menu
閉じる
  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. 有馬記念2015 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  6. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  7. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  8. エプソムカップ2016 予想
  9. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  10. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
閉じる
閉じる
  1. お知らせです
  2. エルムステークス 2018 予想 本命はリッカルド
  3. 関屋記念 2018 予想 本命はベルキャニオン
  4. レパードステークス 2018 予想 本命はヒラボクラターシュ
  5. 小倉記念 2018 予想 本命はサトノクロニクル
  6. クイーンステークス 2018 予想 本命はエテルナミノル
  7. アイビスサマーダッシュ 2018 予想 本命はラインスピリット
  8. アイビスサマーダッシュ2018 出走予定馬と展望
  9. 【重賞結果】中京記念2018&函館2歳ステークス2018
  10. 函館2歳ステークス 2018 予想 本命はスズカカナロア
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ダービー卿チャレンジトロフィー2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜中山メインレースはダービー卿チャレンジトロフィー2017
 
 
ダービー卿チャレンジトロフィーは芝1600mで行われる古馬によるハンデキャップレース
この時期伝統的なマイル重賞ですねこのダービー卿チャレンジトロフィーは
 
過去5年のダービー卿チャレンジトロフィーの勝ち馬は
マジックタイム、モーリス、カレンブラックヒル、トウケイヘイロー、ガルボ
ここからだとモーリスが一昨年安田記念を勝ってますし
昨年2着だったロゴタイプも安田記念を制覇と
2年続けてダービー卿チャレンジトロフィー好走馬が安田記念でも好走
この好相性ぶりは今後に向けて見逃せない一戦になりそうな予感
 
そしてダービー卿チャレンジトロフィー過去5年の1番人気馬の成績は【1.1.0.3】と苦戦傾向
 
主な出走予定馬は昨年のこのレース1番人気であったキャンベルジュニア
他にはグレーターロンドン、グランシルク、ロイカバード、ガリバルディ等が登録しております
 

ダービー卿チャレンジトロフィー2017の出走予定馬と血統表

 

 
ダービー卿チャレンジトロフィー2017出走予定馬は18頭
 
ショウナンアデラ 、クラリティシチー、この2頭が除外対象になっております
 

ダービー卿チャレンジトロフィーの血統傾向

 
重視するのは15年と16年の過去2年
というのも14年夏に路盤改修が行われたことにより傾向に変化が見られるので
 
改修後の中山1600m重賞ではロベルトもしくはキングマンボの血を持つ馬の好走率が高し
実際このレースでもモーリス・マジックタイムといった勝ち馬はロベルトの血あり
ロベルト・キングマンボ共にサンデーの血は持ってませんので
ここでは非サンデー系種牡馬でもチャンスは大いにありそう(過去2年4頭が馬券に)
 
あとはサドラーズウェルズの血を持つ馬も走っており
 
母方ではスピード持続力に長けた血を持つ馬にも注意したいところ
 

ダービー卿チャレンジトロフィー2017有力馬の考察

 
グレーターロンドンの父はディープインパクトでサンデー系種牡馬
中山2月開催以降ディープインパクト産駒は芝で4勝のみで
昨年同時期が10勝だった事を思うと全然走れてない
逆にそこで勝利を上げてる(東風ステークス)グレーターロンドンは
ディープ不利な馬場で勝ってるので評価を高める手も
ドクターデヴィアス×ダンチヒの母方は欧州×パワーのバランス型
 
キャンベルジュニアはEncosta De Lago産駒で非サンデー系種牡馬
Encosta De Lagoの父フェアリーキングはサドラーズウェルズの全弟
Redoute’s Choice×Maraudingの母方はオーストラリア配合でパワー寄り
ラジオNIKKEI賞、ダービー卿チャレンジトロフィー
過去2度アップ戦となった重賞では跳ね返されてますが今回も1600万からのアップ戦
 
グランシルクの父はステイゴールドでサンデー系種牡馬
ステイゴールド産駒ってアップ戦に強いというイメージがあるんですが
この馬に関してはアップ戦で結果を出せてないところで今回OP→重賞でアップ戦
ただ母父Dynaformerがロベルト系というのは非常に魅力的であり
 

ダービー卿チャレンジトロフィー2017出走予定馬で気になる馬

 
キャンベルジュニア
クラリティシチー
クラレント
グランシルク
グレーターロンドン
サンライズメジャー
シベリアンスパーブ
ダンツプリウス
マイネルアウラート
ロジチャリス
 
この10頭の中で最も注目してるのがキャンベルジュニアで次点がグレーターロンドン
 
見直したいのはダンツプリウスで父ブライアンズタイムはロベルト系
前走大阪城ステークスは超スローでこの血統では良さが出ないペースで16着
中山1600m替わりで狙ってみたい1頭
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 府中牝馬ステークス 2017 予想

  2. ファンタジーステークス 2017 予想

  3. スプリングステークス2017 予想

  4. ダービー卿チャレンジトロフィー2017 予想

  5. 阪神大賞典2017 予想

  6. 京都記念2017 予想

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

13人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る