menu
閉じる
  1. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  2. 菊花賞 2017 血統評価 重たい馬場も多少想定した出走馬全頭編
  3. エプソムカップ2016 予想
  4. 新潟記念2015 母父フレンチデピュティのデータ
  5. 毎日王冠 2017 予想 ディープ産駒を中心視
  6. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  7. 京成杯オータムハンデ2015 中山1600m傾向に変化あり!?
  8. ホープフルステークス2016 予想
  9. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
  10. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
閉じる
閉じる
  1. 東海ステークス2018 出走予定馬と展望
  2. アメリカジョッキークラブカップ2018 出走予定馬と展望
  3. 日経新春杯 2018 予想
  4. 京成杯 2018 予想
  5. 愛知杯 2018 予想
  6. 日経新春杯2018 出走予定馬と展望
  7. 愛知杯2018 出走予定馬と展望
  8. シンザン記念 2018 予想 多少は重い馬場になる事も想定
  9. フェアリーステークス 2018 予想 2歳冬~3歳春中山マイルディープ…
  10. 中山金杯 2018 予想
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

府中牝馬ステークス 2017 予想

 
10月14日(土)東京競馬場で行われる府中牝馬ステークス2017の予想です
 
 
府中牝馬ステークスは芝1800mで行われる牝馬限定の重賞レース
来月に行われる牝馬限定G1エリザベス女王杯の前哨戦となる位置付けでありまして
このレースの1着馬にはエリザベス女王杯の優先出走権が与えられております

昨年はここを勝ったクイーンズリングが勢いそのままにエリザベス女王杯を制覇
確か近年では府中牝馬ステークス→エリザベス女王杯と連勝した馬は居なかった筈だけに
クイーンズリングの勝利が新しい流れを作り出してるかもしれませんよ~

今年はそのクイーンズリングが連覇を狙って出走予定
ヴィクトリアマイル勝ちのアドマイヤリード
昨年の秋華賞馬で今年海外G1(ドバイターフ)を制したヴィブロス
G1馬はこの3頭が出走し人気もそのまま上位人気に推されそう
 
その3頭以下の人気は
ワンブレスアウェイ、クインズミラーグロ、クロコスミア、デンコウアンジュの順

そんな府中牝馬ステークス2017の発走時刻は15:45になっております
 

レースの見解はこう考えました

 

これは過去10年における府中牝馬ステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

サンデー系×ノーザンダンサー系
ノーザンダンサー系×サンデー系
この配合馬の好走が非常に目に付くのが大きな特徴ではないでしょうか

これを見ると当然ながらノーザンダンサー系の血を父もしくは母父に持つ馬がかなりの好相性
本日は馬場状態も気になる所ですが
良馬場でもこれだけ走ってるんですから馬力やタフさに定評のある血でもありますし
湿ればよりこの血が活きる可能性も十分

ディープインパクト産駒が5年続けて馬券になってるんですが
スマートレイアーは3年連続で1番人気に支持されるも勝ち切れず
ドナウブルーは1番人気だった12年は3着
人気より着順が下というケースが多いのでそこまで信頼出来る存在ではないのかも

という事で昨年こそサンデー系種牡馬で上位独占となりましたが
非サンデー系種牡馬にもチャンスは大いにあるような気がしてます
実際12.14.15年は2頭づつ馬券に絡んでますから
 

府中牝馬ステークス2017の予想

 
◎はデンコウアンジュにしました
父メイショウサムソンはサドラーズウェルズ系でノーザンダンサー系種牡馬
どこまで馬場が悪くなるか分かりませんが重・不良の産駒成績は抜群なのがメイショウサムソン
同じ父であるキンショーユキヒメという手もあったんですが
メイショウサムソンは前走条件戦→重賞というアップ臨戦はからっきしダメ
デンコウアンジュは牡馬混合のエプソムカップからですからまあこっちのほうかと
母方マリエンバード×サンデーの配合がノーザンダンサー×サンデー
 
○はクイーンズリング
昨年の勝ち馬でこのレース相性良いマンハッタンカフェ産駒でサンデー系種牡馬
近3走の着順こそ奮いませんがいずれもが根幹距離でのもの
前走ヴィクトリアマイルは0.4差だったのでそう悲観するほどでもないのかも
今回は得意の非根幹距離ですしリフレッシュされてれば昨年の再現も十分
外枠なら本命だったでしょうが・・
母父Anabaaはダンチヒ系なんでノーザンダンサー
つまりサンデー×ノーザンダンサーの配合という事になりますし
 
▲はワンブレスアウェイ
父ステイゴールドがサンデー系種牡馬で母父Storm Catがノーザンダンサー系
つまりサンデー×ノーザンダンサー配合であります
タガノエリザベート、キャットコイン、ロックディスタウン
姉弟は早い時期の重賞を制してますがこの馬は叩き上げのような成績
初重賞でアップ戦ならステイゴールドですし手は出したくなりますね
 
バンゴールは父が非サンデー系種牡馬のキングカメハメハ
そして母方がノーザンダンサー×サンデー配合
母父クロフネ=ヴァイスリージェント系
このヴァイスリージェントの血が実は府中牝馬ステークスで相性抜群なんです
今回前走1600万からのアップ戦で過去2度の重賞は掲示板以下だったものの0.3と0.5差
前走はプラス10㎏でハクサンルドルフ&フロンテアクイーンという骨っぽい相手に快勝
ちょっと本格化の香りも感じたのでアップでも違った結果を期待

×ヴィブロスは今回唯一の出走となるディープインパクト産駒
ドバイターフからの休み明けでの臨戦になりますがそのドバイターフはモレイラの神騎乗でV
今回は福永ではなくルメールにスイッチでしかも天栄戻りという走れる配置
ただ外厩的にはしがらき【1.1.0.1】天栄【0.1.0.1】という成績ではあり
サンデー×ノーザンダンサーの配合ではなくサンデー×ミスプロ配合ではあるんですが
欧州ノーザンダンサーであるヌレイエフを母母父に持ってはいます

×トーセンビクトリーは父キングカメハメハが非サンデー系種牡馬
キンカメ×サンデー配合は先週でも穴を開けてたように東京1800mで要注意
このレースでもキンカメ×サンデーのディアデラマドレが勝ってますし

×キンショーユキヒメは◎デンコウアンジュと同じメイショウサムソン産駒
ノーザンダンサー×サンデーの配合なんで条件戦からのアップは気になるものの押さえ
 

予想印と買い目

 
デンコウアンジュ
○クイーンズリング
▲ワンブレスアウェイ
△バンゴール
×ヴィブロス
×トーセンビクトリー
×キンショーユキヒメ

買い目は
◎の単
◎ー○▲△の馬連
◎ー○▲のワイド
◎○ー▲△×××の3連複
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 京都記念2017 出走予定馬と展望

  2. 七夕賞 2017 予想

  3. 天皇賞秋 2017 血統評価 出走馬全頭編

  4. 京成杯2017 予想

  5. 知立特別2017 予想

  6. 安田記念2017 出走予定馬と展望

おすすめ記事

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  2. チャンピオンズカップ 2017 血統評価 枠順別全頭編
  3. ジャパンカップ 2017 血統評価 外国馬含む出走馬全頭編
  4. マイルチャンピオンシップ 2017 血統評価 出走馬全頭編
  5. エリザベス女王杯 2017 血統評価 出走馬全頭編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る