menu
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  2. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. チャンピオンズカップ2016 予想
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  7. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  8. 有馬記念2015 予想
  9. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  10. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2017 予想
  2. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  3. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  4. 函館スプリントステークス2017 予想
  5. ユニコーンステークス2017 予想
  6. 天保山ステークス2017 予想
  7. ジューンステークス2017 予想
  8. エプソムカップ2017 予想
  9. マーメイドステークス2017 予想
  10. ベルモントステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

チャンピオンズカップ2015 予想

 
日曜中京メイン・チャンピオンズカップ2015の予想です
 
 
ジャパンカップダートからリニューアル(中京施行)されて今年で2回目
とりあえず昨年の結果は
 
1着 ホッコータルマエ(父キングカメハメハ)
2着 ナムラビクター(父ゼンノロブロイ)
3着 ローマンレジェンド(父スペシャルウィーク)
 
上位を占めた種牡馬はキンカメに父サンデー系と芝G1でも実績がありました
 
近年の中央におけるダートG1ではキングマンボ系を除いた父ミスプロ系が不振というデータがあり
ダート戦で強いミスプロ系がG1になると歯が立たないというところからも
単純なパワー血統では厳しくて芝もこなせるバックボーンというのは欲しいところでしょうか
 
 
◎はサウンドトゥルー
父はフレンチデピュティなんでパワー型種牡馬ではありますが産駒は芝G1で十分な実績を備えてます
前走JBCクラシックが初めてのG1挑戦でしたが今回は初めての中央G1
実のところフレンチデピュティはとにかく初のG1挑戦で走る種牡馬なんですよね
クロフネ(NHKマイルC1着)
アドマイヤジュピタ(天皇賞春1着)
サンアディユ(スプリンターズS2着)
プロヴィナージュ(秋華賞3着)
アンブロワーズ(阪神JF2着)
ショウナンラノビア(ヴィクトリアマイル3着)
他にもエイシンデピュティ・レジネッタなんかはG12戦目で馬券になりましたし
『フレンチデピュティの上級馬は勢いのある内&鮮度のある内に買っとけ!』という感じ
サウンドトゥルーは今まさに勢いもあって鮮度もあり
前走JBCクラシックがあったJBCデーは
ホワイトフーガ・コーリンベリー・コパノリッキーと全て内をうまく立ち回った馬が勝利
そんな中サウンドトゥルーは外から2着だったので地力もかなりついてきてるとみます
しかも昨日はフジキセキ×ヴァイスリージェント系のカネヒキリ産駒が2勝
サウンドトゥルーは父がヴァイスリージェント系で母父フジキセキなんで配合的にはカネヒキリと同じで追い風
そして中京1800mダート上級条件(1600万より上)は速い上がりをレースで使った馬がそのまま上位に来る傾向
この馬はとにかく速い上がりがコンスタントに使えるというのも魅力的
 
○はホッコータルマエ
JBCを叩いてのローテーションは昨年勝った時と同様
中京1800mダート上級条件(1600万より上)で強いのがキングカメハメハ産駒ですし
 
 
【チャンピオンズカップ2015予想】
サウンドトゥルー
○ホッコータルマエ
△コパノリッキー
△ローマンレジェンド
×ナムラビクター
×ダノンリバティ
×クリノスターオー
 
買い目は
◎-○△△のワイド
◎→○の馬単
◎-○△△の3連複
◎○-×××の3連複
 
 
宜しければ応援クリックお願いします!

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. オールカマー2015 出走予定馬と先行予想

  2. 京成杯オータムハンデ2015 予想

  3. 秋華賞2015 予想

  4. レディスプレリュード2015 予想

  5. 釜山ステークス2015 予想

  6. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンド…

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 06日
    トラックバック:テレビ遺憾の意
  2. 2015年 12月 06日

カテゴリー

ページ上部へ戻る