menu
閉じる
  1. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  2. 府中牝馬ステークス2016 予想
  3. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  4. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  5. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  6. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  7. 秋華賞2016 予想
  8. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
閉じる
閉じる
  1. オールカマー 2017 予想
  2. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  3. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  4. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  5. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  6. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  7. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  8. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  9. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
  10. 【重馬場対応】馬場悪化可能性大の3日間開催で役に立つかもしれない血統デ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

デイリー杯2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

 
今週土曜京都メインレースはデイリー杯2歳ステークス2016
 
 
デイリー杯2歳ステークスは基本朝日杯フューチュリティステークスの前哨戦という位置付け
ただ牝馬にとっては阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦でもあるのがデイリー杯2歳ステークス
13年までは10月に行われていたんですが一昨年から11月のこの時期に移行しております
 
昨年はエアスピネルがここを勝ち朝日杯フューチュリティステークス2着
一昨年は4着だったアルマワイオリが朝日杯フューチュリティステークス2着
勝ち馬こそ出てませんが朝日杯フューチュリティステークスとの繋がりはありそうですね
 
ですが・・今年の出走馬を眺めると注目は牝馬になりそうですよ!
 

デイリー杯2歳ステークス2016の出走予定馬と血統表

 
%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%9d%af2%e6%ad%b3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b92016%e5%87%ba%e8%b5%b0%e4%ba%88%e5%ae%9a%e9%a6%ac
出走予定馬は13頭(全馬出走可能になっております)
 

デイリー杯2歳ステークスの血統傾向

 
キングマンボ
グレイソヴリン
母方ノーザンテースト
 
この時期に移行してからの過去2年ではこれらの血を持つ馬が好相性
 
そしてサンデー系種牡馬は【1.2.1.7】で複勝率36.4%とこれもなかなか
サンデー系種牡馬だけをみていくと前走1着馬が【1.2.1.4】
つまり前走2着以下は一切馬券に絡んでいません
そして馬券になった4頭全てが前走1番人気でありました
 

デイリー杯2歳ステークス2016有力馬の考察

 
ディーパワンサはディープブリランテ産駒でサンデー系種牡馬
新種牡馬のディープブリランテなんでなかなか掴み辛いんですが・・・
前走は1着でしたが2番人気
母方は欧州配合で祖母がシンハリーズという事は近親にシンハライトがいる血筋
この血筋はデビューから傷がつくまでは買い続けた方がいい所もありますね
 
リナーテはステイゴールド産駒なんでこれもサンデー系種牡馬
ステイゴールド産駒は一昨年2着アッシュゴールドも走っており実績あり
そしてステイゴールド産駒牝馬は若い頃(3歳春まで)のマイル重賞は大得意
前走1番人気1着で半兄に菊花賞馬サトノダイヤモンドを持つ良血馬
 
タイセイスターリーはマンハッタンカフェ産駒でこれもサンデー系種牡馬
半兄にはNHKマイルカップ勝ち馬であるミッキーアイルがいるこちらも良血馬
前走1番人気1着で大外枠でしたが
今回も頭数手頃で外枠に入ればマンハッタンカフェ産駒だけに尚更良しか!?
 

デイリー杯2歳ステークス2016出走予定馬で気になる馬

 
サングレーザー
タイセイスターリー
ディーパワンサ
ベルカプリ
ボンセルヴィーソ
ユノディエール
リナーテ
 
この7頭の中で最も注目してるのがリナーテで次点がタイセイスターリー
 
穴で注目してるのはユノディエール
短縮臨戦のハービンジャー!?ではあるんですが・・
母母父アンバーシャダイがノーザンテースト系で近親には2歳重賞で実績ある馬が複数
頭数が少なくなりそうなのはプラス材料であるでしょうし
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 天皇賞春2016の血統評価(前編)

  2. チューリップ賞2016 出走予定馬と先行予想

  3. 阪急杯2016 予想

  4. 中山記念2016 血統分析~ポイントは路盤改修

  5. 阪神ジュべナイルフィリーズ2015 出走予定馬と先行予想

  6. 神戸新聞杯2015 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る