menu
閉じる
  1. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  2. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  3. エプソムカップ2016 予想
  4. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  5. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  6. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  7. 秋華賞2016 予想
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. ホープフルステークス2016 予想
  10. チャンピオンズカップ2016 予想
閉じる
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望
  2. 中京記念 2017 予想 好走血統を持つ穴馬から
  3. 函館2歳ステークス 2017 予想
  4. 中京記念2017 出走予定馬と展望
  5. 函館記念 2017 予想 本命は人気薄!しかもあの人気馬は軽視
  6. ジャパンダートダービー 2017 予想
  7. 七夕賞 2017 予想
  8. プロキオンステークス 2017 予想
  9. 阿武隈ステークス 2017 予想 本命は買い条件揃った穴馬
  10. スパーキングレディーカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

エプソムカップ2016 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京メインレースはエプソムカップ2016
 
 
怒涛のG1シリーズも一段落し今週は日曜日に2重賞が組まれております
 
その2重賞の内、阪神では牝馬限定戦となるマーメイドステークスがあるんですが
そこには目もくれず!?ルージュバックがエプソムカップに参戦のよう
前走ヴィクトリアマイルでは弾き切れなかったですが得意の1800mで巻き返せるか?
 
 
今年のエプソムカップ出走予定馬は19頭
エックスマークが除外対象になっております
 

エプソムカップ2016の出走予定馬と血統表

 
エプソムカップ2016出走予定馬
 

エプソムカップの血統傾向

 
昨年はワンツースリー決着で上位独占
一昨年も勝ち馬を輩出し12年もワンツーフィニッシュ
ここでもディープインパクト産駒の活躍ぶりが目立ちますね
通算でも【3.2.1.5】複勝率54.5%と好走率もかなり高くなっております
 
あとはダンスインザダークにハーツクライと長距離実績のある種牡馬がよく走ってます
これは欧州ノーザンダンサー系種牡馬も馬券になってるとこからもスタミナ型種牡馬に注目
 
加えてグレイソヴリン・ダンチヒといった血も非常に好相性
 

エプソムカップ2016有力馬の考察

 
ルージュバックはマンハッタンカフェ産駒
過去ヒカルオオゾラがマンハッタンカフェ産駒では馬券になってますが
近年東京1800m重賞では苦戦気味なのが産駒の特徴
母方はパワー配合なんで上で挙げた血を持ってないというのもやや引っ掛ります
 
フルーキーの父Redoute’s Choiceはダンチヒ系
ノーザンダンサー系ではありますがややパワーに寄った感
東京重賞では過去③④⑤着で逆に阪神では①②着なのも頷けるような気も・・
 
ロジチャリスの父はダイワメジャー
スタミナという意味ではちと違うイメージですね
ただ母父Rock of Gibraltarはこのレースにて相性良いダンチヒ系
 

エプソムカップ2016出走予定馬で気になる馬

 
ダービーフィズ
フルーキー
マイネルミラノ
ラングレー
レコンダイト
 
この5頭の中で最も注目してるのがマイネルミラノで次点がラングレー
 
マイネルミラノの父は長距離実績十分のステイゴールド
母父Polish Precedentはダンチヒ系でもあり血統的にはこの舞台にマッチしてる感
 
ラングレーの父はディープインパクト
他にもディープインパクト産駒は居ますがこの馬が近走のリズムが最もいいように思えたので
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. シルクロードステークス2016 出走予定馬と先行予想

  2. 函館2歳ステークス2016 予想

  3. 京成杯オータムハンデ2016 出走予定馬と展望

  4. 札幌2歳ステークス2016 出走予定馬と展望

  5. 京都大賞典2016 出走予定馬と展望

  6. 中山記念2016 血統分析~ポイントは路盤改修

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る