menu
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  2. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  6. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  7. チャンピオンズカップ2016 予想
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  10. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 福島牝馬ステークス 2018 予想 外枠と欧州血統でデンコウアンジュに…
  2. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  3. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  4. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  5. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  6. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  7. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  8. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  9. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  10. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

中日新聞杯2016 予想

 
 
3月12日(土)中京競馬場2000mで行われる中日新聞杯2016の予想です
 

中日新聞杯の見解

昨年がディープインパクト→キングカメハメハ→ステイゴールドの決着
一昨年がディープインパクトのワンツーで3着がキングカメハメハ
 
中京2000mのハンデ戦の舞台とは思えないほどに
普通にリーディング上位特にG1で強い種牡馬が馬券になってるのが特徴でしょうか
 
母方はダンチヒ・ヌレイエフといった血を持つ馬が複数馬券に
過去4年だと3着内12頭中9頭が母方にノーザンダンサーを持ってました
(ちなみにダンチヒ・ヌレイエフはノーザンダンサー系)
 

中日新聞杯の予想

◎はアングライフェン
父はG1で強いステイゴールドで昨年3着マイネルミラノと同じ父親
母父パントレセレブルがヌレイエフ系で
マーティンボロ・ダンツホウテイが過去母父ヌレイエフで激走
近親を見てもパルスビート・サンドリオン・ゲヴァルトとOP・重賞でも格負けせず即通用の一族
そんな血にステイゴールドですからより期待値は高まります
 
○▲はディープインパクト産駒
中京2000m重賞でも12年以降【3.6.2.13】複勝率45.8%とかなり相性良いんですよねディープは
 
○はサトノノブレス
中京2000m重賞は金鯱賞で2・3着の実績あり
今回2400mからの短縮臨戦になりますがディープ産駒の当レース短縮臨戦馬は【1.1.1.3】
 
▲はアルバートドック
母父Unusual Heatがヌレイエフ系
 

中日新聞杯の印

アングライフェン
○サトノノブレス
▲アルバートドック
△ヤマニンボワラクテ
△ヒストリカル
 

買い目

◎の単
◎-○▲のワイド
◎-○▲△△の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 札幌2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  2. 東海ステークス2016 出走予定馬と先行予想

  3. 東京新聞杯2016 予想

  4. 東京スポーツ杯2歳ステークス2016 予想

  5. 宝塚記念2016 血統評価その1~アンビシャス・キタサンブラック…

  6. 小倉記念2016 予想

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

10人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る