menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. 有馬記念2015 予想
  6. 京都大賞典2016 予想
  7. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  8. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
閉じる
閉じる
  1. 阪神メイン仁川ステークスなど2018年2月24日土曜の競馬予想
  2. 中山記念2018 出走予定馬と展望
  3. 小倉大賞典 2018 予想
  4. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  5. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  6. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  7. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  8. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  9. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

チャンピオンズカップ2015 ノンコノユメにとっては厳しい!?血統データ

 
今週のG1レースはチャンピオンズカップ2015
ジャパンカップダートから名前も場所も替わり今年が実質第2回という事になります
 
今年はホッコータルマエ・コパノリッキーといったダート界のいわば王者
この2頭と予想オッズでは3強的売れ方をしそうなのがノンコノユメ
父トワイニングはフォーティナイナー~ミスプロ系という血統馬ですね
 
そこでこんなデータを
 
 
ダートG1種牡馬系統別成績
 
これは1997年に行われた初のダートG1・フェブラリーS以降
中央で行われたダートG1における種牡馬系統別の成績
 
父フォーティナイナー系で馬券になったのがこの3頭
 
03年フェブラリーS2着 ビワシンセイキ
06年フェブラリーS3着 ユートピア
10年JCダート2着 グロリアスノア
 
数字的に父フォーティナイナー系はあまり奮わないというのが実情でしょうか
 
そしてフォーティナイナーの父でもあるミスプロ
このミスプロ系が意外とダートG1で奮わなくて
父ミスプロ系(キングマンボ&フォーティナイナーを除く)は
05年フェブラリーSヒシアトラス3着を最後に【0.0.0.44】と一頭も馬券になっておりません
 
ダート戦で代表的に強いミスプロ&フォーティナイナー系もことG1になると歯が立たないという感じなんです
 
 
昨年のチャンピオンズカップの1~3着馬は
 
1着 ホッコータルマエ(父キングカメハメハ)
2着 ナムラビクター(父ゼンノロブロイ)
3着 ローマンレジェンド(父スペシャルウィーク)
 
キンカメとサンデー系で占められましたし
この2系統が走る=芝G1でも実績ある血のほうが今やダートG1では重要なのかもしれません
だからフォーティナイナー&ミスプロが苦戦するのも頷けるような気も・・
 
 
ノンコノユメがこれをぶち破って新王者に就くのか!?が血統的には注目になりそうです
 
 
宜しければ応援クリックお願いします!

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アイルランドトロフィー2015 予想

  2. 函館日刊スポーツ杯2015 予想

  3. セントライト記念2015 予想

  4. 日本テレビ盃2015 予想

  5. 函館記念2015 出走予定馬と先行予想

  6. 小倉2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. クイーンカップ 2018 予想
  2. 愛知杯 2018 予想
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 04日
  2. 2015年 12月 06日

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

4人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る