menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  2. 有馬記念2015 予想
  3. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  4. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  9. 京都大賞典2016 予想
  10. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
閉じる
閉じる
  1. 宝塚記念2017 予想
  2. 宝塚記念2017 全頭の血統評価と短評~重馬場も少し想定
  3. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望
  4. 函館スプリントステークス2017 予想
  5. ユニコーンステークス2017 予想
  6. 天保山ステークス2017 予想
  7. ジューンステークス2017 予想
  8. エプソムカップ2017 予想
  9. マーメイドステークス2017 予想
  10. ベルモントステークス2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

エルフィンステークス2017 予想

 
2月4日(土)京都競馬場芝1600mで行われるエルフィンステークス2017の予想です
 
 
エルフィンステークスは3歳牝馬たちによるオープンレース
桜花賞と同じ距離で行われることもあってエルフィンステークスは当然注目されます
 
最近では2011年にマルセリーナがその昔ではファレノプシスにキョウエイマーチが
このレースを勝ち後に桜花賞を制覇しました
レッドディザイア、ウオッカ、エアメサイアはエルフィンステークス勝利後
桜花賞では勝ち切れなかったものの後にG1制覇となかなかの出世レースに数えられますね
 
今年の注目馬はミリッサ
半姉にオークス馬シンハライトを持つ良血馬
キャリア1戦でここに参戦してきましたが果たして姉と同様に羽ばたけるのか!?
 
そんなエルフィンステークス2017の発走時刻は15:00になっております
 

エルフィンステークス2017の見解

 
このレースは圧倒的にサンデー系種牡馬が走る舞台でして
過去5年3着内15頭中実に14頭がサンデー系種牡馬
その中でもやはりディープインパクト産駒は別格で【3.1.3.7】複勝率50%(過去6年)
 
そんなディープインパクト産駒ですが母父欧州血統を持つ馬がよく走ってるのと
前走では新馬・未勝利組の期待値が非常に高め
 
あとはディープインパクト×欧州血統が走ってるように欧州血統を持つ馬が相性◎
昨年非サンデー系種牡馬で2着になったダイアナヘイローの父がキングヘイロー
ダンシングブレーヴの血をひく欧州ノーザンダンサー系種牡馬でしたから
 

エルフィンステークス2017の予想

 
◎はアルミレーナにしました
ディープインパクト産駒で母父Sholokhovが欧州ノーザンダンサー系
母方はMonsunも入ってて非常に重厚な欧州配合
前走未勝利戦勝ちですしエルフィンステークスでのディープ産駒の好走パターンに合致
 
○はラントシャフト
父はステイゴールドでサンデー系種牡馬
ステイゴールド産駒は13年に2・3着しておりディクタスの血を内包
14年に母母父ディクタスのシャイニーガールが8番人気1着
さらにステイゴールドはダイナサッシュの牝系ですが
昨年2着のダイアナヘイローもその牝系で14年2着のショウナンパンドラの牝系もそう
よってこの血は期待できますしこの馬は母母父がサッカーボーイなんでディクタスの3×4
 
▲はミリッサ
父ダイワメジャーはサンデー系種牡馬ですがこのレースは【0.0.0.6】
母父Singspielはサドラーズウェルズ系なんで欧州ノーザンダンサー
前走新馬組の好走率が非常に高いですしシンハライトや近親を見てもこの時期は買った方がいい馬
 

エルフィンステークス2017の予想印と買い目

 
アルミレーナ
○ラントシャフト
▲ミリッサ
△サロニカ
×ハローユニコーン
×アドマイヤローザ
 
買い目は
◎の単複
◎ー○▲△の馬連
○ー◎▲のワイド
◎ー○▲ー▲△××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 皐月賞2017 出走予定馬と展望

  2. 共同通信杯2017 予想

  3. フローラステークス2017 予想

  4. 日本ダービー2017 予想

  5. 宝塚記念2017 出走予定馬と展望

  6. 日本ダービー2017 全頭の血統評価というか短評も

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る