menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  3. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  4. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  5. 京都大賞典2016 予想
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  10. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
閉じる
閉じる
  1. スプリンターズステークス2017 出走予定馬と展望
  2. オールカマー 2017 予想
  3. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  4. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  5. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  6. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  7. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  8. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  9. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  10. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

セントウルステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜阪神メインレースはセントウルステークス2017

セントウルステークスは芝1200mで行われる3歳以上の重賞レース
サマースプリントシリーズの最終戦に組み込まれてますが
それよりもスプリンターズステークスへ向けての前哨戦の意味合いが強し
ストレイトガールにロードカナロアといった名馬もここを負けて本番巻き返してますから

今年の主な登録馬は
スノードラゴン、ダンスディレクター、メラグラーナ、フィドゥーシア、ラインミーティアらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

セントウルステークス2017出走予定馬は17頭

フルゲート16頭なんでここから1頭(ワキノヒビキ)が除外されるという事になります
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるセントウルステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

ヨハネスブルグ
マイネルラヴ
スタチューオブリバティ
Closing Argument
ロージズインメイ

近年の好走馬を眺めると米国型種牡馬を持つ馬の好走が目立つように思えますね

そんなヨハネスブルグにスタチューオブリバティはストームキャット系
ヴァイスリージェント系ダンチヒの血を持つ馬もよく走ってるので
スピード型のノーザンダンサー系も注意しておきたいところ

母方では欧州ナスルーラ→レッドゴッド・グレイソヴリン・ネヴァーベンド
こんな血が入ってる馬もよく馬券になってますね
ラヴァーズポイント
ウリウリ
ハクサンムーン
エピセアローム
ドリームバレンチノ
近5年ではこれらが母方に欧州ナスルーラを持ち馬券になってました

あとは近走のリズム=着順が非常に重要なレース傾向になってますね
3着内に入るのはこんな馬か間隔を開けての臨戦の馬だらけというのは頭の片隅に
 

有力馬の考察

 
フィドゥーシアの父はMedaglia d’Oroでノーザンダンサー系種牡馬
父の父がEl Pradoなんで欧州色の強いサドラーズウェルズ系ではあるんですが
実はこのMedaglia d’Oro自身は米国で走った馬なんで
見方によってはスピード型ノーザンダンサー系という括りでもいいのかもしれません
母母父がダンチヒでお母さんビリーヴはこのレースの勝ち馬
前走アイビスサマーダッシュ組は過去10年【3.1.0.5】と好相性ローテ
近走のリズムは抜群ですし人気でも現時点では本命級の評価
 
ファインニードルの父アドマイヤムーンはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
ハクサンムーンの父でもありましたねアドマイヤムーンは
そんなアドマイヤムーンはリズムの良い時の重賞挑戦が要注意な種牡馬
それだけに前走北九州記念は条件戦勝ち後だっただけにもう少し格好付けて欲しかった感
内容は悪くなかったと思うんですが
重賞で走るアドマイヤムーンはこういうとこはクリアしてくるだけに・・・
母父Mark of Esteemはネヴァーベンド系で欧州ナスルーラ
 
メラグラーナの父はFastnet Rockはノーザンダンサー系種牡馬
デインヒルの流れを汲むダンチヒ系でFastnet Rock自身は豪州のスプリンター
括りとしてはスピード型ノーザンダンサー系になるでしょうか
前走CBC賞10着、前々走高松宮記念10着とリズムは崩してますが
今回はCBC賞との間隔は10週なんで一応間隔を開けての臨戦の部類に
 

出走予定馬で気になる馬

 
スノードラゴン
ダンスディレクター
ファインニードル
ヒルノデイバロー
フィドゥーシア

この5頭の中で最も注目してるのがフィドゥーシアで次点がダンスディレクター

ダンスディレクターの父アルデバラン2はミスプロ系で米国型種牡馬
母母父がトニービンなんでグレイソヴリンつまり欧州ナスルーラ持ちですね
前走シルクロードステークス勝ちからの間隔を開けての臨戦は昨年と同じ
昨年は確か脚部不安でしたっけ?その昨年のこのレースは7着でそこからやや苦しみました
今年は骨折明けという事で仕上がりは非常に気にはなりますが能力上位は明らかだけに
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 安田記念2017 血統データ ディープ産駒より非サンデー系種牡馬…

  2. エンプレス杯2017 予想

  3. 【2歳戦予想考察】今年の2歳種牡馬成績を昨年の成績と比較!注目種…

  4. 東京スプリント2017 予想

  5. オークス2017 出走予定馬と展望

  6. 日経新春杯2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る