menu
閉じる
  1. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  2. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  3. エプソムカップ2016 予想
  4. ヴィクトワールピサ産駒 血統データ 休み明けは苦戦!2000mは高数字…
  5. チャンピオンズカップ2016 予想
  6. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  7. ホープフルステークス2016 予想
  8. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  9. 府中牝馬ステークス2016 予想
  10. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
閉じる
閉じる
  1. オールカマー 2017 予想
  2. 神戸新聞杯 2017 予想 本命はレイデオロではなくあの馬
  3. 中山メインセプテンバーステークスなど2017年9月23日土曜の競馬予想…
  4. オールカマー2017 出走予定馬と展望
  5. 神戸新聞杯2017 出走予定馬と展望
  6. セントライト記念 2017 予想 重い馬場も考慮しつつロベルト重視で
  7. ローズステークス 2017 予想 重馬場想定で組み立てました
  8. 中山メインラジオ日本賞など2017年9月17日日曜の競馬予想
  9. 中山メインレインボーステークスなど2017年9月16日土曜の競馬予想
  10. 【重馬場対応】馬場悪化可能性大の3日間開催で役に立つかもしれない血統デ…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

フラワーカップ2016 予想

 
 
3月21日(月)中山競馬場1800mで行われるフラワーカップ2016の予想です
 

フラワーカップの見解

改修後の中山1800m重賞ではディープインパクト産駒の複勝率が高く
昨日同距離重賞になるスプリングステークスでもディープインパクト産駒がきっちり馬券に
ここも2頭出てるので注目に値するとは思うんですが・・
2頭ともディープインパクト産駒にしてはリズム(臨戦過程)に疑問
前走掲示板(6着以下)を外した馬は【0.0.0.4】
やや割り引いて考えるべきなのかもしれません
 
ならば改修後の中山重賞特に2000m以下でほぼ2頭に1頭は馬券になってる
キングカメハメハ産駒に目が行きます
 
あとは昨年の勝ち馬アルビアーノが米国産馬だったのようにパワーに長けた血を持つ馬
これはフラワーカップの伝統的にも要注目
 

フラワーカップの予想

◎はフェイズベロシティ
父は改修後の中山重賞特に2000m以下で好調なキングカメハメハ
キングカメハメハ×スペシャルウィークの配合はリオンディーズ・クラリティシチーと同じ
共に中山重賞で実績を残しております
2走前の1・2着馬が後に重賞で馬券になっておりある程度のポテンシャルはあるかと
 
○はゲッカコウ
父はパワー型種牡馬のロージズインメイ
昨年1着のアルビアーノの父Harlan’s Holidayはストームキャット系
それ以前もブライアンズタイム産駒が2年連続で馬券になったりシンボリクリスエスも馬券に
伝統的にパワー型種牡馬が走れそうな傾向であるので
 
▲はギモーヴ
ハービンジャーが重賞で馬券になるのは前走から間隔開けてるor前走同距離臨戦
ギモーヴは前走から間隔開けてるのでクリア(昨日のドレッドノータスは沈みましたが)
昨年2着のアースライズの母父Cape Crossがハービンジャー同様に欧州の流れを汲むダンチヒ系
アルビアーノも母母父ダンチヒでしたがダンチヒの血もこのレース相性良いんです
母父アグネスタキオンは父としてこのレース2勝
 

フラワーカップの予想印と買い目

フェイズベロシティ
○ゲッカコウ
▲ギモーヴ
△アオイサンシャイン
△ペルソナリテ
×ラブリーアモン
×ルフォール
×エンジェルフェイス
 
買い目は
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△△の3連複
◎ー○▲ー×××の3連複
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 阪神大賞典2016 予想

  2. 東京新聞杯2016 母方に欧州血統もしくはロベルトの血を持つ馬に…

  3. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ

  4. エリザベス女王杯2016 予想

  5. ラジオNIKKEI賞2016 血統データ~穴馬は偏った血統構成馬…

  6. ステイヤーズステークス2016 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る