menu
閉じる
  1. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  2. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  3. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  4. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  6. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  9. 京都大賞典 2017 予想
  10. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞2018 出走予定馬と展望
  2. 秋華賞 2018 予想 本命はゴージャスランチ
  3. 種牡馬メモについて
  4. 白秋ステークスなど2018年10月13日土曜の競馬予想
  5. 府中牝馬ステークス 2018 予想 本命はクロコスミア
  6. 秋華賞 2018 全頭血統考察
  7. 府中牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  8. 秋華賞2018 出走予定馬と展望
  9. マイルチャンピオンシップ南部杯など2018年10月8日月曜の競馬予想
  10. 京都大賞典 2018 予想 本命はレッドジェノヴァ
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

中京記念2017 出走予定馬と展望

 
今週日曜中京メインレースは中京記念2017
 
 
中京記念は芝1600mで行われる3歳以上のハンデキャップレース
サマーマイルシリーズの第1戦として行われます
 
過去5年の勝ち馬は
16年 ガリバルディ
15年 スマートオリオン
14年 サダムパテック
13年 フラガラッハ
12年 フラガラッハ
 
トップハンデは日本ダービー馬で58㎏のワンアンドオンリー
2歳以来となるマイル戦で鮮やかな復活を遂げる事が果たして出来るのか!?
 
そしてこのレース過去5年の1番人気馬の成績は【0.0.0.5】とからっきしダメ
しかも2番人気馬も【0.0.0.5】と人気馬受難の傾向ですので
思い切って振り回してみたくなるレース
 
今年人気に推されそうなのはグランシルクとブラックムーンでしょうか
嫌なジンクスを打ち破れるかどうかになりますね
 
ワンアンドオンリー、グランシルク、ブラックムーンの他に主な登録馬は
グァンチャーレ、ダノンリバティ、マイネルアウラート、ピークトラムらが登録
 

出走予定馬と血統表

 

 
中京記念2017出走予定馬は18頭
 
フルゲート16頭なのでクリノラホールとサンマルホームが現時点で除外対象に
 

レースの血統傾向

 
基本的に中心として考えたいのはサンデー系種牡馬キングカメハメハ産駒
サンデー系種牡馬に関しては毎年2頭馬券に絡み続けてますし
昨年と一昨年こそ奮わなかったですがキングカメハメハ産駒は12年~14年まで3年連続で馬券に
 
あとは欧州ナスルーラの血が相性良し
昨年は2着ピークトラムの父に3着ケントオーの母母父が該当
この昨年を含めこれも毎年2頭は馬券に絡んでいるので注目してみたいです
 

有力馬の考察

 
ブラックムーンの父はアドマイヤムーンでフォーティナイナー系種牡馬
母母父リヴリアがネヴァーベンド系なんで欧州ナスルーラ
セイウンコウセイ、レオアクティブ、アルキメデス、プリンセスムーン、ワンスインナムーン
条件戦あたりからリズム良く勢いをつけてきての重賞挑戦が狙い目のアドマイヤムーン
だからこそこの馬は富士Sで期待したんですけど6着
これを含めてアップで悉く弾き返されてからダウンに反応してる近走
ちょっとこの馬はアドマイヤムーンの狙いどころからはズレてる感でしかも人気では?
 
グランシルクはステイゴールド産駒でサンデー系種牡馬
ステイゴールド産駒の中京1600mの数字はあまり良くはありません
本来アップ戦に強いのがステイゴールドなんですがこの馬に関してはアップではイマイチ?
前走OP(パラダイスS)からの臨戦で今回はアップ戦で人気ならあまり飛び付きたくはないか
 
ダノンリバティの父はキングカメハメハ
母父エリシオは欧州ノーザンダンサー系で14年勝ち馬サダムパテックと同じ父
共に間隔を開けた方がいいタイプの血統なんで前走谷川岳Sからの臨戦は好感
昨年も同じく間隔を開けた臨戦でここを走りましたが5着
ただその時は位置取りが後ろ過ぎた感もあるので先行出来れば・・
 

出走予定馬で気になる馬

 
アスカビレン
グァンチャーレ
ケントオー
サンライズメジャー
ダノンリバティ
ピークトラム
ピンポン
マイネルアウラート
 
この8頭の中で最も注目してるのがサンライズメジャーで次点がアスカビレン
 
サンライズメジャーの父はダイワメジャーでサンデー系種牡馬
母母父Runaway Groomがレッドゴッド系ということで欧州ナスルーラ持ちであります
前走安田記念は前半33.9のハイペース(レースPCI49.6)を2番手先行
つまり厳しいペースを経験した後のダウン戦という事で苦→楽は見え見え
ダウン戦への反応も悪くない馬だけにここは一発に期待してみる手も
 
アスカビレンの父もブラックタイドでサンデー系種牡馬
この馬も母母父Nashwanがレッドゴッド系ということで欧州ナスルーラ
前走ヴィクトリアマイルはレースPCI56.7という超スローを先行し13着といいとこなし
今回はペースが締まれば位置取りが掛かる可能性もあり且つダウン戦でもあるなら
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定

  2. ターコイズステークス2017 出走予定馬と展望

  3. 阪神大賞典2017 出走予定馬と展望

  4. キーンランドカップ2017 出走予定馬と展望

  5. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました

  6. NHKマイルカップ2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る