが通算では【0.0.1.8】
昨年のアイビスサマーダッシュ→北九州記念の連勝からしても
バクシンオーらしくスピードタイプか?
そうならばタフな血統が活躍しやすい傾向のここは厳しいような・・・
 
スノードラゴンはアドマイヤコジーン産駒
このレースでは同じ父を持つマジンプロスパーが連覇しており
アドマイヤコジーンはグレイソヴリン系
母母父サウスアトランテイツクはネヴァーベンド系で欧州ナスルーラ
間違いなくここは合ってると思いますね
 

CBC賞2016出走予定馬で気になる馬

 
エイシンブルズアイ
サドンストーム
シンデレラボーイ
スノードラゴン
ラインスピリット
ワキノブレイブ
 
この6頭の中で最も注目してるのがスノードラゴンで次点がラインスピリット
 
ラインスピリットですが父スウェプトオーヴァーボードがミスプロ系でパワー型
母方はトニービン×マルゼンスキーという欧州配合でトニービンはグレイソヴリン系
近親には昨年2着のダンスディレクターが居るので激走に期待してみたい気も
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 天皇賞春2016 予想

  2. デイリー杯2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  3. 天皇賞秋2016 予想

  4. 新潟2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  5. シルクロードステークス2016 出走予定馬と先行予想

  6. 函館スプリントステークス2016 予想

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る