menu
閉じる
  1. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  2. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  3. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  4. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  5. 府中牝馬ステークス2016 予想
  6. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  7. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  8. 秋華賞2016 予想
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. チャンピオンズカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 北九州記念2017 出走予定馬と展望
  2. ブリーダーズゴールドカップ 2017 予想
  3. サマーチャンピオン 2017 予想
  4. 札幌記念2017 出走予定馬と展望
  5. クラスターカップ 2017 予想 人気馬中心ですが3頭目に穴馬をチョイ…
  6. 関屋記念2017 出走予定馬と展望
  7. 小倉記念 2017 予想
  8. レパードステークス 2017 予想
  9. 小倉記念2017 出走予定馬と展望
  10. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴も持た…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

チャンピオンズカップ2015 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜中京メインはチャンピオンズカップ2015
 
 
ノンコノユメ、ホッコータルマエ、コパノリッキー、サウンドトゥルー他19頭が出走予定
 
 
【チャンピオンズカップ2015出走予定馬と血統表】
チャンピオンズカップ2015出走予定馬
アウォーディー、ハッピースプリント、イッシンドウタイが除外対象になっております
 
 
ジャパンカップダートからリニューアルされて今年で2回目
外国馬は1頭ガンピットが参戦
 
昨年は
1着 ホッコータルマエ(父キングカメハメハ)
2着 ナムラビクター(父ゼンノロブロイ)
3着 ローマンレジェンド(父スペシャルウィーク)
 
芝G1でも実績あるキンカメと父サンデー系が馬券になりましたが
中京1800mダート上級条件(1600万より上)で強いのが
まさにこのキングカメハメハ父サンデー系
逆にこの条件で奮わないのがキングカメハメハ以外の父ミスプロ系なのは頭の片隅に
 
今年も昨年の1~3着馬が参戦しており2年続けての好走があるのか?
それとも新興勢力が好走するのか?
というのがチャンピオンズカップ2015のポイントでしょうか
 
 
ノンコノユメはトワイニング産駒
このトワイニングはミスプロ系でして芝G1の実績もなし
人気も確実にするでしょうし現時点ではあまり飛び付きたくなる材料はないんですがね・・・
 
コパノリッキーは昨年このレース1番人気で馬群に沈みましたが
そんな昨年はスタートが悪かっただけでしたし現に同条件となる今年の東海Sは快勝しております
父ゴールドアリュールはサンデー系ですし芝G1でも実績あり
 
サウンドトゥルーは父がフレンチデピュティ
フレンチデピュティは米国型ノーザンダンサー系であまりこの条件では特筆すべき数字はありません
ただフレンチデピュティは芝G1実績がある種牡馬なんでそこ期待する手も
 
 
グレープブランデー
コパノリッキー
サウンドトゥルー
サンビスタ
ナムラビクター
ホッコータルマエ
ローマンレジェンド
ロワジャルダン
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの8頭
 
 
この中で最も注目してるのがサウンドトゥルーで次点がロワジャルダン 
 
この2頭は速い上がりが使える馬なんですが
中京1800mダート上級条件(1600万より上)は
速い上がりをレースで使った馬がそのまま上位に来る傾向なんで
 
 
宜しければ応援クリックお願いします!

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 日本テレビ盃2015 予想

  2. 天皇賞秋2015 血統データ~毎年のように馬券になる2つの血

  3. アルテミスステークス2015 出走予定馬と先行予想

  4. 新潟2歳ステークス2015 予想

  5. 毎日王冠2015 出走予定馬と先行予想

  6. 有馬記念2015 ゴールドシップ危うし!?中山2500mの血統デ…

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る