menu
閉じる
  1. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  2. エプソムカップ2016 予想
  3. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  4. 秋華賞 2017 血統評価 有力馬含む出走馬全頭編
  5. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  6. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  7. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編
  8. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  9. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編
  10. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
閉じる
閉じる
  1. 日本ダービー 2018 血統評価 出走馬18頭全馬編
  2. 目黒記念2018 出走予定馬と展望
  3. 葵ステークス2018 出走予定馬と展望
  4. 日本ダービー2018 出走予定馬と展望
  5. オークス 2018 予想 本命は人気でも2冠期待でアーモンドアイ
  6. 平安ステークス 2018 予想 素直に?テイエムジンソク本命
  7. オークス 2018 血統評価 出走馬18頭全頭編
  8. 平安ステークス2018 出走予定馬と展望
  9. オークス2018 出走予定馬と展望
  10. ヴィクトリアマイル 2018 予想 甦れレーヌミノル!母方の血に惹かれ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

フローラステークス2018 出走予定馬と展望

 
今週日曜東京競馬メインレースはフローラステークス2018

フローラステークスは芝2000mで行われる3歳牝馬による重賞でありまして
5月に行われるG1オークスへ向けてのトライアルレース
昨年までは3着までの馬にオークスへの優先出走権が与えられておりましたが
今年から2着までに付与という事で改められてます

過去5年の勝ち馬の顔触れは
デニムアンドルビー、サングレアル、シングウィズジョイ、チェッキーノ、モズカッチャン
モズカッチャン&チェッキーノが2着、デニムアンドルビーが3着
2年続けてオークスへの連対馬がここから出てるように繋がってはいるものの
勝ち馬までは誕生してないというのが現状ですね

サトノワルキューレ
サラキア
レッドベルローズ
オハナ
センテリュオ
上位人気が予想されるこの5頭はディープインパクト産駒
まさにディープの運動会となるのかどうか?

この5頭以外ではノームコア、レーツェル、ヴェロニカグレース、ウスベニノキミ等が登録
 

出走予定馬と血統表

 

これがフローラステークス2018出走予定馬21頭の3代血統表(フルゲートは18頭)

オハナ
サトノワルキューレ
ディアジラソル
デュッセルドルフ
ノームコア
レッドベルローズ
レーツェル
この7頭は出走を確定させております

アストラサンタン
ヴェロニカグレース
ウスベニノキミ
オスカールビー
カーサデルシエロ
ガールズバンド
サラキア
ジョリルミエール
センテリュオ
ノーブルカリナン
パイオニアバイオ
ハイヒール
ファストライフ
ラブラブラブ
そしてこの14頭が残り11頭の出走枠を巡って抽選対象になっております
 

レースの血統傾向

 

これは過去10年におけるフローラステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

ディープインパクト産駒は13年にワンツーフィニッシュ(稍重馬場)
16年にもアウェイクが13番人気3着と走ってはいますが・・
昨年はフローレスマジックが2番人気3着と人気より着順が下回り
ビッシュやイサベルが人気を裏切ってる事実もあるのでそこまで全幅の信頼とまではいかない気も

昨年はハービンジャー産駒のワンツーフィニッシュ
ステイゴールド産駒も複数穴を開けてるので種牡馬は欧州型やスタミナ型が良さそうではあり
ただこれに関してはバラつきも見られるので参考程度に

17年12番人気1着 モズカッチャン(母母父Storm Cat系)
17年10番人気2着 ヤマカツグレース(母父ロベルト系、母母父デピュティミニスター系)
16年13番人気3着 アウェイク(母父ミスプロ系、母母父ロベルト系)
15年2番人気1着 シングウィズジョイ(母父ロベルト系)
14年6番人気2着 ブランネージュ(父ロベルト系、母父デピュティミニスター系)

あとは母方を中心にロベルトや米国型ノーザンダンサー系といったパワータイプの血が好調
配合的にもパワーが強調されてる馬は積極的に狙えそうであります

そして基本的にこのレースはリズム重賞
特に前走君子蘭賞連対馬は12年以降【2.2.1.0】と相性抜群であります
 

桜花賞&皐月賞で結果出ず・・ディープインパクト産駒も徐々に終焉の時?

 
先日の皐月賞はワグネリアン&キタノコマンドール
そして桜花賞では6頭出走しましたがトーセンブレスの4着が最高
世間でもだいぶ言われてますがこれだけなら
「さすがにディープ産駒の力も落ちつつあるのか?」と私自身も考える所もありますが・・
 
 

これが現3歳世代における重賞クラス別成績

この数字だけ見ればG2・G3ならまだまだ信頼出来そうなんですよね
 
 

これはディープ産駒の芝重賞における主要競馬場での全成績(16年以降)

長い直線で斬れを活かすというのは今や昔!?
実は近年だと東京での複勝率はまずまずも勝率・連対率は中山より悪いんです
 
 
では・・比較という意味で
 
 

これはディープ産駒の芝重賞における主要競馬場での全成績(デビュー~15年まで)

どうです!?東京の数字特に勝率・連対率が明らかに悪くなってるのが分かると思います
加えて京都の数字も悪くなってますし
逆に中山の数字が良くなってるのと阪神の成績が変わらないというのが浮かび上がってきます
 
推測ですがこれはディープ産駒にパワータイプが増えてきた証明とも言えそう

まとめると

今回上位人気が形成されそうなディープインパクト産駒でありますが
◎は打たないスタンスで臨んでみようかなと
2月に行われた世代重賞であるクイーンCでも5頭出走し2.3着には来ましたが勝てずでしたし

今週から始まる東京開催でのディープインパクト産駒が
古馬も含めて重賞でどんな走りをするのか?検証も兼ねて見届けていきたいと思います
 

現時点で注目してる馬は?

 
ノームコア(父ハービンジャー、母父デピュティミニスター系)
パイオニアバイオ(父ルーラーシップ、母母父デピュティミニスター系)
パッと見で目がいったのはこの2頭ですね

センテリュオ(前走君子蘭賞2着)
レッドベルローズ(母父ミスプロ系、母母父Storm Cat)
ディープインパクト産駒ならこの2頭
 
 
そして現時点で最も注目してる馬は→ヴェロニカグレース

父は問題ないでしょうし母方の配合は傾向とは合致しないかもしれませんが東京でこそか!?
実際この馬の一族の東京成績は抜群でありますし
前走は少頭数で外を回す競馬で3着と内容的には集中し切れなかった感もあり
父からして反応出来そうな所で走れなかった前走のこの内容なら
これは走りそうなほうの部類の父の産駒になるんじゃないかと
ですから逆に馬込みで辛抱させ集中力を高めたほうがいいタイプかもしれないし
多頭数でどんな走りをするか抽選対象ではありますが見てみたい馬
我慢して我慢して最後の直線でという競馬のほうがいい脚を使えるかなと
従って長い直線の東京コースでチャンスと考えたい気も
 
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 皐月賞2018 出走予定馬と展望

  2. 金鯱賞2018 出走予定馬と展望

  3. アンタレスステークス 2018 予想 穴馬アルタイルで勝負

  4. 小倉大賞典 2018 予想

  5. ヴィクトリアマイル 2018 血統評価 出走馬18頭全馬編

  6. 大阪杯2018 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 皐月賞 2018 予想 重い馬場だとしてもジェネラーレウーノ本命
  2. フィリーズレビュー 2018 予想 穴馬リバティハイツから勝負
  3. クイーンカップ 2018 予想
  4. 愛知杯 2018 予想
  5. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読ボタンを押せば、当ブログの更新お知らせをメールで受信できます(もちろん無料です)

11人の購読者に加わりましょう

■管理人 menk(メンク)

血統(3代)に特に拘って書いております。予想ツールは「TARGET frontier JV」。Mの法則只今勉強中の身。名前に関しては、以前尊敬していた予想家さんの名前を一部拝借したのと家族のイニシャルを組み合わせて考え付いたもの。読み間違えをされてしまう事はこれまでほぼありません^^

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る