menu
閉じる
  1. 七夕賞2016 勝ち馬が絞れてしまう血統データ
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  4. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  5. スプリンターズステークス2015 人気の一角ベルカントの血統評価
  6. セントライト記念2015 前走条件戦組で好走するならこの血統馬
  7. 秋華賞2016 予想
  8. 京都大賞典2016 予想
  9. エプソムカップ2016 予想
  10. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
閉じる
閉じる
  1. 北九州記念2017 出走予定馬と展望
  2. ブリーダーズゴールドカップ 2017 予想
  3. サマーチャンピオン 2017 予想
  4. 札幌記念2017 出走予定馬と展望
  5. クラスターカップ 2017 予想 人気馬中心ですが3頭目に穴馬をチョイ…
  6. 関屋記念2017 出走予定馬と展望
  7. 小倉記念 2017 予想
  8. レパードステークス 2017 予想
  9. 小倉記念2017 出走予定馬と展望
  10. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴も持た…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

福島牝馬ステークス2017 出走予定馬と展望

 
今週土曜福島メインレースは福島牝馬ステークス2017
 
 
福島牝馬ステークスは芝1800mで行われる牝馬限定重賞
来月行われるヴィクトリアマイルの前哨戦となる位置付けでありまして
1着馬にはそのヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられております
 
過去5年の勝ち馬の顔触れは
オールザットジャズ×2(連覇)、ケイアイエレガント、スイートサルサ、マコトブリジャール
全くもってヴィクトリアマイルに繋がってません(笑)
一応13年2着だったマイネイサベルが3着した程度でこの組はヴィクトリアマイルで苦戦傾向
 
このレース過去5年の1番人気馬の成績は【2.1.0.2】
そして2ケタ人気馬が昨年まで4年連続で馬券圏内に入っており波乱決着
昨年なんかは勝ったマコトブリジャールが15番人気で3着オツウが13番人気でした
 
主な出走予定馬はG1阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬ショウナンアデラ
他にはウキヨノカゼ、クインズミラーグロ、ウインファビラス、クロコスミア等が登録しております
 

出走予定馬と血統表

 

 
福島牝馬ステークス2017出走予定馬は19頭
 
ウエスタンレベッカ、ウインオリアート、ノットフォーマル、この3頭が除外対象になっております
 

レースの血統傾向

 
サンデー系種牡馬が決して優勢とは言えない傾向でして
非サンデー系種牡馬も含めてどの種牡馬でも割と均等にチャンスがありそうな感じ
その中でも好走率が高いのは過去5年で【2.0.1.5】のミスプロ系種牡馬
 
細かい血統を見ていくとロベルトグレイソヴリンダンチヒの血が相性良いですね
 
そして母方には欧州血統を持つ馬が圧倒的に馬券になっております
 
これらの事からも瞬発力よりは持続力といったところでしょうか
 
臨戦別では短縮の馬が期待値が高くで同距離臨戦はまずまず
逆に延長は奮わないという傾向が出ております
 
さらに2走以内に条件戦を使ってる馬が毎年のように馬券になってるのも特徴的
 

有力馬の考察

 
クインズミラーグロの父はマンハッタンカフェ
特徴として揉まれ弱いという一面があるマンハッタンカフェ産駒でありますが
この馬は近3走全て最内枠で好走とちょっとマンハッタンカフェのイメージと違った面も
馬体を増やしながら好走を続けてるので本格化ともとれますがそれでも疲労ストレスは心配
母父In Excessはグレイソヴリン系で欧州ナスルーラ
 
クロコスミアはステイゴールド産駒
産駒は09年2着したアルコセニョーラが居ますね
前走1600mの阪神牝馬ステークスからの臨戦なんで延長にはなりますが
1200m→1800mの未勝利で勝ってますし1800m→2000mだった秋華賞は6着も好内容
母母父Nashwanがレッドゴッド系なんで欧州ナスルーラ
 
フロンテアクイーンの父はメイショウサムソンで非サンデー系種牡馬のサドラーズウェルズ系
メイショウサムソンはアップ戦の重賞はかなり苦戦傾向にありますが
この馬は前走でG3(中山牝馬ステークス)を使ってるので同条件扱い
2走前に条件戦を使ってるので傾向的にもマッチしております
母母父ブレイヴエストローマンはネヴァーベンド系で欧州ナスルーラ
 

出走予定馬で気になる馬

 
ウインオリアート
ウインファビラス
エテルナミノル
クインズミラーグロ
クロコスミア
フロンテアクイーン
ロッカフラベイビー
 
この7頭の中で最も注目してるのがロッカフラベイビーで次点がエテルナミノル
 
ロッカフラベイビーはキングカメハメハ産駒なんでミスプロ系種牡馬
しかも母父ジャングルポケットがグレイソヴリン系で欧州ナスルーラ
出走予定馬で4頭しか居ない短縮臨戦の1頭になりますし(前走2000m)
前走が条件戦という事でこれも好走条件を満たすという事になります
 
エテルナミノルの父エンパイアメーカーもミスプロ系種牡馬
前走は2走前より延長臨戦でペースも2走前よりきつくなった中で差しから2番手の位置取り
これはさすがに厳しかった筈ですが5着と頑張った内容を素直に評価
母母父リアルシャダイがロベルト系
 
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 兵庫チャンピオンシップ2017 予想

  2. スプリングステークス2017 予想

  3. ブリーダーズゴールドカップ 2017 予想

  4. 宝塚記念2017 予想

  5. 京都新聞杯2017 予想

  6. 高松宮記念2017 予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る