menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  3. エプソムカップ2016 予想
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  7. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  8. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. ホープフルステークス2016 予想
閉じる
閉じる
  1. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  2. 京阪杯2017 出走予定馬と展望
  3. 京都2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  4. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望
  5. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  6. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  9. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  10. エリザベス女王杯 2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

チャレンジカップ2016 出走予定馬と展望

 
今週土曜阪神メインレースはチャレンジカップ2016
 
 
チャレンジカップは以前は朝日チャレンジカップというレース名で9月の阪神2000mで施行
2012年からチャレンジカップは12月の阪神1800m施行になって今年で5年目
ただ来年からまた距離が2000mに戻る事になっております
 
過去4年の結果を振り返ると毎年9番人気以下の馬が1頭は馬券圏内に食い込んでおり荒れてる印象
今年は果たしてどんな結果になるんでしょうか!?
 
ハンデ戦になりますがトップハンデは58.5㎏のディサイファ
前走マイルチャンピオンシップはゴール直前に痛恨の不利を受け不完全燃焼から中2週での参戦
 
昨年の1・2着馬フルーキーにヒストリカルも登録
 
今年も激戦必至になりそうですよ
 

チャレンジカップ2016の出走予定馬と血統表

 
%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%972016%e5%87%ba%e8%b5%b0%e4%ba%88%e5%ae%9a%e9%a6%ac
 
チャレンジカップ2016出走予定馬は23頭
 
グァンチャーレ、ケツァルテナンゴ、プランスペスカ、レプランシュ、ドレッドノータス
この5頭が除外対象になっております
 

チャレンジカップの血統傾向

 
まず目立つのはサンデー系種牡馬が不振!
過去4年で馬券になったのは12頭中4頭のみなんでここは非サンデー系種牡馬狙いが面白そう
その中でもノーザンダンサー系種牡馬は好走率が高くなっております
 
母方ではミスプロの血とノーザンテーストの血が優秀ですし母父サンデー系も優秀
ややスピードタイプの血をサポートとして持ってるのがこのレースでは良いのかも!?
 
あとは近3走以内に1600万を勝ってる馬が毎年のように馬券になってるのも特徴
このあたりは鮮度ある馬は要注意という事でしょう
 

チャレンジカップ2016有力馬の考察

 
ディサイファの父はサンデー系種牡馬のディープインパクト
一応ディープインパクト産駒は昨年・一昨年と馬券になってるので
他のサンデー系種牡馬よりはマシかと
母父Dubai Millenniumがミスプロ系で半兄に12年2着のアドマイヤタイシ
 
フルーキーは父Redoute’s Choiceがノーザンダンサー系種牡馬
それに母父サンデーなんで適性は十分むろん2年続けて馬券になってますからね
ただその昨年・一昨年に比べると臨戦的には魅力を感じられませんが・・
 
タッチングスピーチの父もディープインパクト
母方Sadler’s Wells×Irish Riverの配合は欧州配合になります
今回は勝利実績のあるローズステークスと同舞台
しかしこの馬はこれまで相手が強くなった時=アップ戦で好走する傾向だけに
今回G1からのダウンで?
 

チャレンジカップ2016出走予定馬で気になる馬

 
クラリティスカイ
グァンチャーレ
シルクドリーマー
ダノンメジャー
ディサイファ
ドレッドノータス
ヒストリカル
ブラックスピネル
ベルーフ
 
この9頭の中で最も注目してるのがブラックスピネルで次点がヒストリカル
 
ブラックスピネルの父タニノギムレットはロベルト系なんで非サンデー系種牡馬
母父アグネスデジタルはミスプロ系で母母父はサンデー
母方の配合はスピードを強調されてるとも言えそうですし
 
ヒストリカルはディープインパクト産駒
母父ノーザンテーストで母母父Crafty Prospectorがミスプロ系と母方は傾向にピタリ
昨年2着の舞台ですし近2走レベルが高いところでも速い上がりが使えてますし今年も期待
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 新潟2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  2. 京都金杯2016 予想

  3. シルクロードステークス2016 出走予定馬と先行予想

  4. 函館記念2016 予想

  5. 東京大賞典2016 予想

  6. 小倉2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. YouTube参戦2戦目の勝利おめでとうございます。
    的中率5割ですですから、未勝利戦勝ち上がったといったところでしょうか。
    新馬戦をきっちりリベンジ。この勢いで3戦目の的中にむけ頑張ってください。

    なんかこの配合はどちらかというと芝向きですかねぇとかとてもかっこよかったです。
    また、ブログではふれられないレースでの馬の走りなんかも寸評されていてとても楽しかったです。

    今後も血統の勉強のためちょこちょこお邪魔させていただきます。

      • menk
      • 2016年 12月 07日

      >antena(アンテナ)さん

      どうもありがとうございました!!
      このブログでは書ききれない分をキャスで多少でもカバー出来てると感じてもらえてたら嬉しい限りです
      今週も連勝目指して頑張ります

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る