menu
閉じる
  1. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  2. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  3. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  4. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  5. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  6. 府中牝馬ステークス2016 予想
  7. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  8. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  9. 秋華賞2016 予想
  10. ホープフルステークス2016 予想
閉じる
閉じる
  1. フローラステークス2018 出走予定馬と展望
  2. マイラーズカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 福島牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  5. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負
  6. アーリントンカップ 2018 予想 ダノンスマッシュの巻き返しに期待
  7. 皐月賞 2018 血統評価 出走馬16頭全馬編
  8. アンタレスステークス2018 出走予定馬と展望
  9. アーリントンカップ2018 出走予定馬と展望
  10. 皐月賞2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ダービー卿チャレンジトロフィー2018 出走予定馬と展望

 
今週土曜中山競馬メインレースはダービー卿チャレンジトロフィー2018

ダービー卿チャレンジトロフィーは芝1600mで行われる古馬によるハンデキャップ重賞
この時期伝統的なマイル戦という事になります

過去5年の当レース勝ち馬は
ロジチャリス、マジックタイム、モーリス、カレンブラックヒル、トウケイヘイロー
ここからだとモーリスが安田記念を勝ってますし
一昨年2着だったロゴタイプも安田記念を制覇と
ここでの好走馬が安田記念で好走してるという事実もあるので
今後に向けて見逃せない一戦になりそうな予感

1番人気が予想されるのはグレーターロンドンかレッドアンシェルでしょうか
共に前走重賞で1番人気で推されていただけにここも人気を集めそう

その他主な出走馬はマルターズアポジー、ソルヴェイグ、ロジチャリス、キャンベルジュニアら
 

出走予定馬と血統表

 

これがダービー卿チャレンジトロフィー2018出走馬16頭の3代血統表
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるダービー卿チャレンジトロフィー1~3着馬の父と母父が分かるもの
(阪神施行だった11年は除く)

特に重視したいのは15年~17年の過去3年
というのも14年夏に路盤改修が行われたことにより傾向に変化が見られるので

17年5番人気1着 ロジチャリス(Rock of Gibraltar×Rainbow Quest)
16年5番人気1着 マジックタイム(ブライアンズタイム×サドラーズウェルズ)
16年4番人気2着 ロゴタイプ(父ローエングリン)
15年4番人気2着 クラリティシチー(父キングカメハメハ)
15年9番人気3着 インパルスヒーロー(父クロフネ)
 
例のごとく人気より着順が上だった馬を見て行くと
母方が欧州配合であったり父が非サンデー系種牡馬であったという特徴がありました

モーリスも母方が欧州配合で非サンデー系の父(スクリーンヒーロー)
キャンベルジュニアも父が非サンデー系種牡馬(Encosta De Lago)

人気馬で走った馬も同じような特徴であったのでこのレースでは重要な血になるのではないかと
斬れ=サンデーの血というよりも欧州のスタミナやサンデーではない血が活きそうな舞台
 
 
これらを総合して現時点でパッと気になったのはこの馬→ストーミーシー

母方が欧州配合で父も非サンデー系種牡馬
ここ2走を見る限り重賞で差しを決めるには
こういった急坂で上がりが掛かりそうな所のほうが向くような気も!?
 

マルターズアポジーが走ったレースの血統傾向にはある特徴が!?

 
大阪杯と両睨みだったんですが結局こっちに出走
ともかく逃げるのは出遅れでもしない限りマルターズアポジーで確実か?
実はこの馬が逃げた近走のレースを見ていくと馬券になった馬は共通点があったりするんです

18中山記念

17年マイルCS

17年京成杯AH

17年関屋記念

17年七夕賞

17年大阪杯

17年小倉大賞典

16年有馬記念

16福島記念

これが一昨年久々の重賞挑戦で勝った福島記念以降における
マルターズアポジーが走った時の1~3着馬の血統

ディープインパクト
キングカメハメハ
ステイゴールド

このあたりの種牡馬をよく相手で連れて来てる事が分かります

ロベルト
ダンチヒ
米国型ノーザンダンサー

そしてこの3系統の血いずれかを持つ馬の活躍ぶりが目立つような気がしませんか!?

いずれの血もスピードもそうですがよりこの3つに共通するのは馬力ある血という事
とにかく前半から淀みない流れで逃げを打ち割と平均質のレースラップになりがち
スローのよーいドンにはなり難いので斬れよりは馬力ある血

これがこの馬のレースでは走りやすいという仮説を立てて見るというのも面白そうです

というかこの馬が逃げ粘ってしまうような気も!?
結局凡走してるレースはアップ戦と2000mで前半33.9とハイペースすぎた七夕賞くらいなもの
ダウン戦はしっかり走れてる馬なんで
今回G2→G3のダウン戦なら狙うタイミングとしては悪くないかと

 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. フローラステークス2018 出走予定馬と展望

  2. フラワーカップ2018 出走予定馬と展望

  3. シルクロードステークス 2018 予想

  4. スプリングステークス 2018 予想 鞍上デムーロのルーカス本命…

  5. チューリップ賞2018 出走予定馬と展望

  6. フェアリーステークス2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  2. クイーンカップ 2018 予想
  3. 愛知杯 2018 予想
  4. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

9人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る