menu
閉じる
  1. チャンピオンズカップ2016 予想
  2. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  3. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  4. 京都大賞典 2017 予想
  5. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  6. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  7. エプソムカップ2016 予想
  8. 府中牝馬ステークス2016 予想
  9. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  10. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
閉じる
閉じる
  1. 菊花賞 2017 予想 台風により重い馬場に不良道悪を当然想定
  2. 富士ステークス 2017 予想 重馬場対応ですねやはり
  3. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  4. 富士ステークス2017 出走予定馬と展望
  5. 菊花賞2017 出走予定馬と展望
  6. 秋華賞 2017 予想 重い馬場になる事に賭けた本命
  7. 府中牝馬ステークス 2017 予想
  8. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  9. 府中牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望
  10. 秋華賞2017 出走予定馬と展望
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

フィリーズレビュー2016 出走予定馬と先行予想

 
今週日曜阪神メインはフィリーズレビュー2016
 
 
キャンディバローズ、アットザシーサイド、クードラパン、ナタリーバローズ他計26頭が出走予定
 
 
【フィリーズレビュー2016出走予定馬と血統表】
フィリーズレビュー2016出走予定馬
 
以下の馬が抽選対象馬になっております(9/17)
エイシンピカソ、エターナルユース、エリシェヴァ、オウケンビリーヴ、カネトシブレス
クリノラホール、サルドナ、ソルヴェイグ、ダイアナヘイロー、タガノヴィアーレ
ダンツロビン、ナタリーバローズ、ペプチドサプル、ライディングハイ
リボンフラワー、リルティングインク、ワンスインナムーン
 
 
昨年そして3年前は父サンデー系がワンツーを決めたフィリーズレビューでありますが
基本的には父サンデー系の期待値はさほどでもなく
非父サンデー系も十分期待出来るレース傾向になっております
 
そんな非父サンデー系で注目なのはパワー型種牡馬を持つ馬
昨年・一昨年と父フォーティナイナー系が馬券になってますし
エスメラルディーナ・ティズトレメンダスといったパワーに長けた米国産馬も馬券に
 
あとは米国型ノーザンダンサー系母方にボールドルーラーの血を持つ馬もなかなか
 
 
人気に推されそうなキャンディバローズですがディープインパクト産駒なんでサンデー系
ディープインパクト産駒はこのレース【0.0.0.5】と不振ですがディープだけに跳ね返す予感も・・
母母父Capoteはボールドルーラ系
 
アットザシーサイドはキングカメハメハ産駒
キンカメ産駒は芝重賞だと間隔が開けば開くほどに成績が上がる傾向なんで休み明けは良さそう
ただキンカメ産駒の1400m重賞は他の距離に比べると数字的には最も奮わない条件
 
 
オウケンビリーヴ
キャンディバローズ
ダイアナヘイロー
ペプチドサプル
ボーダレス
メイショウスイヅキ
リボンフラワー
ワンスインナムーン
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの8頭
 
 
この中で最も注目してるのがメイショウスイヅキで次点がリボンフラワー 
 
メイショウスイヅキの父パイロはエーピーインディ系なんでパワー型種牡馬
母母父Vice Regentも米国型ノーザンダンサー系と相性良い血をダブルで持ってるのは強みでしょう
 
リボンフラワーはディープインパクト産駒ですが母母父General Meetingがボールドルーラー系
前走千両賞3着は牡馬混合戦でしたがロジクライ・レインボーラインと2頭後に重賞勝ち馬が出てます
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 東風ステークス2016 予想

  2. 凱旋門賞2016 予想

  3. ステイヤーズステークス2016 予想

  4. スプリングステークス2016 予想

  5. ターコイズステークス2016 出走予定馬と展望

  6. 菊花賞2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  2. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  3. 京都大賞典 2017 予想
  4. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  5. ホープフルステークス2016 予想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る