menu
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  4. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  5. 秋華賞2016 予想
  6. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  7. チャンピオンズカップ2016 予想
  8. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. 京都大賞典2016 予想
閉じる
閉じる
  1. 中京記念 2017 予想 好走血統を持つ穴馬から
  2. 函館2歳ステークス 2017 予想
  3. 中京記念2017 出走予定馬と展望
  4. 函館記念 2017 予想 本命は人気薄!しかもあの人気馬は軽視
  5. ジャパンダートダービー 2017 予想
  6. 七夕賞 2017 予想
  7. プロキオンステークス 2017 予想
  8. 阿武隈ステークス 2017 予想 本命は買い条件揃った穴馬
  9. スパーキングレディーカップ2017 予想
  10. 七夕賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

ファルコンステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜中京メインレースはファルコンステークス2017
 
 
ファルコンステークスは芝1400mで行われる3歳馬限定重賞でありまして
2012年の中京競馬場リニューアルに伴いこの時期そしてこの距離に落ち着いております
 
ファルコンステークスの見つめる先はNHKマイルカップになると思うんですが
過去5年の3着内馬でNHKマイルカップを好走したのはインパルスヒーローのみ
13年の勝ち馬でそこからNHKマイルカップで2着でした
今年はファルコンステークスから好走馬が出て来るのか!?
 
あとこのレースはとにかく波乱傾向でありまして
1番人気で馬券になったのは14年1着タガノグランパのみ
12年~15年の間は毎年2ケタ人気馬が1頭づつ馬券に絡み
昨年も9番人気シゲルノコギリザメが3着に
 
重賞勝ち馬の参戦がないようなので今年も一波乱あるかもしれませんよ~
 

ファルコンステークス2017の出走予定馬と血統表

 

 
ファルコンステークス2017出走予定馬は17頭(全馬出走可能になっております)
 

ファルコンステークスの血統傾向

 
昨年はアンライバルド→トーセンファントムというサンデー系種牡馬のワンツーフィニッシュ
実はこの種牡馬両方とも父の父がネオユニヴァース
ネオユニヴァース産駒だったアルマエルナトも14年に3着しており
ネオユニヴァースの血を持つ馬はまず注目してみたいですね
 
あとはボールドルーラーノーザンテーストテスコボーイといった
いわゆるスピード持続力に長けた血を持つ馬が割と好相性になるのかなと
 
前走好相性なのは1600m重賞を使ってる馬
それを含めて短縮臨戦または同距離臨戦が好走馬の多数を占めており
延長臨戦は【0.0.1.21】と大苦戦中であります
 

ファルコンステークス2017有力馬の考察

 
ジョーストリクトリの父はジョーカプチーノでサンデー系種牡馬
ここまでジョーカプチーノ産駒は12頭出走してますが新馬戦の成績が非常に良い種牡馬
まだまだ特徴は見つけにくいですが臨戦では延長より短縮or同距離という傾向も
ジョーストリクトリは前走アーリントンカップが1600m重賞で短縮臨戦
キングヘイロー×Topsiderの母方はノーザンダンサー配合
 
コウソクストレートはヴィクトワールピサ産駒で父の父がネオユニヴァース
今回はシンザン記念から間隔を開けての臨戦になりますが(10週)
この10週~25週といったいわゆる休み明けの成績が良くないのがヴィクトワールピサ
アドマイヤコジーン×ゴールデンフェザントの母方はグレイソヴリン配合
 
ナイトバナレットの父はディープブリランテでサンデー系種牡馬
ディープブリランテも新種牡馬で特徴を探すのがなかなか難しいんですが
【3.2.2.10】複勝率41.2%と中京芝コースの成績がいいのが特徴
Favorite Trick×Saratoga Sixの母方は米国配合
 

ファルコンステークス2017出走予定馬で気になる馬

 
エントリーチケット
コウソクストレート
ジョーストリクトリ
ダイイチターミナル
ナイトバナレット
ボンセルヴィーソ
メイショウオワラ
 
この7頭の中で最も注目してるのがエントリーチケットで次点がコウソクストレート
 
エントリーチケットの父はマツリダゴッホ
そのマツリダゴッホはボールドルーラー内包種牡馬で重賞での短縮臨戦の成績がなかなか
今回エントリーチケットはチューリップ賞からの短縮臨戦
スターオブコジーン×タマモクロスの母方はグレイソヴリン配合
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. クイーンカップ2017 予想

  2. きさらぎ賞2017 予想

  3. 阪神牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

  4. アーリントンカップ2017 予想

  5. 七夕賞2017 出走予定馬と展望

  6. ベルモントステークス2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る