menu
閉じる
  1. 京都大賞典2016 予想
  2. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  3. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  6. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
  7. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. ホープフルステークス2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 高松宮記念2017 予想
  2. マーチステークス2017 予想
  3. 日経賞2017 予想
  4. 毎日杯2017 予想
  5. 日経賞2017 出走予定馬と展望
  6. 毎日杯2017 出走予定馬と展望
  7. 高松宮記念2017 出走予定馬と展望
  8. フラワーカップ2017 予想
  9. スプリングステークス2017 予想
  10. 阪神大賞典2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ダイヤモンドステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜東京メインレースはダイヤモンドステークス2017
 
 
ダイヤモンドステークスは3400mのハンデキャップ戦で行われる長距離重賞
重賞レースとしてダイヤモンドステークスは
ステイヤーズステークスに次ぐ2番目に長い距離のレース
 
長距離重賞という事もあって見つめる先は天皇賞春という事になっていくんでしょうが
基本的には繋がらないレース傾向になりますね
 
3年続けて馬券になってるフェイムゲーム、2年続けて馬券になってるファタモルガーナ
この2頭がまたまた今年も出走予定になってますが
これだけならリピーターレースの色合いも濃いのかもしれません
 

ダイヤモンドステークス2017の出走予定馬と血統表

 

 
ダイヤモンドステークス2017出走予定馬は17頭
 
フジマサエンペラーが除外対象になっております
 

ダイヤモンドステークスの血統傾向

 
3年連続馬券になってるフェイムゲームの父はハーツクライ
実はその前もアドマイヤラクティとギュスターヴクライが馬券になってるので5年連続ですね
 
ダンスインザダーク産駒も活躍してるので普通にサンデーのスタミナ血統が走るレース
 
母方ではノーザンダンサーの血に注目
中でもノーザンテースト欧州ノーザンダンサーの血が相性抜群であります
 

ダイヤモンドステークス2017有力馬の考察

 
アルバートの父はアドマイヤドンでミスプロ系種牡馬
何と言っても魅力的なのは母方の血でありまして
母父がダンスインザダークで母母父がノーザンテースト
まあここは普通に評価していいんじゃないでしょうか!?
 
カフジプリンスはこのレースで相性抜群のハーツクライ産駒
シンボリクリスエス×Seeking the Goldの母方はパワー寄りで
ノーザンダンサーの血は持ってませんが・・
それでもとにかくエンジンの掛かりが遅い馬なんで距離延長は歓迎のはず
 
フェイムゲームの父もカフジプリンスと同じハーツクライ
近親にスタミナ型サンデーのステイゴールドが居てノーザンテーストを母方に持ってます
今回馬券になれば同一重賞で4年連続で3着以内という事になりますが
過去にそんな馬が果たしていたか??
 

ダイヤモンドステークス2017出走予定馬で気になる馬

 
アルバート
カフジプリンス
サムソンズプライド
ファタモルガーナ
フェイムゲーム
プレストウィック
 
この6頭の中で最も注目してるのがアルバートで次点がカフジプリンス
 
かなり堅く収まりそうな気がするんですが・・穴目ならプレストウィック
ダイワメジャーの長距離砲ですが基本的には少しでも短くなるのは良さそうで
母父Linamixは欧州ノーザンのリファール系で
母母父Rivermanはこのレースで実績あるネヴァーベンド系
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都記念2017 出走予定馬と展望

  2. 日経賞2017 予想

  3. オーシャンステークス2017 予想

  4. 中山記念2017 予想

  5. 京都金杯2017 予想

  6. 阪神大賞典2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る