menu
閉じる
  1. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  2. 府中牝馬ステークス2016 予想
  3. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  4. エプソムカップ2016 予想
  5. 京都大賞典2016 予想
  6. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  7. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  8. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  9. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  10. 秋華賞2016 予想
閉じる
閉じる
  1. アイビスサマーダッシュ2017 出走予定馬と展望
  2. 中京記念 2017 予想 好走血統を持つ穴馬から
  3. 函館2歳ステークス 2017 予想
  4. 中京記念2017 出走予定馬と展望
  5. 函館記念 2017 予想 本命は人気薄!しかもあの人気馬は軽視
  6. ジャパンダートダービー 2017 予想
  7. 七夕賞 2017 予想
  8. プロキオンステークス 2017 予想
  9. 阿武隈ステークス 2017 予想 本命は買い条件揃った穴馬
  10. スパーキングレディーカップ2017 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

フェブラリーステークス2016 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜東京メインはフェブラリーステークス2016
 
 
ノンコノユメ、モーニン、ベストウォーリア、コパノリッキー他計20頭が出走予定
 
 
【フェブラリーステークス2016出走予定馬と血統表】
フェブラリーステークス2016出走予定馬
 
サノイチ、サージェントバッジ、プロトコル、ゴールデンバローズ
この4頭が除外対象になっております
 
 
まず出走馬の顔触れを見て思ったのは父ミスプロ系(キングマンボを除く)の馬が多いこと→8頭
8頭全て出走の可能性もあって
全馬出てくれば出走馬の半分を占めるという事になりこれはポイントになりそう
というのもフェブラリーステークスでミスプロ系種牡馬は意外にも不振なんですよね
 
そしてこのレースで相性良い種牡馬の系統は
 
サンデー系
エーピーインディ系
キングマンボ系
米国型ノーザンダンサー系
ロベルト系
 
母方はミスプロの血を持つ馬に注目ですかね(近2年3着内6頭中5頭が該当)
 
 
ノンコノユメは前走チャンピオンズCで最内枠がどうか?と思いましたが内を突いて2着
今回はベストとも思える東京1600mダート替わりはプラスでしょうか
ただ血統的には父トワイニングがミスプロ系なんでそこだけが引っかかります
 
モーニンの父Henny Hughesは米国型ノーザンダンサー系
Henny Hughes産駒は短縮臨戦の数字がいいので前走(根岸S)がまさにそれでした
今回は延長臨戦になりますし当レースの延長臨戦馬の成績もイマイチなのが・・・
 
ホッコータルマエはまだ出否未定
父キングカメハメハはキングマンボ系で母母父Unbridledがミスプロ系
一昨年2着馬ですし血統的には合ってるので出走してくればそれなりの評価が必要か
 
 
ノンコノユメ
ベストウォーリア
ホッコータルマエ
ホワイトフーガ
モーニン
ロワジャルダン
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの6頭
 
 
この中で最も注目してるのがホワイトフーガで次点がベストウォーリア 
 
ホワイトフーガは父クロフネが米国型ノーザンダンサー系
勝ち切れるとまでは言いませんが。。2・3着ならと期待してるんです
母母父にミスプロの血を持ち短縮臨戦の数字が圧倒的にいいレース傾向の中での短縮臨戦
 
逆にベストウォーリアは延長臨戦というのがネック
ただその前走は内伸び馬場のところ外からジリジリと伸びて3着
今回は適距離で父がエーピーインディ系なのは好材料になります
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ダイヤモンドステークス2016 出走予定馬と先行予想

  2. マーキュリーカップ2016 予想

  3. 香港カップ2016 予想

  4. スワンステークス2016 予想

  5. マイルチャンピオンシップ南部杯2016 予想

  6. ヴィクトリアマイル2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る