menu
閉じる
  1. 京都大賞典2016 予想
  2. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  3. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  4. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  7. 京都大賞典 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
閉じる
閉じる
  1. マイルチャンピオンシップ 2017 予想 重めの馬場なら穴馬を本命に
  2. 東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 予想
  3. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. 東京スポーツ杯2歳ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. マイルチャンピオンシップ2017 出走予定馬と展望
  6. エリザベス女王杯 2017 予想
  7. 福島記念 2017 予想
  8. 武蔵野ステークス 2017 予想
  9. デイリー杯2歳ステークス 2017 予想
  10. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサーのデータも

 
エリザベス女王杯はノーザンダンサーの血の重要度が高いレース
中でもノーザンダンサーのクロスを持つ馬が圧倒的に好相性な記事を先日UPしましたが
 
もう1つ近年エリザベス女王杯で好調な血がありまして
それがキングマンボの血
 
 
14年3着 ディアデラマドレ(父キングカメハメハ)
13年1着 メイショウマンボ(父母父キングマンボ)
13年3着 アロマティコ(父キングカメハメハ)
12年3着 ピクシープリンセス(母父キングマンボ)
11年3着 アパパネ(父キングカメハメハ)
10年3着 アパパネ(父キングカメハメハ)
 
キングカメハメハ産駒(父の父がキングマンボ)を中心に
昨年まで5年連続で馬券になってるのが分かります
 
最近ではこの血統が増えて来てるというのも理由にはなるんでしょうが
これは注目したい傾向であることは確かでしょう
 
そして12年・13年は重馬場でも走ってるように馬場関係なく走ってるというのもポイント
 
 
シュンドルボン
タガノエトワール
パワースポット
マリアライト
メイショウマンボ
 
出走馬でキングマンボの血を持ってるのがこの5頭
 
 
その中で母父エルコンドルパサー(その父がキングマンボ)なのが
シュンドルボンマリアライトの2頭
 
どうも週末は天気が崩れそうで馬場もひょっとしたら重・不良までいってしまうかもしれません
そこで母父エルコンドルパサーを取り上げたくなったんですが
 
 
まずエルコンドルパサー自身は初芝で重馬場のNZTを快勝
凱旋門賞も重馬場で2着したように母父Sadler’s Wellsが効いてるのか重い馬場が得意な馬でした
 
【129.124.146.1356】 勝率7.4% 連対率14.4% 複勝率22.7% 単回収値65 複回収値78
これが母父エルコンドルパサーの芝レース全成績
 
【12.7.9.65】 勝率12.9% 連対率20.4% 複勝率30.1% 単回収値74 複回収値121
そしてこれが母父エルコンドルパサーの芝レース重・不良馬場限定の成績
 
 
数字だけなら重・不良になれば期待出来るデータになってますね
しかもエリザベス女王杯が行われる京都で重・不良だと【1.2.2.7】
複勝率41.7%というハイアベレージ
 
馬場が悪くなれば是非とも注目したい血統であります!
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. アイビスサマーダッシュ2015 出走予定馬と先行予想

  2. アイルランドトロフィー2015 予想

  3. 新潟2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

  4. みやこステークス2015 出走予定馬と先行予想

  5. エリザベス女王杯2015 予想

  6. 京都2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る