menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. 府中牝馬ステークス2016 予想
  4. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  5. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  6. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  7. 京都大賞典2016 予想
  8. 有馬記念2015 予想
  9. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  10. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
閉じる
閉じる
  1. 青葉賞2017 出走予定馬と展望
  2. 天皇賞春2017 出走予定馬と展望
  3. フローラステークス2017 予想
  4. マイラーズカップ2017 予想
  5. 福島牝馬ステークス2017 予想
  6. フローラステークス2017 出走予定馬と展望
  7. マイラーズカップ2017 出走予定馬と展望
  8. 東京スプリント2017 予想
  9. 福島牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 皐月賞2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

エリザベス女王杯2015 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜京都メインはエリザベス女王杯2015
 
 
ヌーヴォレコルト、ラキシス、ルージュバック、タッチングスピーチ他20頭が出走予定
 
 
【エリザベス女王杯2015出走予定馬と血統表】
エリザベス女王杯2015出走予定馬
 
リラヴァティ、カノン
この2頭が除外対象になっております
 
 
過去5年の内、12年と13年は重馬場だったエリザベス女王杯
それでも血統傾向は良でも重でもさほど変わらなくて
 
◎ディープインパクト産駒
◎キングマンボ
◎ノーザンダンサーのクロス
◎パワー型ノーザンダンサー
 
この4ついずれかの血を持つ馬の好走が非常に目立ってますね
 
 
昨年の1・2着馬ラキシスとヌーヴォレコルトが今年も揃って参戦
 
ラキシスはディープインパクト産駒でノーザンダンサーのクロスを持ち母父Storm Catがパワー型ノーザンダンサー
京都大賞典0.4差、札幌記念0.2差、宝塚記念0.4差、有馬記念0.2差
近走勝った大阪杯以外でも牡馬混合重賞でずっと差のない競馬をしてるんですよね
今回は昨年のエリザベス女王杯以来の牝馬限定戦なら力上位は明らか
ただ馬券になった過去2年に比べて臨戦過程から蓄積疲労はやや心配な感も(前走マイナス16kgでしたし)
 
ヌーヴォレコルトは母方スピニングワールド×Chief’s Crownがノーザンダンサー配合つまりクロス持ち
前走距離なら同距離>短縮>延長といった図式で
数字的には前走同距離がエリザベス女王杯では最も相性良いので
前走2200mのオールカマーからのローテーションというのは好感
ハーツクライ産駒は京都G1だと【0.6.2.17】で京都2200mは12年以降【1.10.4.42】
どうしても勝ち切るイメージが湧いてこないんですが果たして!?
 
ルージュバックは母父Awesome Againがヴァイスリージェント系なんでパワー型ノーザンダンサー
オークス以来の休み明けになりますがマンハッタンカフェ産駒の芝G1休み明け成績は【0.0.0.9】
これは全て7番人気以下の人気薄ばかりだったので参考にしにくい面もありますが・・・
エリザベス女王杯でもマンハッタンカフェ産駒は【0.0.0.5】
ポテンシャル的には歴代のマンハッタンカフェ産駒の中でもトップクラスだと思うんでデータを弾き返す可能性も
 
 
ウインリバティ
シュンドルボン
タガノエトワール
タッチングスピーチ
ヌーヴォレコルト
ノボリディアーナ
フーラブライド
マリアライト
ラキシス
リメインサイレント
ルージュバック
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの11頭
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. BSN賞2015 予想

  2. デイリー杯2歳ステークス2015 出走予定馬と先行予想

  3. 札幌記念2015 予想

  4. 小倉記念2015 予想

  5. 京成杯オータムハンデ2015 出走予定馬と先行予想

  6. 天皇賞秋2015 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る