menu
閉じる
  1. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  2. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  3. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  4. エプソムカップ2016 予想
  5. ホープフルステークス2016 予想
  6. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 京都大賞典 2017 予想
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. エリザベス女王杯2015 キングマンボの血が好調!母父エルコンドルパサ…
閉じる
閉じる
  1. 中山記念2018 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典 2018 予想
  3. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  4. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  5. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  6. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  7. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  8. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  9. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  10. フェブラリーステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ファルコンステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜中京メインレースはファルコンステークス2017
 
 
ファルコンステークスは芝1400mで行われる3歳馬限定重賞でありまして
2012年の中京競馬場リニューアルに伴いこの時期そしてこの距離に落ち着いております
 
ファルコンステークスの見つめる先はNHKマイルカップになると思うんですが
過去5年の3着内馬でNHKマイルカップを好走したのはインパルスヒーローのみ
13年の勝ち馬でそこからNHKマイルカップで2着でした
今年はファルコンステークスから好走馬が出て来るのか!?
 
あとこのレースはとにかく波乱傾向でありまして
1番人気で馬券になったのは14年1着タガノグランパのみ
12年~15年の間は毎年2ケタ人気馬が1頭づつ馬券に絡み
昨年も9番人気シゲルノコギリザメが3着に
 
重賞勝ち馬の参戦がないようなので今年も一波乱あるかもしれませんよ~
 

ファルコンステークス2017の出走予定馬と血統表

 

 
ファルコンステークス2017出走予定馬は17頭(全馬出走可能になっております)
 

ファルコンステークスの血統傾向

 
昨年はアンライバルド→トーセンファントムというサンデー系種牡馬のワンツーフィニッシュ
実はこの種牡馬両方とも父の父がネオユニヴァース
ネオユニヴァース産駒だったアルマエルナトも14年に3着しており
ネオユニヴァースの血を持つ馬はまず注目してみたいですね
 
あとはボールドルーラーノーザンテーストテスコボーイといった
いわゆるスピード持続力に長けた血を持つ馬が割と好相性になるのかなと
 
前走好相性なのは1600m重賞を使ってる馬
それを含めて短縮臨戦または同距離臨戦が好走馬の多数を占めており
延長臨戦は【0.0.1.21】と大苦戦中であります
 

ファルコンステークス2017有力馬の考察

 
ジョーストリクトリの父はジョーカプチーノでサンデー系種牡馬
ここまでジョーカプチーノ産駒は12頭出走してますが新馬戦の成績が非常に良い種牡馬
まだまだ特徴は見つけにくいですが臨戦では延長より短縮or同距離という傾向も
ジョーストリクトリは前走アーリントンカップが1600m重賞で短縮臨戦
キングヘイロー×Topsiderの母方はノーザンダンサー配合
 
コウソクストレートはヴィクトワールピサ産駒で父の父がネオユニヴァース
今回はシンザン記念から間隔を開けての臨戦になりますが(10週)
この10週~25週といったいわゆる休み明けの成績が良くないのがヴィクトワールピサ
アドマイヤコジーン×ゴールデンフェザントの母方はグレイソヴリン配合
 
ナイトバナレットの父はディープブリランテでサンデー系種牡馬
ディープブリランテも新種牡馬で特徴を探すのがなかなか難しいんですが
【3.2.2.10】複勝率41.2%と中京芝コースの成績がいいのが特徴
Favorite Trick×Saratoga Sixの母方は米国配合
 

ファルコンステークス2017出走予定馬で気になる馬

 
エントリーチケット
コウソクストレート
ジョーストリクトリ
ダイイチターミナル
ナイトバナレット
ボンセルヴィーソ
メイショウオワラ
 
この7頭の中で最も注目してるのがエントリーチケットで次点がコウソクストレート
 
エントリーチケットの父はマツリダゴッホ
そのマツリダゴッホはボールドルーラー内包種牡馬で重賞での短縮臨戦の成績がなかなか
今回エントリーチケットはチューリップ賞からの短縮臨戦
スターオブコジーン×タマモクロスの母方はグレイソヴリン配合
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都金杯2017 出走予定馬と展望

  2. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望

  3. セントウルステークス2017 出走予定馬と展望

  4. 東海ステークス2017 予想

  5. ジャパンカップ2017 出走予定馬と展望

  6. アルテミスステークス2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. クイーンカップ 2018 予想
  2. 愛知杯 2018 予想
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

4人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る