menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. 有馬記念2015 予想
  4. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  5. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  6. 秋華賞2016 予想
  7. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  8. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  9. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  10. エプソムカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  2. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  3. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  4. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
  5. 【重馬場対応】馬場悪化可能性大の3日間開催で役に立つかもしれない血統デ…
  6. 【血統データ】ハービンジャー産駒は今開催で積極的に狙うしかない!
  7. セントライト記念2017 出走予定馬と展望
  8. ローズステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 京成杯オータムハンデキャップ 2017 予想
  10. セントウルステークス 2017 予想 印は4頭のみ少点数で仕留めたいレ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

エンプレス杯2017 予想

 
3月1日(水)川崎競馬場ダート2100mで行われるエンプレス杯2017の予想です
 
 
エンプレス杯は牝馬限定戦で行われる地方交流重賞
副称キヨフジ記念とも呼ばれているのがエンプレス杯ですね
 
降雪のため中止になった2012年を除くと2008年以降JRA所属馬が8連勝中
ブランシェクール、タマノブリュネット、ヴィータアレグリア、ワンミリオンス、タイニーダンサー
今年はこの5頭がJRA所属馬としてエンプレス杯に参戦
 
迎え撃つ地方所属馬の一番手は前走TCK女王盃で2着だったリンダリンダになりそう
 
そんなエンプレス杯2017の発走時刻は16:30になっております
 

エンプレス杯2017の見解

 
サンデーとミスプロの血をセットで持つ馬の好走が近年では目立ってますかね
 
あとはヴァイスリージェントやストームバードといった米国型ノーザンダンサー系の血も好調
 
過去4年では3着内12頭中実に10頭が母方にノーザンダンサーの血を持つ馬
 

エンプレス杯2017の予想

 
◎はタマノブリュネットにしました
父はディープスカイでサンデー系種牡馬で母父ジェイドロバリーがミスプロ系
さらに母母父がストームキャットと血統構成はここにズバリと言ってもいいくらい
今回は延長臨戦になりますが延長臨戦の成績は3.5.1.9着
3戦連続外枠→内枠替わりでルメール乗り替わりで前へ行く位置取りショックを期待
 
○は父サウスヴィグラスがミスプロ系のタイニーダンサー
推せるポイントしては母父アサティスがノーザンダンサー系という事
サウスヴィグラスは基本延長より短縮のほうが成績が上なんですが
この馬は延長臨戦が1.1.6.1.2.2着と得意な馬
 
▲ワンミリオンスはこれだけのリズム(3連勝)なら評価せざるを得ないか
父ゴールドアリュールはサンデー系種牡馬
ミスプロの血も米国型ノーザンダンサー系の血も持ってませんが
同じパワー型という括りなら母父Yankee Victorはヘイロー系でパワー型
 

エンプレス杯2017の予想印と買い目

 
タマノブリュネット
○タイニーダンサー
▲ワンミリオンス
△ブランシェクール
×ポッドガゼール
×リンダリンダ
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲△の馬連
◎○ー▲△××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 新潟記念2017 出走予定馬と展望

  2. アンタレスステークス2017 予想

  3. チューリップ賞2017 予想

  4. 京都記念2017 予想

  5. スプリングステークス2017 出走予定馬と展望

  6. 佐賀記念2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る