menu
閉じる
  1. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  2. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  4. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  5. 京都大賞典2016 予想
  6. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  7. 京都大賞典 2017 予想
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
  2. 中京記念 2018 予想 本命はロジクライ
  3. 中京記念2018 出走予定馬と展望
  4. 【重賞結果】函館記念2018&BAOO岩美にいってきました
  5. 函館記念 2018 予想 本命はエアアンセム
  6. 函館記念2018 出走予定馬と展望
  7. 【重賞結果】七夕賞2018&プロキオンステークス2018
  8. プロキオンステークス 2018 予想 キングズガードの連覇に期待
  9. 七夕賞 2018 予想 マイネルフロストの久々となる重賞制覇に期待
  10. 道悪濃厚な豊明Sに五稜郭Sなど2018年7月7日土曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

チャンピオンズカップ2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜中京メインレースはチャンピオンズカップ2016
 
 
今週のG1レースはチャンピオンズカップで7週連続G1シリーズの第4戦
チャンピオンズカップは以前ジャパンカップダートという名称で親しまれたレースでして
一昨年から舞台を中京ダート1800mに移して実質第3回となります
国際競争であるんですが今年も外国馬の参戦はなしとやや寂しい感はありますね
 
ただダート路線の頂上決戦という事もあり国内の強豪馬が揃った印象です今年は
昨年・一昨年と1番人気を裏切ったコパノリッキーが今年も参戦
ホッコータルマエ、アウォーディー、サウンドトゥルー、ノンコノユメと
先月行われたG1レースJBCクラシックが上位5頭が揃いました
 
この中でも大注目はアウォーディーになるでしょう
ダート替わり後重賞5連勝を含む6戦負けなしという戦績プラス前走JBCクラシックでG1初制覇
鞍上は先週ジャパンカップをキタサンブラックで見事逃げ切った武豊ですしね
 
あとはみやこステークス組と武蔵野ステークス組と
前走の臨戦が3パターンしかないというのもちょっと特徴的に感じます
 

チャンピオンズカップ2016の出走予定馬と血統表

 
%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%972016%e5%87%ba%e8%b5%b0%e4%ba%88%e5%ae%9a%e9%a6%ac
 
チャンピオンズカップ2016出走予定馬は17頭
(ブライトアイディア1頭が除外対象になっております)
 

チャンピオンズカップの血統傾向

 
父か母父にサンデーの血を持つ馬が過去2年で5頭馬券になってるのが大きな特徴
 
サンデー×ミスプロ、ミスプロ×サンデー、
サンデー×ヴァイスリージェント、ヴァイスリージェント×サンデー
こんな配合馬が馬券になってるので
サンデーの血を持つ馬はセットでミスプロまたはヴァイスリージェントの血を持つ馬に注目
 
これらの血を持つ馬はさらにダート戦なんでパワーある血をもう1つ持つ馬も走ってます
(これに関してはサンビスタ、ノンコノユメ、ナムラビクターが該当)
 
臨戦別では前走JBCクラシック組が2頭、それ以外の臨戦が4頭、それぞれ馬券になってますが
前走JBCクラシック組以外の4頭の共通点は近3走以内で2000mを使っていたという事
このあたりはやはりG1=タフなんで近走で長めの距離経験が重要なのかも!?
そして4頭全てがサンデーの血を持ってた事も付け加えておきます
 

チャンピオンズカップ2016有力馬の考察

 
アウォーディーの父ジャングルポケットはグレイソヴリン系種牡馬で欧州型
母父サンデーでありますが母母父が欧州ノーザンダンサー系のサドラーズウェルズ
配合的には過去の傾向とマッチはしないですかね
馬場新装後の12年以降ジャングルポケット産駒は
中京1800mダートの上級条件(1600万より上)で1頭走って2着というデータはありますが・・
 
ノンコノユメは父トワイニングがフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
母父アグネスタキオンがサンデー系で昨年の2着馬
母母父がパワー型のアリダー系なんで血統的にはやっぱり適性はあるでしょう
ただトワイニング産駒は基本フサイチアソートやタイキジリオンが代表されるように早熟傾向
昨年は3歳でしたが1つ歳を取りさらにセン馬にもなって果たしてどうか!?
 
ゴールドドリームの父ゴールドアリュールはサンデー系種牡馬
母父フレンチデピュティがヴァイスリージェント系なんでサンデー×ヴァイスリージェント配合
母母父Cox’s Ridgeは米国で活躍した馬でパワー型のターントゥ系
前走は武蔵野ステークスからの臨戦ですが2走前が2000mを経験
あとは歴戦のG1馬たちに通用するかどうかだけのような気も
 

チャンピオンズカップ2016出走予定馬で気になる馬

 
アウォーディー
コパノリッキー
ゴールドドリーム
サウンドトゥルー
ノンコノユメ
ラニ
ロワジャルダン
 
この7頭の中で最も注目してるのがゴールドドリームで次点がアウォーディー
 
ノンコノユメの父トワイニング、サウンドトゥルーの父フレンチデピュティ
共に産駒自体は年齢を重ねてこそというタイプでもないなら・・・
父がサンデー系ゴールドアリュールで母父ティンバーカントリーがミスプロ系のコパノリッキー
2年連続で1番人気を裏切ってますが血統的には悪くないですし
過去2年は前走JBCクラシックを勝っての臨戦でしたが今年は1番人気で5着と負けての臨戦
その前走はアウォーディーに終始マークされる競馬できつかったと思えば
人気の落ちるここは明らかにストレスも抜けて気楽に臨めるはずなんで巻き返しもあるか?
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都大賞典2016 予想

  2. 菊花賞2016 出走予定馬と展望

  3. セントウルステークス2016 出走予定馬と展望

  4. 京都記念2016 予想

  5. 小倉記念2016 出走予定馬と展望

  6. ニュージーランドトロフィー2016 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る