menu
閉じる
  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  3. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  6. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  7. 府中牝馬ステークス2016 予想
  8. ホープフルステークス2016 予想
  9. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  10. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
閉じる
閉じる
  1. 小倉大賞典 2018 予想
  2. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  3. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  4. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  5. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  6. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  7. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  8. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  9. フェブラリーステークス2018 出走予定馬と展望
  10. 小倉メイン門司ステークスなど2018年2月13日火曜の競馬予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望

 
今週土曜東京競馬メインレースはダイヤモンドステークス2018

ダイヤモンドステークスは芝3400mのハンデキャップ戦で行われる長距離重賞
重賞レースとしてこのレースはステイヤーズステークスに次ぐ2番目に長い距離で施行

長距離重賞という事もあって見つめる先は天皇賞春という事になっていくんでしょうが
基本的には繋がらないレース傾向になりますね
昨年の勝ち馬アルバートもここから天皇賞春に直行しましたが5着まで

今年は15年にここを勝ち天皇賞春で2着に好走したフェイムゲームが登場
これで5年連続同一レースの出走となりますが昨年は着外
14年~16年と続けて好走した時のように戻れるかどうか!?
予想オッズでも断念の人気に推されそうですよ

今年の出走馬はそのフェイムゲームをはじめ
ホウオウドリーム、ソールインパクト、プレストウィック、レジェンドセラーらが登録
 
 
PR

万馬券ハンター直伝!フェブラリーSは人気馬の一角に死角あり?
今週登録の方に特別無料公開されるようです
 

出走予定馬と血統表

 

これがダイヤモンドステークス2018出走予定馬18頭の3代血統表(フルゲートは16頭)

トレジャーマップ
ダウンザライン
現時点ではこの2頭が除外対象になっております
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるダイヤモンドステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

アドマイヤドン
ハーツクライ
タニノギムレット
ジャングルポケット

父方にグレイソヴリンの血を持ってる馬の活躍度合いが高いように感じられます

キングカメハメハ
ディープインパクト
タニノギムレット
ダイワメジャー

長距離重賞だけにスタミナ特化の種牡馬が走るのは当たり前なんですが
これらはどちらかと言えばスタミナ寄りではない種牡馬
でもこの種牡馬が人気より着順が上で走ってるので旨味があるのかもしれませんね

母方で注目はネヴァーベンドとノーザンテーストの血でしょう!

まとめると血統構成的にはコテコテのスタミナ血統というよりは
スタミナに寄り過ぎてない血統構成馬がいいのかもしれません
このあたり表現が難しいんですが。。
 
 
宜しければ応援クリックポチっとお願いします→
 

父方にグレイソヴリンを持ってる馬となると・・ルーラーシップ

 
今回の出走馬で父方にグレイソヴリンを持ってる馬は
ハーツクライ(デビルズハーツ、フェイムゲーム)
タニノギムレット(ネイチャーレット)

このあたりも該当してるんですが・・ここで注目したいのはルーラーシップ

ルーラーシップはキングカメハメハ×トニービンという配合馬で
このトニービンがグレイソヴリン系という事になります

で、今回出走予定馬でルーラーシップ産駒が2頭居ますので見て行こうかと思います

ではまずルーラーシップ産駒のデータから
 
 

(この表がルーラーシップ産駒牡馬における芝全レース距離別成績)

牝馬はテトラドラクマ(クイーンC1着)やリリーノーブル(阪神JF2着)と
早い時期から1600mマイルにも対応出来る馬が出て来てますが
牡馬に関しては基本的に距離を延ばしても柔軟に対応してる印象があります
キセキが3000mG1菊花賞を勝ってるくらいですから
 
まあ3400mという距離は未知数ではありますが
ルーラーシップの近親にダイヤモンドステークスを好走した
フォゲッタブル(10年1着)キタサンアミーゴ(11年3着)がいるのは血統的には十分後押し
 
 
そしてあともう一つ


(これはルーラーシップ産駒で重賞で馬券になった馬=つまり3着内した馬の一覧)
 
ここまで述べ12頭が馬券になってますが
面白い傾向としては前走からアップ戦の馬がよく来てるという事(12頭中10頭が該当)
まあアップで負ける馬も居るので確率的には何とも言えませんが・・
それでもこのあたりは格上げで強いトニービンの血を内包してるというのが効いてるのかも!?

今回は2頭の内ホウオウドリームが前走条件戦だったのでアップ戦になります
 
 
 
PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのはフェブラリーS


的中に特化した予想。
2月10日(土)単勝95.8%、三連単37.5%という高水準を過去4年にもわたり保ち続ける予想データ。
このデータを使って、G1フェブラリーS、小倉大賞典、ダイヤモンドS、京都牝馬Sをひも解いて予想します。
このデータは無料会員になればだれでも今週から見れますので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。
フェブラリーS

今週末一番の的中率に期待できるレースです。
というのは、過去3年、指数1位と2位の予想馬が馬券に絡んでいます。
指数1位と2位で馬券を組み立てるだけで、複勝、ワイドが的中。まずこれだけで安定的に勝てますね。
最も取りたいのは3連単。
2017年から過去3年で見ると、4位予想馬、6位予想馬、7位予想馬が馬券に絡んでいます。
この3頭の共通点を見つければ3連単を十分狙えるレースです。
週末までにじっくり研究したいと思いますが現時点でわかっていることは【2014年1着馬以外、すべて指数値30以下で馬券決着】
今週末はフェブラリーSが一番勝ちやすいレースだと思います。
みなさんも週末までにこの指数について少し調べてみてください。

また、フェブラリーSの予想については、サイト運営者北条氏のブログにて日曜日昼に無料公開されますの。楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

小倉大賞典
ダイヤモンドS
京都牝馬S

この3レースの予想が難しい。
この中だったら、ダイヤモンドSが予想しやすいかなぁ。と思いますが、それでも直近2017年成績がいまいちです。
指数1位~3位までの馬が馬券に絡むことは間違いないのですが、馬券内3頭を絞り込むにはもっと分析が必要になります。
しかし、一つだけ予想のヒントとしてあるデータを見つけました。
それは【穴馬発見法】です。この指数データとオッズを組合せて発見します。

例年穴馬の好走が見られますが、オッズの変動でその隠れた馬を見抜ける可能性があります。
指数というのは【全頭の全レースの情報から強い馬の順位を付ける】
しかし僕はここに欠点があると思っています。
その欠点とは【距離適性バッチリの穴馬見落とし】です。

総合評価、つまり全レースで見ると弱いけど、1,800mだけは強い。そんな穴馬たまにいますよね。
オッズだけ見てもこれは正直わからないです。穴馬探しで全頭チェックするのも大変な作業です。
そこで、いい例が小倉大賞典の昨年1着馬マルターズアポジー。
指数14位予想と評価が低いのに、4人気とオッズでは高評価。矛盾が起きました。

どういうことだ?と疑問がうまれマルターズアポジーだけの前レース情報を調べてみました。
すると、2016年2500mの有馬記念で15位と大敗。その前走福島記念G3や、秋風Sなどでは7人気以下にも関わらず1着。
つまり、距離適性は1600m~1800mの馬。G1競争で勝てるほどの実力はないが、G3や特別戦では1着になれるほどの馬とみます。
結果【マルターズアポジー:1800mのG3小倉大賞典は一番力をだせるレース→1着】
ちょっとしたオッズの変化は簡単に気づけません。
しかしこの指数と連携することにより【全体的に見て弱い馬でも、そのレースだけ、ピンポイントで強い馬】を導きだすことができます。

※1点だけ注意
この予想方法で惑わされるのが、大口投票でのオッズ変化です。
大口が入る理由は、調教がすごいよかったなど色々な理由がありますよね。しかしそれは強い馬とは言いきれません。
弱い馬の調教がよくても、いざレースとなると強い馬に勝つのは難しい。
この指数サイトの馬柱の馬名をクリックすると競走馬データが見れますので、適正距離を調べるときに使ってみて下さい。

今週末は重賞4鞍。とても楽しみな週末です。
ぜひこの指数を参考にしてみてください。
⇒ こちら

 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京新聞杯2018 出走予定馬と展望

  2. シルクロードステークス2018 出走予定馬と展望

  3. 中山金杯 2018 予想

  4. 根岸ステークス2018 出走予定馬と展望

  5. フェブラリーステークス 2018 血統評価

  6. きさらぎ賞 2018 予想

おすすめ記事

  1. 愛知杯 2018 予想
  2. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  3. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  4. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  5. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

3人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る