menu
閉じる
  1. 京都大賞典2016 予想
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  9. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  10. 愛知杯 2018 予想
閉じる
閉じる
  1. 中山記念2018 出走予定馬と展望
  2. 小倉大賞典 2018 予想
  3. フェブラリーステークス 2018 予想 ◎は穴馬インカンテーションにし…
  4. ダイヤモンドステークス 2018 予想
  5. 京都牝馬ステークス 2018 予想
  6. フェブラリーステークス 2018 血統評価
  7. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望
  8. ダイヤモンドステークス2018 出走予定馬と展望
  9. 京都牝馬ステークス2018 出走予定馬と展望
  10. フェブラリーステークス2018 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

フェブラリーステークス2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京競馬メインレースはフェブラリーステークス2018

フェブラリーステークスはダート1600mで行われる国内上半期のダート最強馬決定戦
いよいよ今年度のG1シリーズがこのレースからスタートになります

昨年はゴールドドリームが勝ち初G1制覇となったわけですが今年もきっちりと参戦
昨年のチャンピオンズカップ1着以来となりますがG1連勝そして連覇となるのか?

そのゴールドドリームにチャンピオンズカップで惜しくも敗れたテイエムジンソクも出走
”打倒ゴールドドリーム!”で初G1制覇を飾れるか?

アウォーディー(JBCクラシック)
ケイティブレイブ(川崎記念、帝王賞)
サウンドトゥルー(チャンピオンズカップ、JBCクラシック、東京大賞典)
ニシケンモノノフ(JBCスプリント)
ノンコノユメ(ジャパンダートダービー)
ベストウォーリア(南部杯)
ララベル(JBCレディスクラシック)
レッツゴードンキ(桜花賞)

ゴールドドリーム含めG1勝ち馬が9頭という豪華メンバーになりそうですよ
 
 
【お知らせです】(Twitterより)


PR

【フェブラリーS】大きく狙える3頭を◎○▲1点無料で教えます!!
 

出走予定馬と血統表

 

これがフェブラリーステークス2018出走予定馬24頭の3代血統表(フルゲートは16頭)

ノボバカラ
モンドクラッセ
サイタスリーレッド
アスカノロマン
カフジテイク
コパノチャーリー
コスモカナディアン
ヒデノインペリアル

この8頭が除外対象になっております

昨年1番人気3着で出走してくれば有力視されるであろうカフジテイクが除外対象に
特に前走の根岸ステークスで賞金加算が出来なかったのが響いた感じ
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるフェブラリーステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

◆ゴールドアリュール
◆エーピーインディ系
◆ヴァイスリージェント系
◆母父ミスプロ系

これらの血を買っておけばとりあえず当たりに近づけるはず!!(笑)
それ位にここでは相性の良い血という事になります

あともし馬場が湿るようであればよりヴァイスリージェント系の血は要注意
それに加えてヴァイスリージェントと同じグループであるストームキャット系の血も

という事で基本的には米国志向の強いレース傾向になるのかなと

ゴールドドリーム(母父フレンチデピュティ、母母父Cox’s Ridge)
ベストウォーリア(父Majestic Warrior、母父Mr. Greeley)
モーニン(父Henny Hughes、母父Distorted Humor)
アスカノロマン(父アグネスデジタル、母父タバスコキャット、母母父Deputy Minister)
インカンテーション(父シニスターミニスター、母父Machiavellian)

さらに近3年の3着内馬で人気より着順が上だった馬の血統構成を眺めると
上で挙げた血に含めて米国の血が強調されてる馬がいいですかね
(1番人気で3着内だったカフジテイクにノンコノユメの血統構成も米国血統強調型)
米国はパワーとスピードつまり血統的には前向きさが重要になると考えたいです

前走では基本好走してる馬が馬券になるケースが多いのでリズムは非常に重要な気も
前走で着順が悪い馬が巻き返すのは短縮臨戦のみと言っていいほど
 
 
宜しければ応援クリックポチっとお願いします→
 

テイエムジンソクが走ったレースの血統傾向にはある特徴が!?

 
今回ゴールドドリームと同等?もしくはやや上の1番人気に推されそうなのがテイエムジンソク
基本的に前々で競馬する馬ですからレースの圧はかなり前に掛かりそうでありますが
実はこの馬が走った近走のレースを見ていくと馬券になった馬は共通点があったりするんです
(東海ステークスの記事でも書きましたがちょっと再考してみました)
 
 
18東海S

17チャンピオンズカップ

17みやこS

17エルムS

17マリーンS

17大沼S

17東大路S

これが明らかに本格化した昨年の東大路S以降におけるテイエムジンソクが走った時の1~3着馬の血統

デピュティミニスターの血をよく相手に連れてきているというのもあるんですが
(シニスターミニスター、カネヒキリ、カジノドライヴの父たちもデピュティミニスター内包種牡馬)

最も注目したいのはサンデー系の血
全てのレースで相手に連れてきておりしかもそのどれもが4番人気以下の人気薄であります
そしてコパノリッキーとモルトベーネ以外は全てレースで上がり3位以内の脚を使ってた馬

テイエムジンソクが前で圧を掛ける分だけ
速い上がりを使える馬=サンデーの血が食い込みやすくなるという仮説を立てるのも面白そう
 
テイエムジンソクが支配するレースではこんな血統馬が結果を出しやすくなる
こんな考え方もありなのかもしれませんよ

 
 
 
PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのはフェブラリーS


的中に特化した予想。
2月10日(土)単勝95.8%、三連単37.5%という高水準を過去4年にもわたり保ち続ける予想データ。
このデータを使って、G1フェブラリーS、小倉大賞典、ダイヤモンドS、京都牝馬Sをひも解いて予想します。
このデータは無料会員になればだれでも今週から見れますので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。
フェブラリーS

今週末一番の的中率に期待できるレースです。
というのは、過去3年、指数1位と2位の予想馬が馬券に絡んでいます。
指数1位と2位で馬券を組み立てるだけで、複勝、ワイドが的中。まずこれだけで安定的に勝てますね。
最も取りたいのは3連単。
2017年から過去3年で見ると、4位予想馬、6位予想馬、7位予想馬が馬券に絡んでいます。
この3頭の共通点を見つければ3連単を十分狙えるレースです。
週末までにじっくり研究したいと思いますが現時点でわかっていることは【2014年1着馬以外、すべて指数値30以下で馬券決着】
今週末はフェブラリーSが一番勝ちやすいレースだと思います。
みなさんも週末までにこの指数について少し調べてみてください。

また、フェブラリーSの予想については、サイト運営者北条氏のブログにて日曜日昼に無料公開されますの。楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

小倉大賞典
ダイヤモンドS
京都牝馬S

この3レースの予想が難しい。
この中だったら、ダイヤモンドSが予想しやすいかなぁ。と思いますが、それでも直近2017年成績がいまいちです。
指数1位~3位までの馬が馬券に絡むことは間違いないのですが、馬券内3頭を絞り込むにはもっと分析が必要になります。
しかし、一つだけ予想のヒントとしてあるデータを見つけました。
それは【穴馬発見法】です。この指数データとオッズを組合せて発見します。

例年穴馬の好走が見られますが、オッズの変動でその隠れた馬を見抜ける可能性があります。
指数というのは【全頭の全レースの情報から強い馬の順位を付ける】
しかし僕はここに欠点があると思っています。
その欠点とは【距離適性バッチリの穴馬見落とし】です。

総合評価、つまり全レースで見ると弱いけど、1,800mだけは強い。そんな穴馬たまにいますよね。
オッズだけ見てもこれは正直わからないです。穴馬探しで全頭チェックするのも大変な作業です。
そこで、いい例が小倉大賞典の昨年1着馬マルターズアポジー。
指数14位予想と評価が低いのに、4人気とオッズでは高評価。矛盾が起きました。

どういうことだ?と疑問がうまれマルターズアポジーだけの前レース情報を調べてみました。
すると、2016年2500mの有馬記念で15位と大敗。その前走福島記念G3や、秋風Sなどでは7人気以下にも関わらず1着。
つまり、距離適性は1600m~1800mの馬。G1競争で勝てるほどの実力はないが、G3や特別戦では1着になれるほどの馬とみます。
結果【マルターズアポジー:1800mのG3小倉大賞典は一番力をだせるレース→1着】
ちょっとしたオッズの変化は簡単に気づけません。
しかしこの指数と連携することにより【全体的に見て弱い馬でも、そのレースだけ、ピンポイントで強い馬】を導きだすことができます。

※1点だけ注意
この予想方法で惑わされるのが、大口投票でのオッズ変化です。
大口が入る理由は、調教がすごいよかったなど色々な理由がありますよね。しかしそれは強い馬とは言いきれません。
弱い馬の調教がよくても、いざレースとなると強い馬に勝つのは難しい。
この指数サイトの馬柱の馬名をクリックすると競走馬データが見れますので、適正距離を調べるときに使ってみて下さい。

今週末は重賞4鞍。とても楽しみな週末です。
ぜひこの指数を参考にしてみてください。
⇒ こちら

 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. きさらぎ賞 2018 予想

  2. きさらぎ賞2018 出走予定馬と展望

  3. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望

  4. 中山記念2018 出走予定馬と展望

  5. 共同通信杯2018 出走予定馬と展望

  6. 小倉大賞典2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. クイーンカップ 2018 予想
  2. 愛知杯 2018 予想
  3. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  4. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  5. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

4人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る