menu
閉じる
  1. レパードステークス2015 ゴールデンバローズの買い材料と不安材料
  2. アイビスサマーダッシュ2015 血統から推せる斤量が軽い馬
  3. 京都大賞典2016 予想
  4. チャンピオンズカップ2016 予想
  5. 新潟2歳ステークス2015 血統データ|欧州ノーザンダンサーとナスルー…
  6. 函館記念2016 レッドレイヴンにとってネガティブなデータ
  7. エプソムカップ2016 予想
  8. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  9. エリザベス女王杯2015 ノーザンダンサーの血の重要度が高し
  10. 神戸新聞杯2015 父サンデー系なら母方にはこんな血を持つ馬がベスト
閉じる
閉じる
  1. 北九州記念2017 出走予定馬と展望
  2. ブリーダーズゴールドカップ 2017 予想
  3. サマーチャンピオン 2017 予想
  4. 札幌記念2017 出走予定馬と展望
  5. クラスターカップ 2017 予想 人気馬中心ですが3頭目に穴馬をチョイ…
  6. 関屋記念2017 出走予定馬と展望
  7. 小倉記念 2017 予想
  8. レパードステークス 2017 予想
  9. 小倉記念2017 出走予定馬と展望
  10. アイビスサマーダッシュ 2017 予想 本命はサンデーの血を一滴も持た…
閉じる

稀に的中?3代血統で重賞予想

福島牝馬ステークス2016 出走予定馬と展望

 
 
今週土曜福島メインは福島牝馬ステークス2016
 
21頭が出走予定になってる今年の福島牝馬ステークスですが
 
ダノンルージュ、ウインオリアート、ブランネージュ、マイネグレヴィル、リラヴァティ
この5頭が現時点で除外対象になっております
 

福島牝馬ステークス2016出走予定馬と血統表

福島牝馬ステークス2016出走予定馬
 

福島牝馬ステークスの血統傾向

昨年は父サンデー系のワンツーフィニッシュでしたが
決して父サンデー系が幅を利かせてる訳ではなく非父サンデー系種牡馬もよく走ってます
そんな父サンデー系で注目は過去4年で複数馬券対象馬を出したゼンノロブロイ
 
あとはグレイソヴリンの血が好相性でもあり
 
母方には欧州血統を持つ馬が好調でその中でもニジンスキーの血は注目に値しそう
 

福島牝馬ステークス2016有力馬の考察

シャルールはゼンノロブロイ産駒なんで向きそうな感じ
しかも母父Kaldounがグレイソヴリンで欧州血統
このレースは近走で条件戦を使ってる馬が近年では割と馬券に絡むケースが多いんですが
シャルールはまさに条件戦を3連勝中
 
アースライズはマンハッタンカフェ産駒
13年以降マンハッタンカフェ産駒の福島1800mは連対率12.5%複勝率16.7%
これが重賞だと【0.0.0.6】と全く奮いません
母父Cape Crossは欧州寄りのダンチヒ系なのが父のマイナス材料を補ってくれてはいます
 
ディープジュエリーはディープインパクト産駒
一昨年2着のキャトルフィーユがディープインパクト産駒で
産駒の福島牝馬ステークス成績は【0.1.0.1】
ディープ産駒は福島1800mの数字が非常に優秀(13年以降複勝率は45.2%)
ただ同馬の母方は米国型のパワー配合で近走のリズムも良くないのがどうか?
 

福島牝馬ステークス2016出走予定馬で気になる馬

ウインオリアート
カレンケカリーナ
シャルール
マイネグレヴィル
ミナレット
メイショウスザンナ
リラヴァティ
 
この7頭の中で最も注目してるのがカレンケカリーナで次点がシャルール 
 
カレンケカリーナの父はハーツクライで重賞での休み明けは特注条件
今回延長臨戦になりますがハーツクライは短縮臨戦より延長臨戦のほうが数字は高いです
そのハーツクライはグレイソヴリン内包種牡馬で母母父Lyphardは欧州ノーザンダンサー系
 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 皐月賞2016 マカヒキは母父フレンチデピュティが不安!?

  2. シルクロードステークス2016 ビッグアーサーに死角あり!?~サ…

  3. ローズステークス2016 予想

  4. アハルテケステークス2016 予想

  5. 阪急杯2016 予想

  6. 弥生賞2016 出走予定馬と先行予想

おすすめ記事

  1. ホープフルステークス2016 予想
  2. チャンピオンズカップ2016 予想
  3. チャンピオンズカップ2016 過去2年の結果から狙える血統
  4. ジャパンカップ2016 キタサンブラックが支配するレースでの注目血統
  5. 菊花賞2016 近年重要度を増してる血

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る