menu
閉じる
  1. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  4. 有馬記念2015 予想
  5. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  6. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  7. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  8. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. 京都大賞典2016 予想
閉じる
閉じる
  1. アーリントンカップ2017 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典2017 予想
  3. フェブラリーステークス2017 予想
  4. 京都牝馬ステークス2017 予想
  5. ダイヤモンドステークス2017 予想
  6. 京都牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  7. ダイヤモンドステークス2017 出走予定馬と展望
  8. フェブラリーステークス2017 出走予定馬と展望
  9. 京都記念2017 予想
  10. 共同通信杯2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

エプソムカップ2016 予想

 
6月12日(日)東京競馬場芝1800mで行われるエプソムカップ2016の予想です
 
 
今年のエプソムカップ1番人気は牝馬のルージュバックに落ち着きそう
同じ日に行われる牝馬重賞(マーメイドステークス)には目もくれずここに参戦
きさらぎ賞から勝利に見放されてますがここで復活の勝利となるでしょうか?
 
ここ3年はフルゲート割れだったエプソムカップですが今年は久々に18頭出走でフルゲート
 
堅く収まるのか?荒れるのか?
なかなか読みにくいレースになりそうですが個人的には前者かと・・
 

エプソムカップ2016の見解

 
ここでもディープインパクト産駒の活躍ぶりが目立ちますね
昨年はワンツースリー決着で上位独占
一昨年も勝ち馬を輩出し12年もワンツーフィニッシュ
通算でも【3.2.1.5】複勝率54.5%と好走率もかなり高くなっております
 
あとはダンスインザダークにハーツクライと長距離実績のある種牡馬がよく走ってますかね
これは欧州型種牡馬(チーフベアハート、スターオブコジーン)も
馬券になってるとこからスタミナ型種牡馬に注目
 
加えてグレイソヴリン・ダンチヒといった血も非常に好相性
 

エプソムカップ2016の予想

 
◎はマイネルミラノにしました
父はステイゴールドなんで産駒には長距離実績ある馬が多数
さらに母父Polish Precedentはダンチヒ系
血統的にはこの舞台にマッチしてる感がありますし
ディープインパクト産駒を含めそこまで斬れる馬が居なそうなんで先行力も活きるかと
 
○はラングレー
ディープインパクト産駒の中でこの馬を最も高評価してみました
やはり近走のリズムが一番ディープインパクト産駒の中ではいいと思えますし
母父Storm Catは昨年1・2着馬と同じでもあります
 
▲はルージュバック
マンハッタンカフェ産駒は過去ヒカルオオゾラが馬券になってますが
近年東京1800m重賞では苦戦気味なのが産駒の特徴
ただ産駒にとってもこの馬にとっても大外枠は絶好かと
マンハッタンカフェ産駒牝馬は8枠の重賞成績が抜群ですし
前走短縮で真ん中の枠から今回延長で大外枠と条件的には苦→楽になるので
 
△はフルーキー
父Redoute’s Choiceはダンチヒ系でややパワーに寄った感
東京重賞では過去③④⑤着で逆に阪神では①②着なのも頷けるような気も・・
 

エプソムカップ2016の予想印と買い目

 
マイネルミラノ
○ラングレー
▲ルージュバック
△フルーキー
×アルバートドック
×ロジチャリス
×ダービーフィズ
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲のワイド(1,020円的中)
◎ー○▲△の3連複(4,550円的中)
◎ー○▲ー×××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 七夕賞2016 出走予定馬と展望

  2. 東京新聞杯2016 予想

  3. ニュージーランドトロフィー2016 予想

  4. 目黒記念2016 出走予定馬と展望

  5. 小倉記念2016 出走予定馬と展望

  6. ラジオNIKKEI賞2016 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る